中国向け SEO 対策サービス | (株)LIFE PEPPER|600社の海外/訪日ビジネス支援実績


中国向けSEO対策は検索エンジン「百度」を使う


SEO対策は、マーケティング手法のなかでも「見込みのあるユーザーが、自ら情報を集めている」という初期段階でアプローチできるため、コンバージョン率の向上も期待できます。

中国向けのSEO対策は、訪日中国人の店舗への集客はもちろん、中国現地での商品の販売強化にも効果があります。そのため、インバウンドやアウトバウンドに関係なく利用できるプロモーション手法です。

中国向けのSEO対策でかならず知っておきたいのが、「百度」(バイドゥ)という検索エンジンです。百度は中国でトップシェアの検索エンジンで、中国では77%もの高い利用率を誇っています。(2016年時点)

中国に向けたSEO対策を行う時は、百度で情報を収集しているユーザー(見込み客)に対して、来客や商品購入などのコンバージョンを狙っていきます。

中国でマーケティングを行うと、影響力のある人を起用する「インフルエンサー施策」や、中国で人気のSNSを利用した「SNS施策」などが注目されています。

SEO対策は効果が出るまでに時間が必要なので、上記2つの施策に比べるとコストはかかります。ただ、その分成果が上がりやすいためおすすめの施策です。

このサービスについてもっと知りたい方へ

多言語SEO対策について無料相談する

SEO対策には「内部・外部・コンテンツ」がある

中国向けのSEO対策の場合、中国語対応のWebサイトを使い「百度」でSEO対策を行っていきます。

中国語でのSEO対策は国内向けと同じく、内部・外部・コンテンツという3つのポイントが重要となります。

中国向けのSEO対策に立ちはだかる2つの壁

中国向けのSEO対策は、基本的には国内におけるGoogleのSEO対策と似ています。ただ、中国の場合は「検索エンジンに認識される」までの手順が複雑なので注意が必要です。

①中国政府による情報規制
中国では検閲されたコンテンツのみが、Web上に公開される仕組みになっています。つまり、GoogleのSEO対策と同じように中国語でWebサイトを制作しても、すぐに百度の検索結果に表示されるわけではありません。

②SEO対策には中国のライセンスが必要
中国百度でSEO対策を行うには、法人のライセンスが必要となります。ライセンスは中国に法人を持っている企業にのみ発行されるため、日本国内にしか法人を持っていない企業はSEO対策が行えません。

上記のように、中国百度で行うべきSEO対策はGoogleとは異なります。検索エンジンへの登録後だけではなく、登録前から中国独自のSEO対策が必要なのです。

中国に限らず、海外でSEO対策をする場合は各国に合わせて個別に対応していく必要があります。中国以外の国については、以下の図にまとめております。

このサービスについてもっと知りたい方へ

多言語SEO対策について無料相談する

中国百度SEO対策の注意点

百度に登録するための3ステップ

まずは中国百度の登録前に必要な手順を、3ステップでご紹介します。

①「工業和信息化部」へWebサイトの構築申請をする
工業和信息化部(以下中国工信部)とは、中国国内の通信業界を統制する政府機関。中国では国内で利用されるWebサイトは一括で管理されているので、中国工信部へサイトの構築申請を提出する必要があります。申請が通れば、ユーザーが閲覧できるようにWebサイトを適切に表示できます。
中国工信部WEBサイト:
http://www.miit.gov.cn/

②百度へサイトのインデックスを依頼する
中国工信部への申請が終われば、次は百度の検索エンジンに登録する「インデックス」を依頼します。依頼は、百度のインデックス依頼ページ(http://zhanzhang.baidu.com/linksubmit/url)へアクセスし、自社のWebサイトURLを入力してサイトの存在を百度に知らせます。

③サイトマップの送信
サイトマップとは、各Webサイトの構造を示したもの。サイトマップを示すファイルを作成し、百度に送信します。

検索エンジンでは、検索順位を修正するために「クロール」という評価作業がありますが、百度の場合はGoogleより頻度が低いです。そのためWebサイトを変更した時は、こまめなサイトマップの再送をおすすめしています。

百度登録後に検索順位を上げるには「metaタグの設置」がポイント

中国百度における検索順位の評価方法は、基本的にはGoogleと似ています。例えばtitleタグやh1、h2といった見出しタグに狙っているキーワードを盛り込むところはGoogleと同様です。

ただ、Webページの情報を検索エンジンに伝える「metaタグ」はGoogleと百度で大きく違います。百度の場合は、このmetaタグの情報が直接表示されます。

つまり中国百度でSEO対策を行う場合は、Webサイトでmetaタグの設置が必須となります。Googleではmetaタグがランダム表示されますが、直接表示される百度は自分でコントロール可能。そのため、マーケティング施策判別に必要なA/Bテストにも最適といえます。

このサービスについてもっと知りたい方へ

多言語SEO対策について無料相談する

中国向けSEO対策のポイント

内部対策編:言語ごとにドメインを分ける

中国語をはじめ多言語でSEO対策をしていきたい場合、LIFE PEPPERではドメインを分けることをおすすめしています。

多言語のサイトが同じドメイン内にあるということは、複数の言語が混在している状態となります。百度のコンテンツ評価アルゴリズムはGoogleと似ており、ドメインごとに「対象となるキーワードで有力なサイト」という評価を行います。

そのためドメインが混在した状態のWebサイトでは検索エンジンが適切に評価されないこともあり、機会的損失となってしまうのです。

つまり多言語サイトの分け方次第で、その後の自社サイトの成果が左右されるともいえます。

なるべく費用や工数を抑えてSEO対策したい場合やSEO対策を積極的に行わない場合は、同じドメインの中でディレクトリを作る方法もあり、管理も比較的楽になります。ただ、将来的に多言語SEO対策を進めていく場合はデメリットが発生してしまいます。

工数削減を重視するならドメイン内の混在も仕方ありませんが、SEO対策の成果を最大限に出したいなら、以下のようにドメインを分けましょう。

外部対策編:機械翻訳を多用しない

SEOにおける外部対策は、自社コンテンツ情報の拡散・転用などコンテンツをシェアしてもらう必要があります。参照元リンクをもらったりSNSでシェアしてもらったりと外部にアクションを起こしてもらう必要があるため、自社で行いにくい施策です。

SEOの外部対策では、「機械翻訳によるコンテンツの大量生産」を行う日本企業が多いのですが、実はSEO対策としては間違いなのです。

コンテンツを機械翻訳すると、以下のような多数のデメリットが発生します。

日本語では素晴らしいコンテンツであっても、機械翻訳で中国語に作り変えると魅力が半減してしまうのです。

100%機械翻訳で制作したコンテンツは、どうしてもユーザーが読むと理解しにくいです。そのためコンテンツから離脱する人が出たり、「言語レベルが怪しいからシェアしない」と判断されたりします。

機械翻訳に頼った低品質のコンテンツを量産すると、「シェアされない」「途中で離脱され他のサイトに移動してしまう」という現象が置き、中国向けSEO対策の足を引っ張ることにもなるのです。

人に翻訳を依頼すると、機械翻訳よりコストは上がります。長期的に見れば、目先のコストダウンで低品質な記事を量産するよりも、多少コストをかけてもコンテンツの品質を維持することをおすすめします。

コンテンツ編:中国の検索語句に合わせて作成する

機械翻訳に頼らず人が翻訳する場合、「日本語のコンテンツをそのまま中国語に翻訳する」という方法を多くの企業が採用しています。

コンテンツをそのまま翻訳するのはコスト削減になりますが、「中国で最大限のSEO対策効果が欲しい」という場合には良い方法とはいえません。

コンテンツをそのまま中国語に翻訳する場合は、基本的には以下の手順で行います。
①日本語コンテンツを中国語にそのまま翻訳する
②タイトルや見出しなどを、中国のSEOキーワードに合わせる

上記の手順は簡単ですが、SEO対策の効果を最大限に狙うなら以下の手順が必要です。
①見込み客が検索しているキーワードを洗い出す
②検索意図の調査・予測
③検索意図をくみ取ったコンテンツの企画・作成

同じ検索キーワードでも、日本と中国では意図が違うこともあります。中国向けのSEO対策で効果を上げたいなら、本来は中国現地でユーザーが調べているキーワードを洗い出して、検索意図に合わせた記事作成を行うべきなのです。

このサービスについてもっと知りたい方へ

多言語SEO対策について無料相談する

LIFE PEPPERが提供できるSEO対策サービスについて

海外SEOを得意とするLIFE PEPPERでは、企業様が達成したいマーケティングの目標に合わせたSEO対策をサポートします。

「現在のWebサイトが中国のSEO対策に適していない」という場合もご安心ください。Webサイトの大改修からLIFE PEPPERがサポートしますし、Webサイトの改修後は中国の検索方法に適したSEO対策コンテンツ作りをお手伝いいたします。

LIFE PEPPERは、主に以下の範囲をサポートいたします。
・中国のSEO対策に合わせたWebサイトの制作
・SEO戦略の策定
・SEO対策に効果的なキーワードの調査
・コンテンツ作り
・検索順位や成果の測定
・結果のレポーティング

LIFE PEPPERに中国SEO対策を依頼するメリット3選

①複数のノウハウのシナジー効果
中国人ブロガーとのプロモーションやリスティング広告のノウハウを掛け合わせ、相乗効果のあるSEO対策サービスのご提供が可能
②国内のSEO対策成功事例も多数
LIFE PEPPERのWebサイトでは、海外マーケティングのキーワードで上位記事を多数獲得
③中国のネイティブな環境を熟知
多数の中国人スタッフが在籍しており、本場中国の検索状況を熟知。また、社内の半数以上がトリリンガルというグローバルな環境が特長。

このサービスについてもっと知りたい方へ

多言語SEO対策について無料相談する

LPで解決できる課題・お悩み

以下のお悩みを持っている企業様は、LIFE PEPPERが提供する中国向けSEO対策サービスにご満足いただけます。
・費用をなるべくかけず、継続的に中国人集客効果などの成果を出したい
・長期的に大きな投資対効果のある施策をしたい
・広告のように資産を蓄積できないプロモーション以外で対策をしていきたい
・Webサイトの制作とプロモーションをトータルで支援してほしい
・自社商材のニーズがある見込み客にポイントを絞ってアプローチしたい
・プロモーションに精通しているマーケティング会社に依頼したい

サービスの流れについて

①お問合せ
②課題やお悩みのヒアリング
③中国向けのSEO対策に必要な項目を分析
④弊社が考えるSEO対策プランのご提案
⑤プランの実行(Webサイト改修やコンテンツの制作)
⑥検索順位の測定結果などをご報告
⑦継続的なコンテンツの作成

このサービスについてもっと知りたい方へ

多言語SEO対策について無料相談する

LIFE PEPPERの他のサービスを見る