【インタビュー記事】~韓国マーケティング~スペシャリストに聞くインバウンド成功の秘訣 NAVERブログ・リスティング広告・カフェ施策 – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER
登録者数5,000人超!
基礎からトレンド、最新イベントまで、お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスorLINE@を今すぐ登録!
海外マーケティング・訪日外国人集客の最新情報を配信中!

【インタビュー記事】~韓国マーケティング~スペシャリストに聞くインバウンド成功の秘訣 NAVERブログ・リスティング広告・カフェ施策

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

こんにちは!LIFEPEPPERの高柳です。

今回は弊社の韓国マーケティングのスペシャリスト厚海洋介に韓国マーケティングについてインタビューを行いました!

韓国でプロモーションを成功させるにはどうしたらいいのか。まだ日本ではあまり知られていない弊社の韓国マーケティング施策。認知の広め方や口コミの集め方など。今回のインタビューでお話しいただいた韓国マーケティングの秘訣を記事にしました。

韓国マーケティング成功の秘訣とは?

高柳:よろしくお願いします。

厚海:よろしくお願いします。

高柳:韓国には日本との文化・言語の壁があり日本と同じようにはいかないと思います。そこで厚海さんが考える韓国マーケティングの成功の秘訣は何でしょうか?

厚海:一言でいえば「ニーズ→認知→指名検索→コンバージョン」の流れをより丁寧に作ることですね。もちろんこれは韓国に限ったことではないんですが。韓国マーケティングにおいてこの意識はより重要になっています。

ブログを使って認知獲得!!

高柳:確かに「ニーズ→認知→指名検索→コンバージョン」の流れは国内のマーケティングでも大切なことですね。

厚海:はい、まず前提として「韓国人は日本の商品名や企業名のことは全く知らない」んですね。なのでニーズを持った消費者に自社商品を「認知」部分に特に注力します。

高柳:なるほど。では、より多くの韓国人に「認知」してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

厚海:はい、韓国での認知獲得に有効なのが「パワーブロガーの活用」です。

高柳:「パワーブロガー」とは?

厚海:韓国で大きな影響力を持つブロガーさんのことです。

これからわかるように韓国には気になった商品があった時は、ブログを見て意思決定を行う文化が根付いています。そこでLIFEPEPPERでは有名なブロガーさんに商品や施設の記事の執筆を依頼し、ブログを通してのプロモーションを行います。

例えば大阪駅の近くにある「難波ホテル」というホテルをプロモーションするとしましょう。まず最初に大阪観光を考えてる韓国人は「大阪 ホテル」と検索しますね。そこで難波ホテルについてのブログ記事が検索上位にあり、読んでもらうことができればターゲットに難波ホテルを認知させ、さらにいい印象を与えることができます。

こうして顧客の認知を獲得と好感度を上昇させて次の段階である「指名検索」、つまり企業名や商品名の直接検索に繋げることができます。

高柳:今回の例で言うと検索ワードが「大阪 ホテル」から「難波ホテル」になり、自社のウェブサイトに誘導できるという事ですね!

厚海:はい。特に弊社では普段からブロガーさんと頻繁に連絡を取り合うことでいい関係を築いていますので、ブロガーさんにより目的に即した記事作成を依頼することもできます。

コンバージョンに繋げるためには?

厚海:ブログによって指名検索数が増えた後は、それらを確実に予約や購入といったコンバージョンに繋げる必要があります。そのため行うのが「リスティング広告」「カフェ」を使った施策です。

韓国独自のリスティング広告

高柳:韓国のリスティング広告には日本と比べてどのような特徴があるのでしょうか?

厚海:特徴を説明するためにはまず、日本と韓国で使われている検索エンジンの違いを知る必要があります。日本ではGoogleとYahoo!が検索エンジンのツートップ何ですが、韓国ではNABERという独自の検索エンジンの一強で全体の70~80%ほどシェア率を誇っています。

韓国ではGoogleでも10%程度しか使われていないことを考えるとNAVERがいかに強力かわかります。逆に言えばこのNAVERに広告を出せば大多数の韓国人にアプローチが可能になります。

高柳:なるほど。まさに一強状態ですね。ではNAVERの特徴について教えてください。

厚海:GoogleやYahoo!に比べて特徴的なのはやはり検索ワードの「完全一致」方式です。例えばGoogleやYahoo!で「大阪 ホテル」と検索した場合「大阪 観光」「大阪 旅行」などの関連したキーワードの広告も一緒に表示されますよね?

しかしNAVERでは「大阪 ホテル」と検索したらキーワードが完全に一致した広告しか表示されません。スペースや言葉の順番の違いすらも許されないというシビアな仕組みなんです。だからこそ自社のサービスを探す韓国人がどんな言葉で検索するのかを正確に、網羅的に予測して広告を出す必要があります。

高柳:そうなると関連する検索ワードの数だけ広告を出すので費用が高くなってしまいませんか。

厚海:広告の入札単価が平均約7円(1クリックあたり)と低く設定されているため、そこまで高くはなりません。とはいえ費用対効果を高めるためにも、韓国人の検索習慣を理解してある程度検索ワード絞る必要がありますね。

検索ワードの設定や韓国用のクリエイティブの作製に関しては韓国人の検索習慣を熟知し、韓国人スタッフもいるLIFEPEPPERがお力になれます。困ったときは是非ご相談ください!

韓国独特の文化「カフェ」とは?

高柳:次は先ほどお話に出てきた「カフェ」について聞いていきたいと思います。日本では聞きなれない言葉ですが、そもそも「カフェ」とは何なのでしょう。

厚海:特定のジャンルに興味を持つ人が集まる韓国特有のコミュニティサイトです。

高柳:コミュニティサイトといえば日本は少し前にMixiが流行りましたが・・・

厚海:イメージはそれに近いですね。様々なジャンルごとに膨大な数のカフェが存在しています。今回はその中でも韓国マーケティングに有用な二つのカフェを紹介します。

「ドンユウモウ」と「ネイルドン」です。

高柳:それぞれどのような人たちのコミュニティなのでしょうか。

厚海:まず「ドンユウモウ」は韓国から日本への留学生のコミュニティです。

会員のほとんどが留学生かワーキングホリデーの人たちで、特に東京に関する情報が一番豊富カフェになっています。

高柳:東京には大学が多いですからね。

厚海:一方「ネイルドン」は日本への旅行者や日本に興味を持っている人達のコミュニティです。日本に関するカフェの中では最大の100万人以上の登録者を持ち、日本全国の情報を発信しています。

高柳:どちらも日本好き韓国人のコミュニティなんですね。これらをマーケティングにどのように活用するんでしょうか?

カフェを使ったバナー広告

厚海:バナー広告口コミの収集の二つに利用します。

高柳:バナー広告は日本でも主流なインバウンド施策ですね!

厚海:はい、ただこちらも日本と仕組みが少し異なっています。私たちが目にするバナー広告は同じページでも表示されるバナー広告が代わりますよね?ところがカフェでは、広告を掲載する「期間」と「場所」を設定して掲載します。設定した期間中は何度そのページに行っても同じ場所にその広告が表示されるんです。

高柳:ネット上の看板広告みたいなイメージですね

厚海:まさにそうです。期間中は広告が常に表示されるので、その間にサイトに訪れた人全員に広告を届けることができ、かなりのリーチ、インプレッション、クリック数が見込めます。

高柳:サイト自体が日本に興味を持つ人向けなので、高い効果が期待できそうですね!!しかしこれだけの規模のサイトで広告を出すとなるとかなり費用が高くなりませんか?

厚海:ところがそうでもないんです。ページの最上部に掲載する一番大きいサイズの広告でも月40万円程度。ドンユウモウの訪問者数は月に約150万人、ネイルドンではなんと約510万人にもなり、その全員にアプローチできます。

さらにユーザーは皆、日本に関して何かしらの情報を探しに来ている人たちであるため、ターゲティングという点でも日本の商品、施設に関する広告は効果が高くなります。今回あげた2つのカフェ以外にも化粧品ジャンルや日用品ジャンル、スポーツなど多種多様なカフェがあるので、商品の種類によって出稿するカフェを変えてさらにターゲットを絞ることも可能です。

これらの点を考慮すればむしろリーズナブルで、うまく運用すれば十分に費用を超える効果を生み出すことができます。

高柳:なるほど、でもこれだけ効果的な方法だと競合他社も多くいませんか?

厚海:競合がいないわけではありませんが、そう多くはないんです。

というのも日本ではまだカフェというサイト自体が有名ではないんですね。なのでカフェにバナー広告を出稿している日本の企業さんはまだまだ少ないんです。

逆に言えばカフェ広告を出稿すること自体が他社に対してかなりのアドバンテージになると言って過言ではないでしょう。こうした韓国ならではの施策とノウハウを提供できるのも弊社の強みですね。

カフェを使った口コミ収集

高柳:次はカフェを使った口コミの収集について教えてください。

厚海:はい、まず口コミを集めることの重要性から説明します。韓国人は購買の意思決定の際に第三者からの評価を重要視する傾向にあります。そのため商品のことを認知したら、購買する前にその商品の評判についてサーチします。その時に、消費者からの信頼を得て、購買に確実につなげるための重要な施策が先ほど述べた「ブログ」と「口コミ」なのです。

高柳:なるほど、ブロガー一人だけでなく、口コミで多くの使用者の意見を知れれば商品への好感度はさらに上昇しますね。

厚海:はい、カフェにスレッドを立てて実際の利用者の口コミを集めることができます。

商品に興味を持った人がカフェの検索機能で商品名を検索したときに商品を高評価する口コミが見つかれば購買意欲を高めることができます。

高柳:しかし認知度の低い商品だと口コミが集まらない可能性もありませんか?

厚海:口コミが自然に集まらない場合でも大丈夫です。

弊社のプロモーションの施策としてカフェのユーザーに呼びかけ商品を提供する代わりに口コミを投稿してもうサービスがあります。

高柳:なるほど、もともとの認知度に関わらずこちらから口コミを集めるんですね。

LIFEPEPPERが持つ韓国マーケティングの強みとは?

高柳:最後の質問です。

厚海さんが考える韓国マーケティングにおけるLIFEPEPPER独自の強みを教えてください!

厚海:はい、大きく二つありますね。

まずは何と言っても韓国マーケティングにおいてこれまで積み上げてきた実績ノウハウです。この点に関しては弊社は絶対の自信を持っていて、韓国マーケティングで弊社に並ぶ企業は日本でも多くないと自負しています。

例えばブログ記事を使ったプロモーション一つをとっても、結果の良かった記事と悪かった記事を比較し、何がその違いにつながっているのかを明確にすることで、ブロガーさんにより質の高い記事を書いていただけるように日々研究しています。

これまで積み上げてきた韓国プロモーションの経験から「これまでこういう企業さんがこういう施策でプロモーションを成功しています」という具体的なアドバイスをできることは弊社の大きな強みだと考えています。

もう一つは目的に合わせて多様な施策を打てることです。

先ほど紹介したブログやカフェだけでなく、弊社では韓国のウェブメディアなどの媒体を利用した多様なプロモーションサービスを提供しています。マスに向かってアプローチして認知を広める施策から、ターゲットを絞り込んでコンバージョンを刈り取る施策までを弊社で一貫して行うことができます。

これによって「認知→指名検索→コンバージョン」の流れをよりスムーズに作ることができるので、それぞれの施策で相乗効果が生まれ、より良い成果に繋げられます。

マーケティングの段階だけでなく、プロモーションする商品、顧客のターゲット層に応じて最適な施策をご提案し、実行することができます。

高柳:以上でインタビューは終了です。ありがとうございました。

 

まとめ

今回のインタビューで韓国マーケティングの秘訣について深いお話を聞くことができました。

この記事のポイント

・「ニーズ→認知→指名検索→コンバージョン」の流れの中で特に「認知」の獲得が重要。

・認知獲得には「パワーブロガー」によるブログの活用が有効

・NAVERのリスティング広告はキーワードの「完全一致」

「カフェ」でバナー広告と口コミ収集

 

LIFEPEPPERは積み上げたノウハウと多様な施策で貴社の韓国マーケティングをサポートします。

韓国でのプロモーションにお困りの際は是非LIFEPEPPERにご相談ください!

 


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
LIFE PEPPERをもっと知る
まずは無料相談 >