News&Blog

英語対応のWebサイト制作のポイントとは?会社の選び方や費用相場も解説

「英語に対応しているWebサイトを制作したいが、ノウハウがない」「Web制作の会社の選び方が分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。弊社がこれまで支援した数々の事例と対応可能な国や施策のまとめをご覧になりたい方は、こちらのお役立ち資料をぜひご活用ください。

本記事では、英語対応のWebサイト制作におけるポイントや制作会社の選び方、費用相場などを紹介します。効果のある英語対応サイトを作りたい方は、ぜひ参考にしてください。

英語のWeb制作における課題

英語のWeb制作において挙げられる大きな課題は、品質を評価できる人が存在しないことです。

外国に向けたコンテンツは外国人にとって魅力的なものである必要があります。しかし、多くのWeb制作会社はターゲット国の語学や文化について十分に理解しておらず、必ずしも英語サイトとして質の高いものを作成できるとは言えません。

また、英語圏の広告代理店が日本国内の企業が制作した英語サイトを見ると、文法や表現は正しく内容を理解できるものの、販促効果はそう高くないようです。

さらに、サイトのSEO効果や訴求力について現地のサイトに勝てるレベルであることは少なく、本来の目的である販促効果を高められていないのが現実です。

では、現地サイトと比べて競争力に欠けるサイトを生産しながらも、国内の外国語サイト制作会社が営業し続けているのはなぜでしょうか。

理由は、制作会社にサイト制作を依頼した依頼主自身が、本当に効果のある英語サイトであるのか、自社の販促効果を高められるのか正しく評価できないからであり、英語のWeb制作における課題として挙げられています。

現地サイトとの競争を勝ち抜く質の高い英語サイト制作についての詳細は、こちらの資料をダウンロードしてご覧いただけます。

英語のWeb制作による実際の効果は?

それなりの英語サイトを制作しても、実際の効果がなければ制作の意味がありません。

販促効果を高めることを目的としたサイトの場合、収益効果が得られなければ英語サイトの効果があるとは言えないでしょう。

ただ英語サイトを作ることを目的としていれば問題ありませんが、他に販促などの目的がある場合は、目的に合った質の高いサイトを制作する必要があります。

英語のWeb制作でネイティブを雇用する際に考えるべきこと

英語のWeb制作では、ネイティブの採用が重要なポイントの一つとなります。

ここでは、ネイティブを雇用する際に考えるべき3つの要素について解説しますので、ぜひ実際にサイトを制作する際の参考にしてください。

①ネイティブ=英語力があるわけではない

ネイティブだからと言って、必ずしも英語力が高いわけではないため注意が必要です。

日本人を例にすると、日本人だからと言って日本語力が高いとは限らず、個人の学歴や職歴によって使う語彙や表現力が異なります。

英語のネイティブでも同じように、商用に適したコンテンツ作成ができるとは限らないため、雇用する人材はしっかりと見極める必要があります。

関連リンク:多言語化Webサイトを成功に導く制作のポイントとは

②ネイティブ=マーケティング力があるわけではない

1つ目の項目と同じように、ネイティブだからといって英語サイトの制作に適した人材であり、マーケティングを熟知しているとは限りません。

日本語のネイティブ全員がマーケティングに精通しているわけではないように、専門職としてマーケティングスキルを身につけなければ、訴求力の高いコンテンツを生産することは難しいでしょう。

③ネイティブ+SEMの熟知が必要

SEMとは、Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)の略であり、検索エンジン上で行うマーケティング全般のことを指します。

雇用する人材はネイティブであるだけでなく、「ネイティブ+SEM」を熟知しており、SEOやPPCなどSEMに関わるノウハウも持っている必要があるでしょう。

英語のWeb制作で信頼できるホームページ制作会社を選ぶポイント

英語のWeb制作において、ホームページ制作会社を選ぶポイントとして次の5つを参考にしてみてください。

  • 多言語に対応しているか
  • 制作実績は豊富か
  • 価格は依頼内容に見合っているか
  • マーケティング効果も期待できるか
  • 制作後のサポートは充実しているか

依頼内容や規模に合わせて制作会社の実績を確認し、自社の要求を実現できるか判断しましょう。過去にどのようなホームページを作成してきたのか、どのような業種での制作実績があるのかを見ておくと、自社が依頼した際のイメージを掴みやすいかもしれません。

また、費用が相場とかけ離れすぎていないか、依頼内容と照らし合わせて適切かどうかを確認することも大切です。

そのほか、サイト制作だけでなくマーケティングなどの集客支援に加え、アフターフォローの充実度についてもチェックしておくと安心です。

英語対応のWeb制作を行うメリット・デメリット

英語対応のWeb制作を行うメリットとデメリットについて、それぞれ簡単に解説しますので確認しましょう。

メリット

英語対応のホームページを作成するメリットは、英語圏からのアクセス増加が期待できることです。

日本語サイトのみであれば、閲覧するユーザーも日本人ユーザーに絞られるため、大幅なアクセスを増やすことは難しいでしょう。

しかし、英語にも対応することで英語圏のユーザーも情報を入手できるようになり、結果的に海外からのアクセスが見込めます。そのため、より多くのビジネスチャンスが生まれ、事業拡大に繋げていけるでしょう。

デメリット

反対に、ホームページを英語対応させることのデメリットとして、SEO対策が難しくなることが挙げられます。

1か国のみよりも2か国以上の言語に対応したサイトはSEO対策が難しいため、より高度な専門知識が求められます。

単に英語対応すればアクセス増加が見込めるわけではなく、英語対応したことでSEO評価が下がってしまうケースもゼロではありません。そのため、英語対応させる場合は、SEO効果が見込める専門の業者に依頼することがおすすめです。

英語のWeb制作(ホームページ作成)にかかる費用相場

英語のWeb制作を行う場合、工程別にそれぞれ以下のような費用が発生します。

  • 企画/ディレクション:5〜20万円
  • デザイン/プログラミング:TOPページは3〜10万円/下層ページは1.5〜3万円
  • 翻訳:15〜40円/文字

このほかに機能を追加する場合、フォーム作成で1.5〜3万円ほど、サイト内検索機能で3〜5万円ほどが相場となっています。

また、ホームページの種類によっても費用相場は異なり、コーポレートサイトの場合は40〜80万円、ECサイトの場合は100〜250万円が相場のようです。

 関連リンク:多言語サイトの作成方法と成功するポイント、依頼費用の相場を解説!

英語対応のWebサイト制作ならLIFE PEPPER

LIFE PEPPERでは、海外向けのWebサイト制作をはじめ、海外マーケティングにおけるさまざまな支援サービスを提供しております。当社は海外マーケティングに1,000社以上の実績を持ち、17か国のネイティブスタッフがそれぞれの国に最適なマーケティング施策をご提案させていただきます。

海外マーケティングに特化した独自のプロダクトとメディアを複数展開しており、BtoBからBtoCまで、幅広い事業のサポートが可能です。

英語Webサイトにおいても、情報を取得するために見られるだけのサイトではなく、コンテンツを見たユーザーに購入や予約などの行動を促すサイトを構築し、利益の向上をお手伝いさせていただきます。

LIFE PEPPERの英語Webサイト制作サービスの特徴

LIFE PEPPERがご用意している英語サイト制作サービスの最大の特徴は、ユーザーがアクションを起こすために欠かせない「ローカライズ力」と「コンテンツ力」です。

英語サイトを作る上で、海外ユーザーが違和感なく情報を入手でき、さらに「分かりやすい」「面白そう」と思ってもらうことが欠かせません。

ただ日本語を英語に翻訳するだけでは現地消費者に対するローカライズ力に欠けるため、LIFE PEPPERでは表現や内容から見直しを行い、現地ユーザーのニーズをイメージしながらコンテンツを再構築していくことがローカライズであると考えています。

このような最適なローカライズによって、ユーザーはコンテンツをひと目見た時に興味を持ち、商品やサービスの認知や理解へと繋がりやすくなるでしょう。

また、ローカライズ力が優れていても、コンテンツ力がなければマーケティングは成功しません。現地ユーザーにとって読みたくなるコンテンツを充実させることで興味が高まり、購入に至りやすくなります。

LIFE PEPPERは、海外ネイティブスタッフと日本人スタッフによるチーム編成で、企画・制作・運用・分析までの全てをワンストップでサポートいたします。サイト制作後の集客やプロモーションを重視し、収益につながる英語対応サイトをご提案させていただきます。

多言語 Web サイト制作サービス

LIFE PEPPERがどのようにして英語対応のWebサイト制作のお手伝いをしているのか、具体的な事例とノウハウがまとめられた無料資料をご利用いただくことで、より具体的な計画を立てることができます。

まとめ

本記事では、英語対応のWeb制作に関するポイントや会社の選び方、費用相場などについて解説しました。

英語サイトを制作する際は、ただ日本語を英語に翻訳すれば良いわけではなく、海外のマーケティングを熟知した上で、現地ユーザーへ適切なアプローチをしていくことが欠かせません。また、ネイティブの雇用についても重要なポイントです。

今回の内容を参考に、収益を伸ばせる英語対応サイトを制作できるようにしていきましょう!

LIFE PEPPER では、海外マーケティングに役立つ基礎知識やノウハウをまとめ、50種類以上のお役立ち資料を公開しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

⇒50種類以上の海外マーケティングに役立つお役立ち資料集
Category Category

海外全般・英語圏の関連記事