News&Blog

アメリカの検索エンジンシェアTOP3+α

アメリカの検索エンジンシェアは?

アメリカで最も利用率の高い検索エンジンは 63% のシェアを誇ると言われる、 Google です。次いで、Microsoft 社の Bing、日本でもおなじみの Yahoo!、Ask などその他様々な検索エンジンが続きます。

アメリカの検索エンジンシェア

米国におけるマーケットの理解を深めたい場合は、私たちの会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セットをダウンロードして、より具体的な支援事例や展開戦略をご覧ください。

1位:Google 63%
2位:Bing 22%
3位:Yahoo! 12%
その他:4%

アメリカの検索エンジンはGoogleだけではない?

確かに Google が最も高いシェアを占めておりますが、63% となっており、市場を完全に独占できているわけではありません。上記のランキングの通り、Bing や Yahoo! もシェアが高く、非常に多くのユーザー数を保有しております。 特に Microsoft 社が提供する Bing の伸び率が著しく、注目を浴びています。

検索エンジン Bing とは?

日本でもご存知の方は多いですが、 Bing とは Microsoft 社が提供する検索エンジンです。Windows のパソコンに搭載されている、IE(Internet Explorer)のブラウザにてデフォルト設定されている検索エンジンとして、Windows ユーザーを中心に使われております。その背景もあり、Bing を利用しているユーザーは少し Google と異なります。

検索エンジン Bing の特徴

アメリカ市場での広告戦略を考えているなら、私たちの資料セットが役に立つかもしれません。対応可能な国と施策について詳しく知ることができます。

上図の通り、Bing のユーザーには下記の特徴があります:
1.ブルーカラーが多い
2.ウェブリテラシーが比較的低い
3.35 歳以上のユーザーが多い
ユーザー属性が異なる、且つアメリカ人の5人に1人が Bing を使っているため、アメリカ企業の多くはユーザーリーチの最大化を図るために、Google と Bing、 両軸で検索エンジンでのプロモーションを実施するケースが多いです。特にリスティング広告の場合、Bing は Google と比較し競合が少ないため、CPC が低く、効率的な刈り取りができます。

検索エンジン Bing でのリスティング広告

上図でも記されている通り Bing でのリスティング広告の特徴は:
1.Google と比較して検索ボリュームが少ない
2.アメリカ人のユーザーが多い
3.競合性が低いため目立ちやすい
4.CPCが安い(Bing:$1.07 vs Google:$1.83)
特に Bing リスティング広告の便利な点は、Google Adwords と完全に連携しているということです。Google AdWords で作成されたキャンペーンやキーワード、広告文までも全てワンクリックで簡単に Bing にてインポートできるので、新しく広告をセットアップする手間が省けます。

他にはどんな検索エンジンがあるの?

アメリカだけでなく、その他の国々における検索エンジンの状況も理解することが重要です。会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめをダウンロードして、弊社がどのような支援が可能であるかをご覧ください。

他には日本ではあまり知られていない “Duck Duck Go” と呼ばれる検索エンジンがアメリカで流行っています。”Duck Duck Go” の特徴は非常にシンプルで「完全匿名性」の検索エンジンになっております。つまり、ユーザーのプライバシーを守るために、ユーザー情報を一切記録しない、プライベートな検索エンジンなのです。

”Duck Duck Go” の検索エンジンシェアは 0.4% に満たないと言われておりますが、非常に成長率が高く、一部のウェブリテラシーの高いユーザーの間で圧倒的な人気を誇ります。リーチ数はまだまだ期待できないですが、”Duck Duck Go” でもリスティング広告を実施することは可能なので、海外向け、特にアメリカで新規ユーザーを獲得されたい広告主は試されると良いです。

LIFE PEPPER では、海外マーケティングに役立つ基礎知識やノウハウをまとめ、50種類以上のお役立ち資料を公開しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

⇒50種類以上の海外マーケティングに役立つお役立ち資料集
Category Category

海外全般・英語圏の関連記事