News&Blog

コミュニティマーケティングとは?概要や効果、手法、成功のためのポイントを解説

目次

「コミュニティマーケティングって何だろう?」「具体的にはどのような効果があるのか知りたい」という方に向けて、今回は、コミュニティマーケティングの概要から具体的な手法、実際の具体例などを紹介します。

コミュニティマーケティングを活用することは、現代のビジネスに欠かせない顧客との信頼関係の構築に効果的です。それでは、さっそく内容を見ていきましょう。

コミュニティマーケティングのさらに具体的な事例や詳細な戦略を知りたい方は、『会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セット』をダウンロードしてご覧ください。

コミュニティマーケティングとは?

コミュニティマーケティングとは、企業やブランドが顧客との関係を構築し、共有の利益を生み出すための戦略的な手法です。伝統的な広告や宣伝手法に頼らず、顧客との対話と参加を重視し、コミュニティを形成することに焦点を当てています。

コミュニティマーケティングでは、オンラインやオフラインのプラットフォームを活用して、顧客間や顧客と企業の間でのコミュニケーションを促進します。顧客は特定の興味や価値観を共有する人々と繋がり、情報や経験を共有することで、ブランドに対する忠誠心を高められるでしょう。

顧客はブランドに対して直接的なフィードバックやアイデアを提供し、製品やサービスの改善に関与できます。また、コミュニティ内での口コミや共有の情報は、信頼性が高く、広告よりも効果的です。

コミュニティマーケティングの成功の鍵は、顧客との関係構築にあります。企業は顧客のニーズや要望を理解し、コミュニティ内での活動やコンテンツを通じて、顧客とのつながりを強化することが大切です。

コミュニティマーケティングを実施するメリット

コミュニティマーケティングを実施するメリットとして、次の4点が挙げられます。

  • 顧客の愛着度が高まる
  • 収入アップが期待できる
  • 顧客の貴重な声を聴くことができる
  • サポート対応が充実している

それぞれの項目について、解説します。

顧客の愛着度が高まる

コミュニティマーケティングにおけるメリットの一つは、顧客の愛着度の向上です。

コミュニティを形成し、顧客が参加して相互に関わり合うことで、顧客はブランドや企業に対して強い絆を感じるようになります。この愛着度の高まりは、顧客の忠誠心やブランドへの信頼を強化し、長期的な関係を築く基盤となります。

顧客がコミュニティ内で特別な体験や情報を得ることで、彼らは特別な存在として認識され、独自の付加価値を感じてもらえるでしょう。これにより、顧客はブランドに対してより強い愛着や忠誠心を抱くようになり、リピート購買や口コミの発信を行う可能性が高まります。

収益アップが期待できる

コミュニティマーケティングは、収入アップが期待できることもメリットといえます。

顧客はコミュニティ内での交流や情報共有を通じて、ブランドや企業に対する信頼を深めるため、より頻繁な購買行動が期待できます。また、顧客がコミュニティ内での特典や限定情報を受け取ることで、購買金額や購買回数が増加する可能性も高まるでしょう。

さらに、コミュニティ内での口コミや推奨によって新たな顧客が獲得されることもあり、これらの要素が組み合わさることで、収入の増加が期待されます。コミュニティマーケティングは、顧客の関与を高め、購買意欲を刺激する手法として有効です。

顧客の貴重な声を聴くことができる

顧客の貴重な声を聴くことができるのも、コミュニティマーケティングのメリットです。

コミュニティを形成することで、顧客は直接的に意見やフィードバックを提供する機会を得ます。顧客の声を聴くことで、ブランドや製品の改善点や問題点を把握し、それに応じた改善策の実行が可能です。顧客のニーズや要望に対応することで、顧客満足度を高め、競争力を強化できるでしょう。

また、顧客がコミュニティ内での経験や情報を共有すると、他の顧客の意見や知見も得ることができます。これにより、市場動向やトレンドに対する洞察を得て、戦略立案やマーケティング活動に活かすことができます。

サポート対応が充実している

コミュニティマーケティングにおけるメリットには、サポート対応の充実も挙げられます。

コミュニティを形成することで、顧客は質問や問題をコミュニティ内で投稿し、他のメンバーや企業のサポート担当者からフィードバックや解決策を得ることができます。このような充実したサポート対応により、顧客の問題解決や疑問の解消に迅速に対応可能です。また、これにより顧客はサポート体制が充実していると感じ、安心感を得ることができます。

さらに、他のコミュニティメンバーからの助言や経験談も受けられるため、より多角的な視点でのサポートを受けることができます。このようなサポートの充実は、顧客満足度の向上につながり、顧客の忠誠心やブランドへの信頼獲得につながるでしょう。

そのほか、顧客同士の相互支援や情報共有が行われることで、顧客コミュニティの結束力が高まり、より強固な関係が築かれることもあります。

コミュニティマーケティングが注目されている背景

コミュニティマーケティングが注目されるのには、次のような背景があります。

  • 顧客の問題解決の効率が良いから
  • マスマーケティングが今の時代に合わなくなってきているから
  • SNSの発達で情報拡散力が拡大したから
  • サブスクリプションサービスが普及し始めたから

それぞれについて、内容を見ていきましょう。

顧客の問題解決の効率が良いから

顧客がコミュニティに参加することで、他のメンバーや企業のサポートを受け、顧客の問題解決の効率を高められる効果があります。

顧客は質問や問題をコミュニティ内で共有し、多くの人々からのフィードバックや解決策を得ることができます。これにより、問題解決までの時間が短縮され、迅速かつ効率的なサポートが実現可能です。

また、コミュニティ内での情報共有やベストプラクティスの共有も行われるため、顧客は他の人々の経験を活かした解決策を得ることができます。

マスマーケティングが今の時代に合わなくなってきているから

マスマーケティングが今の時代に合わなくなってきていることも、コミュニティマーケティングが注目されている背景として挙げられます。

従来のマスマーケティングでは、大衆に向けて一方的にメッセージを発信していました。しかし、現代の消費者はより個別化されたエクスペリエンスを求めているため、個々の消費者は異なるニーズや関心を持ち、個人的な体験や情報に基づいて意思決定を行います。

そこで、コミュニティマーケティングでは顧客を特定のコミュニティに結びつけ、彼らの特定のニーズや関心に対して対応可能です。コミュニティ内での参加や対話を通じて、より深い関係を構築し、よりターゲットに合ったコンテンツや提案を提供できるでしょう。

これにより、消費者はより個人的な体験を得られるため、ブランドとの絆を強めることにつながります。

SNSの発達で情報拡散力が拡大したから

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及により、個人や企業は瞬時に情報を共有し、大勢の人々にリーチすることが可能になりました。これにより、コミュニティを形成している顧客やファンが自らの意見や体験をSNS上で発信し、その情報を広げることができます。

これまで口コミや紹介が限られた範囲で行われていたものが、SNSの普及によってより大きな規模で行われるようになったため、コミュニティマーケティングの重要性が高まっているのです。

サブスクリプションサービスが普及し始めたから

近年、サブスクリプションサービスが急速に広まり、様々な業界で利用されています。これにより、企業は顧客との継続的な関係を構築し、長期的な収益を確保できるようになりました。

コミュニティマーケティングでは、サブスクリプションモデルを活用して、顧客を継続的に関与させることが重要です。顧客はサブスクリプションサービスに参加することで、特典や限定コンテンツ、優先アクセスなどの特典を享受し、彼らのブランドやコミュニティに対する忠誠心の向上が期待できます。

コミュニティによる企業へのメリット

コミュニティが形成されることにより、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 新しいアイデアの創出
  • 人件費などのコスト削減
  • 新規顧客の獲得

上記の項目について、解説します。

新しいアイデアの創出

コミュニティによる企業へのメリットの一つ目は、「新しいアイデアの創出」です。

顧客同士がコミュニティ内でつながり、情報や意見を共有することで、新たなアイデアや発見が生まれます。顧客は自身の経験や知識を提供し、他のメンバーとのコラボレーションを通じてアイデアを洗練させられるでしょう。

また、コミュニティはブランドと直接対話する場でもあり、顧客のニーズや要望をリアルタイムで把握できるため、顧客からのフィードバックやアイデアは、新商品やサービスの開発に活かせます。

さらに、コミュニティ内での議論やディスカッションは創造性を刺激し、ブレーンストーミングの場となります。

人件費などのコスト削減

コミュニティによる企業へのメリットの二つ目は、「人件費などのコスト削減」です。

コミュニティが形成されると、顧客同士が情報やサポートを共有し、問題解決に役立つことがあります。これにより、企業のサポートやカスタマーサービスの負担が軽減され、人件費を削減可能です。顧客同士の相互支援や知識共有によって、問い合わせやトラブル対応にかかる時間や手間が減少し、効率的な業務運営が行えるでしょう。

また、コミュニティ内での活発な議論やフィードバックは、企業が市場ニーズやトレンドを把握するための貴重な情報源となります。

新規顧客の獲得

コミュニティによる企業へのメリットの三つ目は、「新規顧客の獲得」です。

コミュニティの交流の中で、既存の顧客が自身の体験や満足度を共有し、口コミや推薦を行うことがあります。このような口コミ効果によって、新規顧客が興味を持ち、企業に関心を抱くきっかけを作れるでしょう。

また、コミュニティ内では、参加者同士が情報や知識を共有し、質問や相談に応えることもあります。これにより、コミュニティに参加している顧客は、信頼性の高い情報やアドバイスを得ることができます。その結果、新規顧客はコミュニティの活発な交流や有益な情報を通じて企業への関心を深め、商品やサービスを利用したいと考えるようになるでしょう。

コミュニティマーケティングによる顧客へのメリット

コミュニティマーケティングを通じたメリットは、顧客側にも存在します。

まず、顧客はコミュニティに参加することで、企業との直接的な接点を持つことができます。これにより、顧客は商品やサービスに関わる機会を増やせるため、既に商品のファンである顧客にとって大きなメリットとなります。

また、コミュニティ内では知識豊富な他の顧客とのつながりが生まれるため、新たな人間関係を築くことも可能です。他のメンバーとの情報交換や意見共有によって、顧客は新たな視点やアイデアを得ることができます。

コミュニティマーケティングのデメリットや注意点は?

ここでは、コミュニティマーケティングのデメリットや注意点について、3つのポイントを解説します。マーケティングの成功に向けて、確認しておきましょう。

リファラルでの顧客獲得が難しい

コミュニティマーケティングにはデメリットも存在し、その一つは「リファラルでの顧客獲得が難しい」という点です。

通常、コミュニティマーケティングでは参加者同士が情報や経験を共有し、口コミやリファラルによって新たな顧客を獲得することが期待されます。しかし、新たな参加者のリファラルには慎重な傾向があるため、コミュニティ内での顧客獲得は容易ではありません。

顧客の紹介や口コミは貴重なマーケティング手法ですが、コミュニティマーケティングではその効果が制限されることがあります。そのため、リファラルでの顧客獲得に頼るだけではなく、他のマーケティング手法や戦略も組み合わせる必要があるでしょう。

成果が出るまでに時間がかかる

「成果が出るまでに時間がかかる」という点も、コミュニティマーケティングのデメリットといえます。

コミュニティでは信頼や関係構築を重視するため、成果を得るまでに時間がかかることがあります。そのため、新しいコミュニティを築き、参加者を増やし、関係を深めるには時間と努力が必要です。

顧客の信頼を獲得し、コミュニティ内での活発な対話や情報共有を促進するには、継続的な取り組みとコミュニティの成長が欠かせません。初めてコミュニティを立ち上げる場合のほか、既存のコミュニティに参加する場合でも、結果を見るまでには時間を要することを覚えておくべきといえます。

独自のノウハウが必要になる

コミュニティマーケティングのデメリットには、「独自のノウハウが必要になる」という点もあります。

従来のマーケティング手法とは異なるアプローチが求められるため、顧客との関係構築やコミュニティの運営には、独自のノウハウやスキルが必要です。顧客のニーズや関心に合わせたコンテンツの提供や対話を通じて価値を提供するほか、コミュニティの成長や活性化を促す戦略を立てることも求められます。

このため、コミュニティマーケティングを始めるには、マーケティングの知識と経験に加えて、コミュニティマネジメントやコンテンツ戦略に関する専門知識が必要です。

コミュニティマーケティングの代表的な手法

コミュニティマーケティングの代表的な手法は、次の4つです。

  • コミュニティサイトの運営
  • オフラインイベントの開催
  • SNSのハッシュタグを活用
  • ライブ配信の実施

それぞれの手法について、効果や施策の内容を確認しましょう。

コミュニティサイトの運営

コミュニティマーケティングにおける代表的な手法の一つは、「コミュニティサイトの運営」です。

コミュニティサイトの運営では、顧客との継続的な関係構築やブランドの信頼構築が可能です。具体的な効果としては、以下のような点が挙げられます。

  • 顧客忠誠度の向上
  • 口コミマーケティングの活性化
  • ユーザー参加型のマーケティング

顧客忠誠度の向上においては、コミュニティサイトを通じて顧客同士や顧客と企業とのつながりを促進するため、顧客の忠誠心が高まり、リピーターとしての顧客の獲得が期待できます。また、コミュニティサイトでは、顧客同士が情報や意見を共有して積極的な口コミが生まれやすいことも特徴です。

コミュニティサイトでは、ユーザーが積極的に参加できる仕組みを提供します。そのため、ユーザーの意見やフィードバックを取り入れながら、製品やサービスの改善や新商品の開発に活かしていけるでしょう。

運営の際は、適切なテーマ設定、コンテンツの提供、ユーザー参加の促進、モデレーションやルール設定などが重要です。

オフラインイベントの開催

「オフラインイベントの開催」も、コミュニティマーケティングにおける代表的な手法の一つです。

オフラインイベントでは、実際の場で顧客との直接的な交流を図ることができます。実際の効果として挙げられるのは、以下の3点です。

  • 顧客エンゲージメントの向上
  • ブランド認知度の向上
  • 顧客ロイヤルティの向上

オフラインイベントでは、顧客が直接参加することで商品やブランドに触れ、体験する機会が生まれます。これにより、顧客の関心や興味を引き、ブランドへのエンゲージメントが高まるでしょう。

また、オフラインイベントは、参加者が他の人々と交流する場でもあります。参加者がイベントの体験や情報を共有することは、口コミやSNSなどを通じたブランドの認知度向上に効果的です。

そのほか、 オフラインイベントでは、顧客との直接的な対話や関係構築が可能です。顧客がイベントを通じて特別な体験を得ることで、ブランドへの忠誠心やロイヤルティが高まるでしょう。

SNSハッシュタグの活用

コミュニティマーケティングの手法には、「SNSハッシュタグの活用」も挙げられます。

SNSハッシュタグを活用した具体的な効果としては、以下の3点があります。

  • コンテンツの拡散
  • ユーザーエンゲージメントの促進
  • ブランドの可視性向上

ハッシュタグを活用することで、関連するコンテンツをまとめて表示させることができます。顧客が特定のハッシュタグを使用することで、そのコンテンツが拡散されるため、他のユーザーにも広まりやすいでしょう。

また、顧客との対話や参加を促進する際にも効果的です。特定のハッシュタグを使ったコンテストやキャンペーンを実施し、顧客の参加意欲やエンゲージメントを高められるでしょう。

そのほか、ハッシュタグを活用することで、ブランドの関連コンテンツが統一された形で表示されます。顧客がハッシュタグを検索した際に、ブランドが関連したコンテンツと共に顧客の目に留まることで、ブランドの可視性向上につながります。

ライブ配信の実施

「ライブ配信の実施」も、コミュニティマーケティングにおける代表的な手法です。

ライブ配信の実施には、以下のような効果があります。

  • リアルタイムなコミュニケーション
  • ブランドの信頼性向上
  • ユーザーエンゲージメントの促進

ライブ配信を通じて、顧客とリアルタイムでコミュニケーションを取ることができます。質問やコメントへの即時の応答や対話を通じて、顧客との関係を強化できるでしょう。

また、ライブ配信は顧客に対して透明性と信頼性を提供する手段でもあります。製品やサービスのデモンストレーション、専門知識の共有、イベントやプレゼンテーションの実施などを通じて、顧客にブランドの価値を提供可能です。

さらに、ライブ配信は顧客の参加や関与を促す効果があり、クイズやプレゼントの実施、コメントやリアクションの投稿を通じて、顧客の参加度やエンゲージメントを高められるでしょう。

実施する際は、配信プラットフォームの選定やスケジュールの設定のほか、ライブ配信のアーカイブ化や配信後のフォローアップが欠かせません。

実際の手法を適用した成功例や事例に興味のある方は、こちらから『会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セット』をダウンロードいただけます。

コミュニティマーケティングの実施ポイント

コンテンツマーケティングを実施する際は、次のポイントに気をつけましょう。

  • 短期的な成果を求めない
  • コミュニティの目的を明確化する
  • コミュニティ内では宣伝活動をしない

1つずつ解説します。

短期的な成果を求めない

コミュニティマーケティングを実施する際のポイントの一つは、「短期的な成果を求めない」ことです。

コミュニティマーケティングは、長期的な関係構築やブランドの信頼性向上を重視する手法です。そのため、短期的な売り上げの向上を主眼におくと、コミュニティの活気や参加者の満足度に影響を及ぼす可能性があります。

そこで行うべき対策として、以下の3点に注力することがおすすめです。

  • 長期的な関係構築
  • ブランドの価値向上
  • 長期的な顧客ロイヤリティの形成

コミュニティマーケティングで長期的な関係の構築には時間がかかる場合がありますが、信頼や忠誠心の向上、口コミの拡散などが見込まれます。

また、顧客との対話や共有コンテンツの提供、専門知識や情報の発信などを通じて、ブランドの専門性や価値をアピールすることで、ブランドの価値やイメージを向上できるでしょう。

さらに、コミュニティマーケティングは、顧客ロイヤリティの形成を支援します。顧客の声を反映したサービス改善などを通じて、顧客の忠誠心を高めましょう。

コミュニティの目的を明確化する

コミュニティマーケティングを実施する際の重要なポイントとして、「コミュニティの目的を明確化する」ことも挙げられます。

コミュニティの目的を明確にすることにより得られる効果は、次の通りです。

  • ターゲットの絞り込み
  • 参加者の参加意欲の向上
  • コンテンツの充実
  • 成果の評価と改善

まず、コミュニティの目的を明確化することで、参加者のターゲットを絞り込むことができます。具体的な目的に基づいて、特定の興味・関心を持つ人々に焦点を当てられるでしょう。

また、目的が明確であるコミュニティは、参加者に対して具体的な価値やメリットを提供できるため、参加者の参加意欲が高まります。さらに、コミュニティ内での情報共有や専門知識の提供、問題解決への取り組みなど、参加者に有益なコンテンツを提供しやすくなることも特徴です。

そのほか、目的が明確であると、コミュニティの成果を評価しやすくなります。目的に設定したKPIを定期的にモニタリングし、達成度を確認することで、必要な改善策や戦略の見直しが可能となります。

コミュニティ内では宣伝活動をしない

コミュニティマーケティングを実施する際の重要なポイントの最後に、「コミュニティ内では宣伝活動をしない」ことが挙げられます。

コミュニティは参加者同士が情報共有や交流を行う場であり、宣伝活動を行うことは参加者の興味や関心を損なうリスクがあります。宣伝活動を控えることで、次のような効果を得やすくなります。

  • 信頼関係の構築
  • 知識共有と情報提供
  • 長期的な関係構築

コミュニティは参加者同士が信頼関係を築く場であるため、宣伝活動が行われると、参加者は商業的な意図を感じ、信頼感が損なわれることがあります。そこで、宣伝活動を控えることで、参加者同士の信頼関係を深めやすくなるでしょう。

また、コミュニティは参加者同士が知識や情報を共有する場でもあるため、宣伝活動の代わりに参加者に有益な情報や知識を提供すると、コミュニティ内の学びや成長を促進できます。

コミュニティマーケティングは長期的な関係構築を目指す手法です。そのため、宣伝活動による一時的な利益よりも、参加者の満足度やコミュニティ内での価値を重視することで、長期的な関係を構築しやすくなります。

コミュニティマーケティングの成功事例

ここでは、コミュニティマーケティングの成功事例について、5つの企業を紹介します。それぞれの事業内容や実践効果について確認し、今後の参考にしてください。

LEGO

コミュニティマーケティングの成功事例として、1つ目に「LEGO」の事業内容とコミュニティマーケティングの実施効果についてご紹介します。

「LEGO」は、ブロック玩具で知られており、オンラインコミュニティ「LEGO IDEAS」を提供する企業です。このサイトでは、ユーザーが制作した精巧なLEGO作品の画像が公開されており、ユーザー同士が作品を発表し合い、優れた作品には投票やコメントができる仕組みとなっています。他の人の作品を見ることで自身も創作意欲が湧いたり、新たな発見が生まれたりする仕組みです。

LEGOは元々子供向けの玩具ですが、オンラインコミュニティを通じて成人ユーザーも非常に多く参加しています。視覚的な魅力がある作品であるため、言語の壁を越えて世界中のユーザーが作品を楽しむことができるのも特徴です。年齢や国籍に関係なく、幅広いユーザーの獲得に成功しているLEGOの事例は、コミュニティマーケティングにおいて非常に良い例となっております。

AWS

コミュニティマーケティングの成功事例として、2つ目に「AWS」の事業内容とコミュニティマーケティングの実施効果についてご紹介します。

「AWS」は、Amazonが提供するクラウドコンピューティングサービスです。その中で、日本国内向けのユーザー会「JAWS-UG」が活動しており、ボランティアによる勉強会や交流イベントが頻繁に開催されています。参加には会員登録や企業登録は必要なく、誰でも自由に参加できるオープンな仕組みが特徴です。年間約300回のオフラインミートアップが行われ、これまでに1万人以上の参加者が集まっています。

「JAWS-UG」は、2010年に厳選された20人の初期メンバーによって立ち上げられました。初期メンバーはそれぞれがリーダーとフォロワーの役割を果たし、コミュニティの基盤形成に貢献しました。このような仕組みづくりに成功し、現在の発展に繋がっています。AWSの事例は、コミュニティマーケティングにおいて参考になる成功事例です。

Salesforce

コミュニティマーケティングの成功事例として、3つ目に「Salesforce」の事業内容とコミュニティマーケティングの実施効果についてご紹介します。

Salesforceは、CRMやSFAの分野で知られる企業であり、課題解決型コミュニティ「Trailblazer Community」を運営しています。Trailblazer Communityでは、過去の回答を参照したり、新たに質問して他のユーザーから回答を取得可能です。

このコミュニティの特徴は、地域や業種、商品の習熟度に応じて多数のグループが用意されていることです。各グループにはユーザーがリーダーとして配置され、グループ内のイベント開催などを担当しています。Salesforceはコミュニティの「場」を提供していますが、実際の運営はグループごとに自治が行われています。

このようなユーザー主導の自治運営が成立するコミュニティは、企業が目指すべき理想的な姿です。Salesforceの事例は、コミュニティの自治運営を目指す企業にとって参考になるでしょう。

Show Peak

コミュニティマーケティングの成功事例として、4つ目に「Show Peak」の事業内容とコミュニティマーケティングの実施効果についてご紹介します。

「Show Peak」は、アウトドア用品の総合メーカーであり、オンラインコミュニティとオフラインイベントの両方を活用してコミュニティマーケティングに取り組んでいます。

「Snow Peak Way」というオフラインイベントは、キャンプブームが下火になっていた1990年代末から始まり、再びキャンプブームを巻き起こすきっかけとなりました。このイベントでは、テントの設営方法のレクチャーや焚火を囲んでの交流など、キャンプ初心者から上級者まで楽しめる内容が提供されています。オフラインイベントの様子はオンラインコミュニティで共有され、キャンプイベントに興味を持つ見込み顧客をさらに引き寄せる効果もあります。

アウトドア用品メーカーの顧客は、商品に興味があるだけでなく、キャンプを楽しむために参加したいという潜在的なニーズも持っています。

mineo

コミュニティマーケティングの成功事例として、5つ目に「mineo」の事業内容とコミュニティマーケティングの実施効果についてご紹介します。

「mineo」は、オプテージが展開している携帯電話・データ通信サービスであり、その中にコミュニティサイト「マイネ王」が存在します。元々はスタッフのブログとして始まり、ユーザーからのコメントが増えるにつれて、コミュニティへと発展しました。

「マイネ王」内には、「アイディアファーム」というユーザーからのアイディアを募る場所が設けられています。毎月100件以上のアイディアが寄せられ、中にはオリジナルアプリの新機能などが実装されるケースもあったようです。さらに、ユーザー同士の質問や回答ができる掲示板も用意されており、カスタマーサポートの効率化にも寄与しています。

約半数のmineoユーザーが「マイネ王」に登録していると言われ、その存在感はサービスの一環として大きなものとなっています。

コミュニティマーケティングのことならLIFE PEPPERへ

LIFE PEPPERでは、海外マーケティング1,000社以上の実績とデータを元に、コミュニティマーケティングの支援を行っております。

110万人以上のグローバルコミュニティを持つ当社では、外国人ネットワークを活用した、リサーチやクリエイティブ制作など複数のサービスを提供可能です。

コミュニティマーケティングの実施を検討している、効率的にコミュニティを形成したい、などでお悩みの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

LIFE PEPPERのサービス内容や支援事例、対応可能な国や施策について詳しく知りたい方は、『会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セット』が参考になります。ぜひお役立てください。

まとめ

今回は、コミュニティマーケティングの概要やメリット、注目される背景、具体的な手法などについて紹介しました。コミュニティマーケティングは、現代のマーケティング施策において効果的であり、さまざまな手法が存在します。

しかし、短期間で成果を得られるものではないため、時間をかけて顧客との関係を構築していくことが欠かせません。

本記事の内容を参考にして自社に必要な施策をピックアップし、コミュニティマーケティングの効果を高められるようにしてください。

LIFE PEPPER では、海外マーケティングに役立つ基礎知識やノウハウをまとめ、50種類以上のお役立ち資料を公開しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

⇒50種類以上の海外マーケティングに役立つお役立ち資料集
Category Category

海外全般・英語圏の関連記事