訪日外国人?今更、聞けない「インバウンド」の意味! – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER
登録者数5,000人超!
基礎からトレンド、最新イベントまで、お役立ち情報をゲットしたい方はメルマガに今すぐ登録!
海外マーケティング・訪日外国人集客の最新情報を配信中!

訪日外国人?今更、聞けない「インバウンド」の意味!

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

2020年のオリンピックを控え近年、訪日外国人数は年々増加しています。例えば日本全国の観光地を歩くと様々な国の言葉が飛び交うのを目にすることも多いのではないでしょうか。観光をはじめとした様々な業界で訪日外国人を対象にしたビジネスが盛んになっています。

そんな今の時代によく目にするキーワードが「インバウンド」です。

最近では「インバウンド」という言葉は当たり前のように使われます。
しかし言葉は知っていても改めて「インバウンド」の正しい意味を聞かれると

・言葉だけは知っているけど意味がよく分からない
・なんとなく意味は分かるけど少し自信がない・・・
・マーケティングの世界ではどんな意味なのだろう?

「インバウンド」の意味について疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、改めて時代のキーワード「インバウンド」の意味について

インバウンドの意味


インバウンドの意味を様々な視点から確認してみましょう。

インバウンドの辞書的な意味

インバウンドは英語で「inbound」です。
主に形容詞で使われ「入ってくる」「到着する」「帰航の」という意味です。例えば

「inbound passenger」 入国旅客
「inbound ship」帰航線
「inbound tourists」 外国からやってくる旅行者

このように使います。「外から中に入ってくる〜」というのが基本的な意味です。

「インバウンド」のマーケティングの文脈での意味

「インバウンド」は形容詞で「外から中に入ってくる〜」というのが基本的な意味です。
そして辞書的な意味から転じてマーケティングの世界や観光産業の世界で「インバウンド」というと主な意味は

「訪日観光客」

つまり「日本に訪れる外国人の観光客」という意味合いで使われることが一般的です。
インバウンドビジネスならば「外国人観光客を対象にしたビジネス」という意味になります。
インバウンドマーケティングならば「外国人観光客を対象にしたマーケティグ」という意味です。

インバウンドに注目する意味はあるのか

果たしてインバウンドに注目する意味はあるのでしょうか。ここではインバウンドに注目するべき理由を
ご紹介します。

訪日外国人の数は年々、伸びている

インバウンドという言葉には十分に注目すべき理由があります。インバウンドは日本では現在ほとんどの場合「訪日観光客」を意味します。では何故、最近「インバウンド」という言葉が定着してきたのでしょうか。
理由は訪日外国人の数が近年、急激に伸びてきて訪日外国人をターゲットにしたビジネスも一般的になった
からに他なりません。

訪日観光客の数は、2008年から2011年のリーマンショックや東日本大震災の影響が大きかったため、伸び悩んでいました。円高の影響も大きく日本観光は外国人にとって割安感もありませんでした。

しかし2012年以降から「訪日外国人」の観光客は年々、急激に増加しました。
2012年には800万人台だった訪日外国人数は2013年には1000万人を超え、2014年には1300万人を超え、
2015年には急激に伸びて1900万人台。

「45年ぶりにインバウンドがアウトバウンドを逆転した」ことが2015年には話題になりました。アウトバウンドとはインバウンドの反対の意味で「外国に出て行く日本人観光客」のことです。

2017年には「訪日外国人」は2800万人を超えました。

近年の「訪日外国人」の観光客数の伸びは特に急です。
絶対数も大きく観光で日本に来るため消費意欲も高いことが見込めるため多くの産業や企業が「訪日外国人」の
動向に注目しています。

インバウンド事情、つまり「訪日外国人」に注目するべき理由は十分にあります。

訪日外国人増加の理由


どうして訪日外国人観光客は増加したのでしょうか。

為替市場が円高から円安に転換

2008年から2011年にかけて為替市場は大幅に円高方向に進みました。しかし2012年以降は為替市場のトレンドが転換し円安に進み現在に至ります。円高だと外国人観光客にとって宿泊費も買い物も割高に感じてしまいます。しかし極端な円高から円安方向に為替市場のトレンドが転換したことで、訪日外国人にとって日本の観光が
割安になりました。一方で日本以外の他のアジア圏はインフレで物価が上がっており、相対的にアジアを中心とした訪日外国人にとって日本観光が割安で魅力的になっています。

アジア圏からのアクセスの良さ

訪日外国人の大きな割合を占めているのが中国をはじめとしたアジア圏の諸外国です。
日本はアジア圏からアクセスが良く、近年は安価な移動手段のLCCも数多く就航しています。
時間もお金もあまりかけずに日本に気軽に来れるようになったことも、訪日外国人の増加を後押し
しています。

ビザの緩和

日本も国としてインバウンドによる観光産業を後押しすべくビザの緩和を進めています。
例えば昔は中国人の日本観光ビザには制限があり年収25万元以上にしか発行されていませんでしたが、
年収6万元にまで条件を下げることで、中国人観光客の急増に繋がりました。
また中国だけでなく東南アジアのタイ、マレーシア、インドネシアなどを対象にノービザでの滞在を許可することでアジア全般からの観光客が増加。
日本の国策としてもインバウンドに力を入れていることが分かります。そしてビザ緩和は訪日外国人増加の後押しに繋がっています。

日本への関心

日本には歴史ある都市や文化、最先端の新しいものまで魅力的な観光コンテンツが数多くあります。
また質の高い日本製品も注目されています。アジア諸国では関税や輸送費などで割高に売られているものも
日本では安く買うこともできます。
サービスの質、モノの質も高く魅力的な観光地も多い日本には外国人観光客を引き寄せる魅力があります。

日本では、どんなインバウンドビジネスが展開されているのか

日本で展開されているインバウンドビジネスをまとめてみました。

観光業

宿泊業をはじめとした観光業では、訪日外国人観光客が施設の利用や観光地巡りをしやすいように多言語対応や
訪日外国人向けのマーケティング、さらには外国人が日本の文化を楽しめるアクティビティを用意するなどの取り組みが近年、活発です。
外国人観光客にフレンドリーなサービスを展開することで売上を伸ばすことに成功した宿泊施設や自治体もあります。

小売業

記憶に新しいところでは銀座での中国人の爆買いが話題でした。最近は落ち着いてきましたが、小売業にとっても外国人観光客の需要は無視できません。日本人だけでなく外国人をターゲットにするため、外国人が利用しやすい決済サービスを導入する等の取り組みが見られます。インバウンド需要を取り込もうと動いているのは、
観光産業だけではありません。

IT・情報産業

訪日外国人に向けての情報発信や利用しやすいアプリやWEBサービスの分野も伸びています。どれだけ素晴らしい内容のサービスも、モノも情報が伝わらなければ訪日外国人には届きません。例えば中国人がよく利用する
アプリに現地の言葉で情報発信するなどITの分野でもインバウンドを意識した取り組みが増えています。

インバウンドビジネスには大きな可能性がある


訪日外国人の数は年々、増加しており日本国内では無視できないほど大きな市場を形成しています。
だからこそ「インバウンド」という言葉が近年、定着してきているのではないでしょうか。
多くの産業や企業にとって訪日外国人の需要は大きなビジネスチャンスの可能性を秘めています。
インバウンドの言葉の意味だけではなく、インバウンドのマーケティングに取り組む意味も改めて見直してみてはいかがでしょうか。訪日外国人つまり「インバウンド」の市場は大きく大きな可能性を秘めています。
効果的なインバウンドに対するマーケティングを展開することで世界各国の人々に、モノやサービスを届けられるのです。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!