海外アフィリエイト市場を徹底解説!利益を出す方法や注意点は? – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

海外アフィリエイト市場を徹底解説!利益を出す方法や注意点は?

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

国内で急成長しているアフィリエイト市場ですが、最近では海外アフィリエイトに目を向ける人も徐々に増えてきています。

最新の世界人口は約73億人で、これは日本の人口の約60倍にあたります。アフィリエイトをするうえで、ターゲットを国内だけにしぼるのは決して効果的な手法とはいえません。

特に、今後は国内のアフィリエイト市場も徐々に飽和していくと予測されます。競合が増えればその分、従来のやり方で利益を生み出すのは難しくなります。

日本で海外アフィリエイトに取り組む人は決して多くはありません。英語への苦手意識や、海外アフィリエイト市場の情報を得るのが難しいことが参入障壁になっていると考えられます。日本での海外アフィリエイトは、知る人ぞ知る「稼ぐ方法」です。

日本で海外アフィリエイトに取り組む人がそう多くはない今こそ、始める価値があるといえるでしょう。

ここでは、海外アフィリエイトを始めたい人向けに、アメリカ・中国・韓国・台湾という主な海外アフィリエイト市場の特徴や戦い方について解説します。

海外アフィリエイトを始めたい方や、海外アフィリエイト市場に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

【海外アフィリエイトやり方】アフィリエイト広告集客の効果的施策とは!?
【海外ビジネス成功ポイント4選】情報収集のコツと成功事例も解説します

海外アフィリエイト市場【アメリカ】

まず、アフィリエイト発祥の地であるアメリカのアフィリエイト市場について解説します。

アメリカのアフィリエイト市場を知ることは、国内のアフィリエイトで競合に勝つ手段としても効果的です。

海外アフィリエイトを始めたい人だけでなく、国内アフィリエイトの戦略に活かしたい人も参考にしてください。

アメリカのアフィリエイト市場の概要

アフィリエイトはアメリカが発祥の地なので、日本よりはるかに長いアフィリエイトの歴史があります。また、ステップメール(※)など多数のアフィリエイト戦略は基本的にはアメリカで生み出され、日本に輸入されてきています。

アメリカのアフィリエイターは社会的な職業として広く認知されています。日本では兼業アフィリエイターも多いですが、アメリカでは専業が中心です。

また、英語のページは競争相手も多い分、年に数億円を稼ぎ出す成功者と、まったく利益を出せない人の二極化が進んでいます。

たとえば、Google検索で日本語で「化粧品」と入力すると検索結果は約4億件ですが、英語で「Cosmetics」と入力すると検索結果は約12億9000万件です。もちろんキーワードにもよりますが、英語のページだと競合がはるかに多いことがわかると思います。

アメリカのアフィリエイトといっても、基本的な仕組みは日本と変わりません。ASPに登録して商品やサービスを紹介し、ネットユーザーが登録したり購入したりすることよって、アフィリエイターは一定の利益を得ることができます。

アメリカでは、ASPを「Affiliate Network」と呼びます。アメリカのASPは日本よりも種類が豊富で、案件数も多く、広告単価が高いという傾向があります。一方で、審査が厳しく成果によっては登録を解除されてしまうこともあります。

アメリカのアフィリエイト市場は成熟している分、詐欺などの犯罪も後を絶ちません。そのため、アフィリエイター同士の交流が盛んで、フォーラムなどが多数開催されています。代表的なフォーラムはAbestwebWickedFireです。

※ステップメール:自動配信型のメルマガ。ユーザーがメールアドレスを登録すると、決められた期間ごとにあらかじめ作成しておいたメールが配信される。メールの中で話の流れに沿って商品を紹介することで、購入までの流れを自動化が可能。

英語圏のアフィリエイト市場が魅力的な理由

現在、英語を使う人は世界に約17億人いるとされています。英語でウェブページを作成するだけで、日本の約14倍の人をターゲットにすることができるのです。

母国語が英語以外の人でも、英語のウェブページの方が圧倒的に数が多いため、英語で検索する人も数多くいます。特に英語と親和性の高いヨーロッパ諸国ではその傾向が強いといえます。

また海外の富裕層は英語に堪能な人も多く、日常的に英語での情報収集をしています。海外の最新情報をキャッチしたい、誰よりも早く価値の高い物を手に入れたいと望んでいるのです。海外アフィリエイトなら、そういった層にアプローチすることも可能です。

母数が多いことから、英語圏のアフィリエイトではクリック課金型のGoogle Adsenseが日本より盛んだという特徴もあります。

アメリカのアフィリエイト市場で勝つための戦略

魅力の多いアメリカのアフィリエイト市場ですが、競争率が高いため、利益を出すのは簡単ではありません。

まず、英語圏の人が読んでも違和感のない最低限の英語力が必要です。カタコト英語や教科書的な英語では敬遠され、商品の購入にまでつながりません。自分の英語力に自信がなければ、クラウドソーシングで翻訳を依頼するという方法もあります。

ただし、日本の商品や観光名所を紹介するのであれば、英語力にはそこまでこだわらなくても結果的に成功することがあります。日本人が書いているというのが明らかであれば、多少教科書的な英語でも目をつぶってもらえる可能性が高くなります。

海外に英語で情報発信する日本人はまだ決して多くはないので、海外アフィリエイト市場での勝機は十分にあるといえます。

アメリカのランディングページは、日本とは違い文章量が少なくてシンプルだという傾向があります。そのため、英語で商品を紹介するのに長い文章を作る必要はありません。むしろページデザインにこだわり、洗練された演出をすることがポイントです。

アメリカのアフィリエイト市場で勝負するなら、Peypalの口座を作ることをおすすめします。ASPごとに対応口座を調べるのは困難で、出金手続きがスムーズにできないとストレスもたまります。

また、アメリカのアフィリエイト収入から源泉徴収されないよう「W-8BEN」を提出することも重要です。何も手続きをしないと、日本とアメリカのそれぞれに納税することになり、アフィリエイト収入が大きく減ってしまいます。

【2019年版】アメリカ広告最新トレンド!主要広告から成功するためのコツも伝授

海外アフィリエイト市場【中国】

続いて、中国のアフィリエイト市場について解説します。

中国のアフィリエイト市場の魅力は、なんといっても圧倒的な人口の多さです。中国の人口は約13億8000万人で、日本の約11倍のターゲットにアプローチすることができます。

海外SEO 成功秘訣を徹底解説ーアメリカ、韓国、中国、台湾ー

闇に包まれた中国のインターネット事情

飛躍的に発展を遂げる中国は、人口の多さから見ても、世界的に存在感のある国です。しかし、中国のインターネットは中国政府の「グレート・ファイアウォール(金盾)」によって規制されています。

そのため、日本で当たり前に利用されているGoogleやLINE、Facebook、YouTube、Instagramなどのサービスが利用できません。中国のアフィリエイト市場に打って出るなら、まずは中国のインターネット事情を知ることが重要です。

政府の規制が強いことから、中国には独自の国内サービスが数多くあります。まず、検索するときはGoogleではなく「百度(バイドゥ)」を使います。中国でアフィリエイトをするなら、百度上での上位表示を目指さなければなりません。

また、LINEの代わりに「微信」、Facebookの代わりに「人人網」、Twitterの代わりに「微博」といったサービスがあります。他に「開心網」というSNSサービスや、「土豆網」「優酷網」などの動画サイトがあります。

中国広告事情!Webを駆使した効果的な集客方法とは!?

中国のアフィリエイト市場の概要

中国ではインターネット広告が増加しており、特に動画広告の影響が大きくなっています。中国のアフィリエイト市場は海外からの参入が今はまだ少ないことから、今後ますます過熱していくといえるでしょう。

中国のアフィリエイトでは、「百度(バイドゥ)」での上位表示を狙う必要があります。「百度」は順位の変動が激しいことでも知られているため、上位表示を維持するのは簡単ではありません。中国では、口コミやレビューといった「生の声」が重視されるため、いかに実態に基づいた情報を発信するかが重要です。

中国のASPは、EMARの提供する「億起発(イーチーファー)」が一般的です。2013年時点でイーチーファーの市場占有率は55%を超えています。他に「CHANet」などのASPもあります。

百度で上位表示を狙うには?中国向けSEO対策の無料相談はこちら

中国のアフィリエイト市場で勝つための戦略

まず中国語には簡体字繁体字の2種類があります。人口が多いのは簡体字なので、中国語のウェブページを作成する際は簡体字を用いるようにしましょう。

中国のアフィリエイト市場で戦うなら、MADE IN JAPANブランドをフルに活用することがポイントです。日本の家電メーカーや、資生堂をはじめとした化粧品メーカーは中国での知名度も高いのでおすすめです。知名度の高い商品を中国版楽天(楽酷天)で発信すれば、成果につながりやすくなります。

美容家電である美顔器やスチーマーも根強い人気です。中国のアフィリエイトで商品をアピールするときは、赤色などを使って装飾し、目立たせることが大切です。

また、集客のためにはリスティング広告も効果的です。ただし、海外でリスティング広告を出すには様々な手順が必要なので、サポート業者を選んで一任する方が効率的な場合が多くあります。

海外でリスティング広告を出稿するには?手順や進め方を解説
海外リスティング広告の無料相談はこちら

海外アフィリエイト市場【韓国】

続いて、韓国のアフィリエイト市場について解説していきます。韓国は以前に比べるとやや減速しているとはいえ、日本よりもはるかに高い経済成長率を維持しています。今後ますます発展する韓国のアフィリエイト市場は、今まさに過熱しており、大きな可能性を秘めています。

韓国進出の現状と成功へのポイントとは?韓国特有のビジネス事情を解説します

急成長中の韓国のインターネット事情

韓国で最も利用されている検索エンジンは「NAVER」です。NAVERは韓国に本社を置くインターネット会社が運営する検索エンジンで、以前は日本でもサービスを提供していました。

しかし、2005年に検索サービスは終了し、現在は「NAVERまとめ」だけがサービスとして残っています。

NAVERの次に韓国で利用者が多いのは「Daum」で、他に「NATE」「Lycos」など様々な検索エンジンがあります。もちろんGoogleも利用されています。

韓国は国民へのパソコンの普及、高速インターネット回線の導入などに積極的に取り組んだため、IT化が一気に加速しました。特に行政などの電子申請サービスやスマートフォン決済では、日本の先を行くともいわれています。

IT化が進みインターネットで情報収集するのが当たり前の韓国だからこそ、韓国のアフィリエイト市場には大きなチャンスがあるといえます。

韓国市場の広告集客のコツ NAVERを攻略するには!?

韓国のアフィリエイト市場の概要

韓国のアフィリエイト市場の特徴は、ブロガーをはじめとしたインフルエンサーの影響力の強さです。

NAVERの調査によると、韓国では検索したユーザーの40%がブログを閲覧していることがわかっています。そのため、インフルエンサーの声をいかに取り込むかがアフィリエイトの成功を左右します。

韓国の最大手のASPはリンクプライスです。リンクプライスは450社以上の広告主を持ち、アフィリエイターの登録数も他の追随を許しません。

韓国ビジネス成功の秘訣!文化の理解とWEBマーケティングが鍵

韓国のアフィリエイト市場で勝つための戦略

韓国のアフィリエイト市場に日本人として打って出るなら、家電や化粧品は鉄板としておすすめです。美容大国の韓国では、日本の化粧品は根強い人気があります。日本の薬局やデパートのコスメ売り場で韓国人の観光客をよく見かけることからも明らかです。

また、アフィリエイトのジャンルとして旅行もおすすめです。距離が近いこともあり、韓国から日本への旅行者は年々増加傾向にあります。魅力的な旅を実現するため、国内だけでなく現地のホームページで情報収集する人も少なくありません。

韓国ではInstagramが人気なので、日本人しか知らないインスタ映えスポットを多数紹介したりすると、大きなアクセスを集められる可能性があります。

韓国インフルエンサーマーケティングの無料相談はこちら

海外アフィリエイト市場【台湾】

最後に台湾のアフィリエイト市場について解説します。

台湾のインターネット事情は多くの人の予想よりはるかに進んでいます。

台湾ビジネス徹底解説 商習慣や国民性、成功事例までご紹介

意外と日本と似ている台湾のインターネット事情

台湾のインターネット普及率は2017年時点で約92%と、ほぼ日本と同程度となっています。また、最近では無料Wi-Fiが使えるコワーキングスペースなども充実してきています。

台湾では9割近くが検索エンジンとしてGoogleを利用しており、次に利用されているのは「台湾版Yahoo!」です。他に「Yam天空」などの検索エンジンもありますが、主流はあくまでGoogleです。

検索エンジンが異なると、アフィリエイトの利益を大きく左右するページビュー数を稼ぐための戦略が全く変わってきます。Googleが主流ということから、台湾でアフィリエイトをするハードルは検索エンジンに関しては低いといえるでしょう。

台湾にはいくつかの言語がありますが、公用語は中国語(北京語)です。ただし、中国で用いられる簡体字ではなく、繁体字が用いられます。繁体字は香港など中国南部でも使われています。台湾でアフィリエイトを始めるなら、最低限抑えておきたい知識です。

LIFE PEPPER の台湾アフィリエイトサービス

台湾のアフィリエイト市場の概要

台湾アフィリエイトに取り組む人は、国内でも少しずつ増えてきています。まだまだ台湾アフィリエイト市場はブルーオーシャンといえる状況なので、始めるなら今がチャンスです。

台湾のASPには、「聯盟網」や「リンクA」、「afb」などがあります。アフィリエイトの案件数は決して多くはありませんが、審査もそこまで厳しくないので、参入しやすいといえます。

ただし、海外のアフィリエイト商材の中には、日本の法律に抵触するものもあります。国内でサイト運営をしている限り日本の法律の規制を受けるため、知らずに法を犯してしまうことがないよう注意が必要です。

良質な記事が最重要!台湾向けアフィリエイトの始め方をプロにインタビュー!

台湾のアフィリエイト市場で勝つための戦略

台湾では、ブログ・SNS・Instagramが人気で、Facebookの利用時間は世界一ともいわれています。それぞれの媒体にインフルエンサーがいるのも特徴です。台湾では、インフルエンサーは人気職業として認知され、社会的にも強い影響力を持っています。

アフィリエイトでも、インフルエンサーの効果的な活用が欠かせません。台湾では、すぐに購入するのではなく、インターネットで何度も情報収集をし、納得してから購入に至るケースが多くあります。

そのため、アフィリエイトにおいてもランディングページの作成だけでなく、ブログなどで繰り返し魅力を伝えることが重要です。

また、台湾では動画も人気なので、動画を使って商品の魅力を伝えるのもおすすめです。ノンバーバルで商品を紹介する動画を1つ作成しておけば、言語を問わず海外アフィリエイトで活用することができます。

2年間でユーザー数30万人→400万人へ!全世界同時にインフルエンサーマーケティングを実施する海外マーケ内製術

台湾のインフルエンサーマーケティングの無料相談はこちら

まとめ

海外アフィリエイト市場の概要を解説しました。海外アフィリエイト市場は大きな可能性を秘めており、今後ますます成長が見込まれる分野です。

日本で海外アフィリエイトに取り組んでいる人がそう多くない今こそ、チャンスだといえるでしょう。

海外アフィリエイトをするなら、各国の特徴や流行、ネットユーザーの動きを踏まえてページを作成することが大切です。また、出金方法や各国の税制についても把握しておかないと、思わぬところで損をしてしまう可能性もあります。

しかし、日本国内で得られる情報は決して多くはなく、最新でない情報も多く含まれています。そのようなあやふやな状況に頼って海外アフィリエイトをするのはスマートなやり方とはいえません。

本気で海外アフィリエイトを始めたいなら、海外ASPと強いネットワークを持つ業者に一括で依頼するのが効率的です。

弊社LIFE PEPPERは欧米や東アジア(中国・韓国・台湾)の主要な海外 ASP サイトと提携しています。最適なASPの選択や企画立案、運用までサポートしてくれるため、自分の強みを生かして海外市場で戦うことができます。

英語力や情報収集力に自信があるのであれば、一から海外アフィリエイトに取り組むのも面白いかもしれません。しかし最短で利益を出すことを目指すなら、ぜひプロによるアフィリエイトサービスの活用がおすすめです。

LIFE PEPPER 海外グローバルアフィリエイトサービス


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ