News&Blog

海外市場調査の基本をおさえよう 手法、重要なポイント、注意点を解説

海外進出を行う上で、欠かせないのが事前の現地調査です。海外市場は日本と異なるトレンドや文化を備えているため、それを理解するプロセスは欠かせません。

海外の市場調査をスムーズに行うためには、いくつかのポイントを押さえておくことも重要です。海外リサーチはどのように進めていくことが重要になるのでしょうか。

海外市場は日本と異なるトレンドや文化を備えているため、それを理解するプロセスは欠かせません。海外進出の成功には、現地の市場や文化、法律などに関する綿密なリサーチが不可欠です。詳細な事例や弊社の会社概要、対応可能な国と施策については、こちらの資料をご参照ください。

そもそも海外市場調査とは?

海外市場調査とは、今後ビジネスを行っていく市場をリサーチすることであり、顧客の動向を把握したりマーケティング戦略を立てたりするために行います。海外進出する企業にとって非常に重要な工程であり、自社が提供していく商品・サービスの販売方法や価格、プロモーション方法などを検討する上で欠かせません。

日本国内の場合、少子高齢化や人口減少によって市場規模が小さくなっていますが、世界全体を見てみると、現在も拡大している傾向です。規模が大きくなっているということは、ビジネスチャンスが多くあると考えられるため、海外進出を考える企業も多いでしょう。

しかし、海外と国内では、商習慣や文化、国民の価値観など異なる要素が多くあります。そのため、海外進出を成功させるためには海外市場調査を行い、現地について理解することが大切になります。

海外市場調査の必要性

海外市場調査は、国内と大きく変わる文化や歴史的観点、法律などの規則などを正しく理解し、海外進出を成功させるために必要です。

「海外で成功したければ、まずは早く参入すべき」「効果検証を繰り返していけばいずれ成功できる」「国内で成功しているノウハウを海外で使えば成功するだろう」と考えるかもしれませんが、上述のように海外と国内では多くの違いが存在します。

そのため、国内向けのマーケティングと同じ手法で成功できると考えるのではなく、進出する国や地域の特性について把握することが欠かせません。具体的には、国内の市場をリサーチする際と同じように、ターゲット層の趣味・嗜好や、競合となり得る企業のマーケティング戦略などを分析する必要があるでしょう。

また、海外進出には、現地パートナーの協力も重要なポイントとなります。パートナー企業と良好な関係を築き、ノウハウや資金力の有無を見極めて上手く活用していくことも意識しましょう。

また、海外進出には、現地パートナーの協力も重要なポイントとなります。パートナー企業と良好な関係を築き、ノウハウや資金力の有無を見極めて上手く活用していくことも意識しましょう。実際の成功事例につきましては、こちらの資料で詳しくご紹介しています。

海外市場調査を行う目的を明らかにする

海外の市場調査を行う上で、まず大切なのはその目的を明らかにしておくことです。

海外の消費者の動向を知りたい

海外リサーチの目的としてポピュラーなのが、消費者の動向を調べるというものです。

現地ではどのようなブランドが人気なのか。スマホはどこの機種を使っているのか、どんな病気のリスクを警戒し、健康増進のために何を買っているのかなど、調べることは様々あります。

また、調べられることが多岐にわたる分、無作為に調査をしていては時間と予算が無駄に削られてしまうことになります。

海外展開を考える自社商品やサービスの特徴を把握し、適切な動向を探れるよう備えておきましょう。

海外の競合他社の動向を知りたい

海外進出を本格的に考えるとなると、やはり気になるのが競合他社の存在です。

現地ではどんな企業がシェアを握っているのか、どんな魅力が現地で受け入れられているのかを理解し、自社の強みで勝負できるマーケティングを考えていく必要があるでしょう。

また、複数の国を調査対象とし、競合他社となり得る企業が少ないところを選定する上でも海外リサーチは有効です。

商品の需要と供給のバランスが取れていない地域を探し、積極的に進出していきましょう。

自社商品に現地ニーズがあるかを知りたい

海外市場調査を行うことで、そもそも自社商品にどれほどの潜在ニーズがあるのかを知ることも可能です。

例えば、アルコールを摂取する文化がないインドネシアなどのイスラム教圏において、日本の地酒を輸出することは不可能に近いビジネスです。

しかしインドネシアに近い国であっても、飲酒の文化があるシンガポールやマレーシアなどであれば、現地の人たちにも十分に受け入れられえる可能性があります。

東南アジアなどはいくつもの国が密集している地域であるため、それぞれの市場動向を明確にしていく作業を、リサーチを通じて行うと良いでしょう。

現地の規則や法律・商習慣など文化を把握したい

海外市場調査では、現地の規則や法律・商習慣などの文化を把握することができます。

国内と海外で特徴が異なるのはもちろんですが、同じ国や地域の中でも規制や法律・商習慣が異なる場合があります。例として、アメリカの場合は州ごと、中国の場合は「台湾」と「香港」などのように、エリアによって制度が異なるケースがあるでしょう。

そのため、進出するエリアは細かく絞り、ターゲット層の居住する現地の特徴を理解することが欠かせません。

現地に強いパートナー企業を知りたい

海外進出においては、自社のみで事業を展開するケースは少なく、現地でパートナー企業を見つける場合が多いでしょう。国内から海外へスタッフを派遣し続けるのは、コスト面で大きな負担となるだけでなく、規制や法律について現地に通ずる知識に欠けてしまいます。

そのため、現地の弁護士や税理士、仕入れ先、取引先、メーカーなどのビジネスパートナーを見つけることが大切です。

現地の企業であれば何でも良いわけではないため、国際業務に対応しており良好な関係を築けるパートナーを探しましょう。

自社の強み・弱みを再確認したい

海外市場調査では、現地の文化や習慣、規制だけではなく、これから進出を検討している自社の強み・弱みを再確認することもできます。また、自社のノウハウを海外ビジネスに活かすこともできるでしょう。

進出する国によって異なりますが、「日本製品は高品質で安全性も高い」と認識するユーザーの多い国の場合は、海外進出において日本製であることそのものが価値となります。

また、自社の弱みとなる部分(営業力や決断力、開発力など)を分析して明確化することで、今後のビジネスにおけるリスクに対する対策を考えやすくなるでしょう。

海外市場調査を行う方法・手段

ここでは、実際に海外市場調査を行うための方法や手段について紹介します。計4つの方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

自社での調査

1つ目に、自社で海外市場調査を行う方法が挙げられます。自社のスタッフを派遣して現地で調査を行う場合、他の調査方法よりも費用を抑えられることが特徴です。

また、自社の強みや弱みについて明確に理解した上で調査に臨めるため、調査の方向性や目的を意識した調査を行えば、現地ユーザーのリアルな声をそのままマーケティング戦略に活かせるでしょう。

自社で調査する場合、調査する項目や具体的な調査方法を明確にし、費用対効果を意識して行うことがポイントです。

支援機関の利用

2つ目に、公的な支払機関を利用して行う調査方法があります。海外進出をサポートする公的な機関があり、例として挙げられるのは、ジェトロ(日本貿易振興機構)や中小企業基盤整備機構、政府系金融機関、商工会・商工会議所などです。

海外市場の特徴や商習慣、法律などにおける情報に加え、ビジネスパートナーとなる提携先や販売先の紹介も行っており、マーケティング面においてサポートを受けることもできます。

調査内容は機関によって異なるため、自社の方向性にマッチする機関へ依頼することがポイントです。

民間の調査会社

3つ目に、民間の調査会社を利用して海外市場調査を行う方法が挙げられます。調査会社によって、対応できる国や地域、業界、情報の専門性などが異なるため、自社の方向性を理解してくれる会社を選ぶ必要があるでしょう。

また、可能な調査方法や過去の実績などについても確認し、進出を検討している国や地域について正しく理解しているかを見極めることも大切です。

そのほか、国内と海外のどちらの調査会社を選ぶか、調査報告書は日本語と現地語のどちらを求めるのかなども検討し、依頼先を選んでいきましょう。

現地・地域在住の人へ依頼

4つ目に、現地や対象地域に住む人へ直接依頼し、市場調査を行う方法が挙げられます。具体的には、現地で競合となるであろう店舗や店舗に並ぶ商品の写真撮影、現地ユーザーへのアンケートなどを依頼できます。

現地を最もよく理解しているのは現地に居住する人であるため、より簡単に正確な情報が手に入るでしょう。
また、オンライン上で現地に住む人へ依頼することで海外への派遣コストを抑えられるため、調査にかかる費用を大幅に削減できます。

目的に合った海外市場調査の方法を検討する

海外の市場調査を行う目的が明らかになったら、次は適切なリサーチ手法を検討する必要があります。

海外の市場調査にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴を理解しながら使い分ける必要があります。

デスクリサーチ

一つ目の方法は、デスクリサーチです。その名の通り、インターネットを用いて様々な公開情報を特定のテーマに合わせて収集、分析する手法で、基礎的なリサーチ方法となっています。

その国大まかな市場動向や人口動態、基本的な慣習や文化を把握するのに有効で、まだその国についての理解が進んでいない段階で行っておきたい手法です。

ただ、数ヶ月単位での最新のトレンドなどは把握しづらく、正しい公式情報を集められるスキルも必要になるため、高いリサーチ能力が必要とされる点には留意しておきましょう。

現地調査

現地調査は、実際に現地に調査員を派遣し、街頭アンケートや写真の提供などをお願いするというものです。

現地の最新の情報を把握するために有効な手法で、生の声を得やすいため、感覚的な情報を得たい際には活用したいところです。

ヒアリング

ヒアリング調査は、現地や日本を問わず行える手法です。

自社商品についてのユーザーインタビューや、普段の生活に関するアンケートなどに答えてもらい、企画のブラッシュアップや商品の改善を進めていくことができます。

会社が解決すべき課題、強みにできる部分などを現地の人から聞くことができるため、新しいビジネスチャンスを創出する機会人もなり得ます。

店頭調査

店頭調査は、小売店の海外出店を検討している場合におすすめです。調査員を派遣し、現地に居住するターゲットが実際に利用する現地の店舗において、販売されている商品をリサーチします。

現地の価格や競合店についてしっかりと理解しておくことで、出店後の価格設定の目安となるほか、売上の予測などもに活用できるでしょう。

体験モニター調査

ホームユーステストとも呼ばれる体験モニター調査では、海外展開しようとしている自社製品やサービスをターゲットに試用してもらいます。一般的な流れとしては、ターゲットの自宅へ商品を郵送し、一定期間が終了した後にアンケートを回収することが多いでしょう。

ターゲットからのリアルな声が聞けるため、商品やサービスの改善方法を明確に掴みやすいことが特徴です。

覆面調査

ミステリーショッパーとも言われている覆面調査では、一般消費者を装った調査韻を派遣し、事前に通達された項目について調査します。調査内容の例としては、商品やサービスの質、商品に関する情報、接客評価などが挙げられます。

実店舗で行うケースが多いようですが、インターネットを使った通販などでも覆面調査は行われています。

専門家へのヒアリング

進出を検討している国や地域について精通する専門家を見つけ、必要な情報をヒアリングする調査方法もあります。専門家の実際の経験や失敗談を通し、海外進出に対する現実的な課題が見えやすくなるでしょう。

豊富な実績を重視して海外調査を進めたい、失敗談から今後の対策を考えていきたい、などの場合に、専門家へのヒアリングがおすすめです。

海外市場調査にかかる費用相場・目安

ここからは、海外市場調査でかかる費用の相場や目安について解説します。ただ高額な費用を支払えば良いわけではないため、費用効果の高い調査を行えるようにしましょう。

海外市場調査の費用相場と変動ポイント

海外市場調査は、調査する内容や集めるサンプルの数によって調査費用が変動します。また、調査期間が長くなるほど費用も高額になるため、より本格的な情報を得るためには、それなりの費用が必要です。

外部データを使った市場の分析や現地ユーザーの分析、競合他社の分析を行うのであれば、最低でも1ヶ国あたり約400万円ほどの費用が必要になるでしょう。そのため、複数の国の市場調査を行う必要がある場合、数百万〜数千万円と高額な調査費用を支払わなければなりません。

調査手段には、自社のリソースで調査を行ったり、調査会社に現地調査を依頼したりする方法がありますが、いずれも人件費や移動費、滞在費が発生してしまいます。少しでもコストを抑えたいのであれば、インターネットを使って調査を進めるか、現地に住んでいるユーザーに調査を依頼することで調査にかかる費用を抑えられます。

また、ターゲットへの簡易的なインタビューやデスクリサーチなどによる海外市場調査でも費用を抑えることが可能です。これらの方法を組み合わせることで、1か国あたり100万円前後から調査できるでしょう。

多くの調査資料を集めても、それを活用できなければ意味がないため、自社が求める調査結果を得られる方法で実施することがポイントです。

調査内容別に見る費用相場一覧

ここでは、調査内容ごとに海外市場調査にかかる費用を紹介します。費用の目安と合わせて、調査期間やサンプル数の目安についてもまとめましたので、調査方法を検討する際の参考にしてください。

調査内容調査費用目安調査期間サンプル数
店頭調査3万円〜1ヶ月〜1
インターネット調査5万円〜(20万円〜)3日〜500(5,000)
デプスインタビュー40万円〜1ヶ月〜5
郵送調査50万円〜(100万円〜)2ヶ月〜100(500)
街頭調査50万円〜1ヶ月〜100
電話調査50万円〜1ヶ月〜100
覆面調査50万円〜2ヶ月〜30
体験モニター調査150万円〜2ヶ月〜100
訪問調査200万円〜(500万円〜)2ヶ月〜100(500)

このほかに、複数の国を同時に調査したい場合は、次のような調査を依頼できるケースもあります。

調査内容調査費用目安調査期間サンプル数
簡易調査100万円〜2ヶ月〜1ヶ国
複数の調査方法を用いて、各国の本格的な情報を収集する300万円〜2ヶ月〜1ヶ国
1,000万円〜6ヶ月〜4ヶ国程度
2,500万円〜6ヶ月〜10ヶ国程度

このような調査方法がありますが、調査結果を活用するためには時間や知識、分析力が必要です。たくさんの費用を投じれば自社の求める結果が出るとは限らないため、得られたデータの活用方法についても考えた上で、適切な方法で調査を始めることが欠かせません。

また、調査結果によっては海外進出すべきでないと判断される場合もあるため、調査費用が大きな損失となってしまう可能性もあることを押さえておきましょう。

調査結果を有効活用するためのノウハウを知る

海外市場の調査によって得られたデータは、正しく活用することで初めて価値を持つようになります。

経営戦略の策定

海外市場調査から得られた結果を元に、海外進出の戦略を固めていくことができます。

日本での戦略とどのように差別化していけば良いのか、潜在的な顧客のスケールはどれくらいなのかなど、入手したデータから様々な予測を立てられるでしょう。

商品のローカライズ

自社商品についてのヒアリングを行えば、現地へ商品を輸出する際、どのように改善すればさらなる集客が得られるのかを考えることが可能です。

ネーミングを現地でもわかりやすいように改善したり、パッケージデザインを現地向けに変更したりと、消費者に寄り添うローカライズを実現しましょう。

調査結果を効果的に活用するためには、まず正しく分析するノウハウを得る必要があるでしょう。また、得られたデータから海外進出の戦略を立てる際には、当社の会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セットが役に立つかと思います。

海外市場調査を実施する際の注意点

海外市場調査を行う際の注意点として、次の5つがあります。

  • 調査の目的を明確にする
  • 目的に合った調査方法を取り入れる
  • 各国で適した調査方法を取り入れる
  • 調査のスケジュールには余裕を持つ
  • 調査結果を活用する方法を考える

1つずつ解説しますので、ポイントを確認していきましょう。

調査の目的を明確にする

1つ目の注意点として、海外市場調査を行う目的を明確にすることが挙げられます。

調査目的は企業によって異なり、本記事で挙げたものだけでも次のような種類があります。

  • 海外の消費者の動向を知りたい
  • 海外の競合他社の動向を知りたい
  • 自社商品に現地ニーズがあるかを知りたい
  • 現地の規則や法律・商習慣など文化を把握したい’
  • 現地に強いパートナー企業を知りたい
  • 自社の強み・弱みを再確認したい

目的を明確にした上で調査を行わなければ、マーケティングに活かせる情報を得ることはできません。そのため、なぜ自社が海外の市場を調査したいのかについて再確認し、意味のある調査を行うことがポイントです。

目的に合った調査方法を取り入れる

2つ目に、自社の目的に合った調査方法を取り入れることが挙げられます。調査の目的が明確になったら、目的を達成するために適切な調査方法を用いて調査を進めましょう。

調査方法にもさまざまな種類があり、次のような方法が挙げられます。

  • デスクリサーチ
  • 現地調査(アンケート調査)
  • ヒアリング
  • 店頭調査
  • 体験モニター調査
  • 覆面調査
  • 専門家へのヒアリング

調査方法によって得られるデータは異なり、多くの定量的なデータを集められるものから、母数こそ少ないものの定性的でより踏み込んだデータを得られるものまでさまざまです。目的に合わせて効果的な調査を行いましょう。

各国で適した調査方法を取り入れる

3つ目に、各国で適した調査方法を取り入れることがポイントとして挙げられます。目的に合った調査方法を選ぶことはもちろん、国ごとのネット環境の普及度合いなどを理解した上で、適切な調査方法を取り入れましょう。

日本国内における調査方法は、オンラインによる調査が約半数を占めていますが、海外でも同じようにオンライン調査がメジャーであるとは限りません。

インターネット環境を使える人が限られている東南アジアなどでは、日本国内では比較的少なくなっている、対面でのインタビューや電話による調査が多く取り入れられています。

調査のスケジュールには余裕を持つ

4つ目の注意点として、調査のスケジュールに余裕を持つことが挙げられます。海外向けに行う調査は、どうしても国内調査よりも長い期間がかかってしまうことが特徴です。

その理由として、次のようなものが挙げられます。

  • 時差によって現地スタッフとのレスポンスが遅れる
  • 調査や調査結果の翻訳作業が発生する
  • オンライン調査ではなく既存の方法で調査する必要がある

現地スタッフとのやり取りや現地ユーザー向けの言語への変換など、日本国内ではスムーズに進められる手順で時間がかかってしまうため、余裕を持って調査を進めることが欠かせません。

調査結果を活用する方法を考える

5つ目に、調査で得た結果を活用する方法について考えることが大切です。せっかく海外市場を調査しても、どのようにデータを活用していくかが明確でなければ、調査にかかったコストが無駄になってしまいかねません。

調査結果を効果的に活用するためには、まず正しく分析するノウハウを得る必要があるでしょう。また、得られたデータから海外進出の戦略を立て、日本に向けたビジネスとは何が異なるのか、どのようなアプローチをしていけば競合他社と差別化できるのかなどを考えることがポイントです。

そのほか、調査結果から自社商品の改善点を考えたり、現地向けの販売方法や好まれる商品のデザインに変更したりすることも必要になるでしょう。

海外市場調査のご相談はLIFE PEPPERへ

LIFE PEPPERでは、海外マーケティング1,000社以上の実績をもとに、全世界に対応した海外市場調査をサポートいたします。

現地への参入やインバウンドでの集客効果を高めるために、ターゲットへのアンケートやインタビューを行い、マーケティングに効果的な調査の実施が可能です。

「現地でどのようなマーケティングを行うべきか知りたい」「ターゲットのニーズについて深く理解したい」「進出すべき国が分からない」などでお悩みの際は、こちらよりお気軽にお問合せください。

おわりに

海外の市場調査は、直接企業の利益にはつながらないものの、そこで得られるデータには確かな魅力が存在します。

得られたデータを有効活用するためのアプローチを考え、最大限リサーチを活用していきましょう。

LIFE PEPPER では、海外マーケティングに役立つ基礎知識やノウハウをまとめ、50種類以上のお役立ち資料を公開しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

⇒50種類以上の海外マーケティングに役立つお役立ち資料集
Category Category

海外全般・英語圏の関連記事