インバウンド客に人気の沖縄!観光客の集客方法を解説します – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

インバウンド客に人気の沖縄!観光客の集客方法を解説します

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

アジア諸国に近い沖縄は韓国や中国、台湾、東南アジア諸国をはじめ多くの外国人観光客が訪れます。近年沖縄への外国人観光客数が増加し続けています。2009年から2017年の間で、外国人観光客が21万人から301人と実に14倍に増えました。

 

沖縄を訪れる外国人観光客の多くは沖縄の自然やアクティビティー、ショッピングを期待しています。アジアからの観光客からすると空路でも海路でも生きやすいリゾート地の代表地です。

 

インバウンド客に人気急上昇中の沖縄。一方でこんな悩みもあるのでは?

「沖縄で事業を展開しているけどインバウンド客の取り込みがうまくいかない…」

「新しいお店を沖縄で開きたいが、どうしたら外国人が訪れるかわからない!」

 

なぜインバウンド客が沖縄に魅力を感じているのか、逆に沖縄観光で困っていることは何なのか。成功事例を交えながらインバウンド客の集客方法をご紹介します!

 

沖縄インバウンドに関するデータ

 

 

クレジットカード運営会社Mastercardが発表した「2018年世界渡航先ランキング」のうち、宿泊を伴う外国人渡航者数と外国人渡航者全体の消費額について2009年から2017年の年間成長率で沖縄が世界トップになりました。

沖縄を訪れた外国人観光客の数は2009年から2017年の間で21万人から301万人となり約14倍となりました。

沖縄への外国人観光客の増加はビジネスチャンスにつながります。実際に観光客の増加は消費額の増加にも繋がっています。

外国人渡航者数が増えたことで、沖縄を訪れた外国人渡航者の消費額も大きく増えています。

2009年から2017年の間に8千万ドルから17憶4000万ドル程度にまで増え、同期間の根平均成長率は47%になりました。

2009年から2017年までに増えた沖縄での消費額がかなり大きいことがわかります。

沖縄への訪日外国人客は中国・韓国・台湾・香港で約9割を占めます。これらの国からの外国人観光客をどれだけ取り込めるのかが沖縄でのインバウンド集客にとって重要になります。

 

参考:2018年世界渡航先ランキング2017 International Tourism Results訪日外国人消費動向調査

 

沖縄にくるインバウンド客が求めていること

 

 

沖縄が観光地として人気の理由は中国や韓国などアジア職港からのアクセスの良さ。インバウンド客が求めているのは沖縄のきれいな海や自然、ショッピングです。

宮古島のビーチや石垣島など、離島には日本だけでなく海外から多くの人が訪れます。国際通りなどでショッピングを目的に渡航する観光客も多いです。

詳しく見ていきましょう。

 

きれいな海と自然

 

ビーチや島など沖縄の海は外国人に人気です。沖縄のきれいな自然は他の観光地にはない大きな魅力です。

クルーズ船も石垣島や宮古島に寄港して賑わっています。

沖縄の海の綺麗さは世界でもトップクラスです。白い砂浜ときれいな海の中でバカンスを過ごしたい外国人観光客は少なくありません。

そんなきれいな海の中でのマリンスポーツやアクティビティも人気です。ダイビングやシュノーケリング、カヌー体験なども人気のアクティビティです。

東洋随一といわれる与那覇前浜ビーチ(宮古島)や座間味島、古宇利大橋(今帰仁村)など、自然を感じられる観光地が訪日外国人にからの人気を集めています。

 

ショッピング

 

沖縄県が平成29年に実施した「外国人観光客実態調査」では沖縄にクルーズ訪れた外国人の9割はショッピングを目的とした観光客でした。

クルーズ船を利用した外国人旅行者は、バスツアーで免税店を回ってショッピングするスタイルの人が多いです。

滞在時間にも限りがあり自由時間の多くを買い物にあてる人も多いようです。

沖縄の国際通りでは約1.6kmの間に飲食店や土産屋、免税店などが立ち並びます。那覇空港から15分ほどで行けるアクセスの良さです。

沖縄の銘菓であるちんすこうやサーターアンダギー、泡盛などのお土産が人気です。

沖縄を訪れる外国人観光客の中にはショッピングを目的にする人も多いです。

 

参考:平成29年度外国人観光客実態調査

 

【おすすめ記事】

福岡で人気のインバウンド観光地は?外国人集客の成功事例を紹介

外国人観光客に人気都市は沖縄・京都・大阪!【世界インバウンド伸び率ランキング独占】

 

沖縄に来るインバウンド客を集客する方法

 

 

沖縄に来るインバウンド客の集客のために必要なことは、クレジットカード・モバイル決済の導入、インターネット環境の整備、多言語化の対応、SNSなどの活用です。

世界からの旅行者を受け入れるためには言語の面で外国人の不便さを取り除く必要があります。

世界的なキャッシュレス化に対応することで外国人観光客の消費拡大も期待できます。

旅行者がインターネットやSNSで情報を収集する中でインターネット環境の整備は必要ですしSNSの運用は観光客の取り込みにつながります。

 

クレジットカード・モバイル決済の導入

 

中国をはじめ、海外ではクレジットカードの使用が日本よりも浸透しています。外国では、大きな買い物や飲食にかかわらずちょっとした支払いでもクレジットカードを使うことが習慣となっている国も少なくありません。

こうした訪日外国人観光客に対して、まずはクレジットカードで飲食や買い物を支払える環境を整えることが必要です。

欧米人にはマスターカードやアメリカンエクスプレス、VISAなどの支払いに対応できると良いでしょう。

中国では銀聯カードというクレジットカードが主流です。

さらに、特に中国ではモバイル決済が主流になりつつあります。

WechatPayなどのスマートフォンアプリでの決算に対応できると外国人観光客も不便を感じずに沖縄旅行を楽しめます。

沖縄のインバウンド客を集客するためにクレジットカード決済やモバイル決済などキャッシュレスへの対応がおすすめです。

 

Wi-Fiなどのインターネット環境の整備

 

日本政府観光局の調査によると、外国人観光客の90%以上は日本滞在中にインターネットやSNSで情報を収集しています。

インバウンド集客で大事なことは、沖縄での観光中に外国人観光客が快適にインターネット環境を使えることです。

日本は海外に比べて無料Wi-Fiの整備が進んでいません。

訪日外国人が無料Wi-Fiを使用するのは、彼らが旅行中にスマホで情報を集めるためです。

近年SNSの発達によってInstagramやTwitterなどをもとに観光スポットを調べる外国人観光客が増えています。

旅行中に何か調べたいことがある場合、無料Wi-Fiがあると便利です。

観光庁が行った平成26年度の調査では訪日外国人が困ったこととして「無料公衆無線LAN環境」が46.6%で最も高かったです。空港やホテルだけでなく、駅構内や商業施設でのWi-Fiの整備が期待されます。

 

参考:「訪日外国人旅行者の国内における受け入れ環境整備に関するアンケート

 

多言語化の対応

 

観光地において、英語や中国語をはじめとした多言語の対応は欠かせません。

具体的には、メニューや施設内案内表示の外国語表記、多言語パンフレットの作成、公式ホームページの多言語化、従業員の語学スキル向上などが必要です。

オンライン上の多言語対応としては、インターネットで外国語に対応したホームページを開設し情報を発信することがおすすめです。

観光地の公式ホームページを多言語化することで様々な国の外国人が情報を得やすくなります。

インターネットでスムーズに情報を収集できると観光客にもストレスを与えません。

 

SNSや旅行情報サイトの利用

 

InstagramやTwitter、FacebookなどといったSNSの活用もインバウンド集客に役立ちます。

外国人観光客は旅行先の情報を集める際にインターネット上での検索やブログ、SNSなどを参考にします。

こうしたSNSは無料で開設でき、投稿をきっかけに観光地の人気に火が付くことがあります。

沖縄のインバウンド集客にはInstagramがおすすめです。

外国人観光客にとって沖縄のきれいな海や離島の風景は魅力的に映ります。

写真や動画の投稿がメインのInstagramを使うことで沖縄の風景の美しさが伝わるでしょう。

旅行ポータブルサイト「トリップアドバイザー」に登録することもおすすめです。

トリップアドバイザーは約3.5億人が利用する旅行者コミュニティーサイトです。

こうしたサイトに登録することで世界中の旅行者に情報を発信することができます。

 

【おすすめ記事】

インバウンドリサーチとは?訪日外国人増加をビジネスチャンスに! 

 

【分野別】訪日外国人向けサービスまとめ!訪日外国人が困ったこと順で紹介 

インバウンドゴールデンルートとは?今後注目の新インバウンドルートもご紹介!

 

沖縄インバウンドの成功事例

 

 

沖縄インバウンドの成功事例をご紹介します。

外国人観光客向けに作られたPR動画の成功事例と美ら海水族館の外国人観光客に対する取り組みをご紹介します。

沖縄が外国人観光客から人気を得たのは沖縄の自然やアクティビティーの魅力だけではありません。

沖縄の魅力を外国人に伝える動画や、沖縄を訪れた外国人が快適に過ごせるように多言語化を進める必要があります。

具体的な成功事例を見てみましょう。

 

動画マーケティング:沖縄PR動画の成功

 

沖縄県は2021年までに200万人以上の外国人観光客の取り込みを目指しており、沖縄の魅力の発信する目的で「Be.Okinawa」というブランドを展開しています。

世界各国の人々によるドキュメンタリー動画を撮り6つの心温まる動画を公開しています。

「沖縄には自然と自分らしくなれる、沖縄マジックがある」をコンセプトとしてリラックスできる沖縄で過ごすして世界各国からの旅行者が素直になれる様子をリアルに描いています。

首里城や美ら海水族館など本島の観光地、石垣島や竹富島など離島の大自然を感じられる映像になっています。

キャンペーンから約3か月で150万回以上再生されており、多くの人に沖縄の魅力を伝えています。

この動画の施策が展開されてから沖縄への海外旅行客が前年比164%に増えています。

 

多言語対応:美ら海水族館「外国人に人気の観光スポットランキング」18位にランクイン

 

 

美ら海水族館がインバウンド客から人気を集めているのは外国人が水族館を楽しめるように工夫したからです。

美ら海水族館は「沖縄の海との出会い」をテーマにした自然な展示が人気を集めている水族館です。

ジンベイザメの展示が有名で、その他にもマンタやエイ、サンゴ礁なども見どころです。

そんな美ら海水族館が外国人に人気な理由は4か国語対応の公式サイト」「スタッフ全員参加の英会話勉強会」「無料アプリで自国の言葉で音声ガイドなど外国人を受け入れる体制が整っていいるためです。

美ら海水族館の公式サイトは日本語、英語、韓国語、中国語の4か国に対応しています。

公式サイトの多言語化によって外国人観光客の情報収集がスムーズになります。

例えば、外国の観光地の公式サイトに日本語で詳しい説明が乗っていたらより興味がわきますよね。

興味を持った外国人観光客の離脱を防ぐためにも多言語の対応はおすすめです。

さらに英語を使えるスタッフを増やしたりアプリを使ったガイドなどがあるため外国人観光客がスムーズに観光できます。

こうした取り組みにより美ら海水族館は外国人に人気の観光地になっているのです。

 

トリップアドバイザーの口コミでは、ジンベイザメの大きさや展示のスケールの大きさに対して評価が高いです。

一日中楽しめたという声や展示が多言語でわかりやすかったという声も見受けられます。

 

【おすすめ記事】

外国人向けビジネスの魅力とは?成功事例と取り組み方も解説します      

外国人観光客増加の波に乗る!インバウンド集客に効果的な手法とは? 

 

まとめ

 

今回の記事では沖縄のインバウンドの実態についてご紹介しました。

沖縄はアジア圏からのアクセスも良く多くの外国人観光客が沖縄を訪れます。

沖縄を訪れる外国人観光客が求めているモノは沖縄の自然、ショッピング、文化などの体験です。

こうしたものを提供できればビジネスチャンスなります。

観光客が快適に過ごせるようにインターネット環境の整備やクレジット・モバイル決済、多言語対応などの施策は必須です。

インバウンドへの施策を成功させるためには訪日外国人のニーズを理解する理科汁必要があります。

弊社LIFEPEPPERではインバウンドや海外マーケティングについて年間600社以上の相談実績があります。

インバウンドの集客でお困りの方はぜひご相談ください。

 


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ