WeChat運用でこのようなお悩みありませんか?

  • WeChatの運用方法がわからない
  • 社内に言語対応できるスタッフがいない
  • 外国人集客のノウハウがない
  • 現地のパートナーとの意思疎通が難しい
  • 中国での効果の出るプロモーション手法がわからない
  • 中国市場における最新情報を収集する方法がない

WeChat運用代行サービスの特徴

1. ビジネス全体を俯瞰した上での戦略的なご提案

弊社は年間600社の海外案件をサポートさせていただいております。その経験を元にお客様のビジネスのフェーズや目的に合わせてご提案をすることが可能です。

2. ネイティブマーケターが運用代行

中国出身のネイティブマーケターが運用を行いますので、中国現地のインサイトに合わせたWeChat運用が可能です。

3. 一気通貫した施策の設計および実施

多くの広告代理店が個別施策の実施に留まる中、弊社はビジネス全体を俯瞰した上で、WeChat運用代行だけでなく、WEB広告、インフルエンサープロモーション、Webサイト制作、などの施策を組み合わせた総合的なご提案が可能です。

WeChat運用代行サービスの流れ

1.アカウント設定

WeChat運用を通じてビジネスの結果を出すために、貴社のマーケティング・事業戦略などをお伺いし、ビジネス全体におけるWeChat運用の位置づけを擦り合わさせていただきます。

2. クリエイティブ制作

弊社のクリエイターが貴社のビジネスの目的に合わせた貴社だけのクリエイティブを制作いたします。このステップがWeChat運用で成果をだすために最も重要なポイントとなります。

3. 運用開始

アカウント設定およびクリエイティブを確認していただいた後、運用を開始いたします。

4. 効果検証

ユーザーのリアクションを見ながら、クリエイティブの効果検証を行います。そこで出た仮設を元に、PDCAを回してアカウントを改善します。

WeChat運用の活用例

  • 航空会社の活用例

国内大手の航空会社では、WeChat内にアカウントを作成して、アカウント内で様々なお知らせなどを行っております。

  • 生活雑貨ストアの活用例

国内大手の生活雑貨ストアでは、企業アカウント内でコラボの告知や商品の紹介などを行っております。ここでの告知はLINEの企業アカウントのように自社に興味関心が高いユーザーに対して、アプローチすることが可能となります。

WeChatとは

WeChat(微信)はメッセージアプリの1つで、中国のLINEという位置づけです。2018年度の月間ユーザーが10億人を突破し、約13億人の人口を抱える中国のほぼすべての人にリーチできる媒体となっております。WeChatは単なるメッセージアプリという枠組みを超えて、中国ではQRコードの利用が日本と比べてかなり行われているが、このQRコードを読み取る際に多くの人がWeChatを利用します。その他にも、WeChatPayなどが広く普及しており、中国におけるプロモーションでは欠かせない媒体の一つです

WeChat出店代行サービスの利用料金

基本的にアカウント開設費、商品掲載費および保守運用費を頂いております。まずはお気軽にご相談ください。

LIFE PEPPERが提供する中国向けサービス一覧

LIFE PEPPERはWeChat運用代行サービス以外にも複数の中国向けプロモーション施策の実行が可能です。ご相談いただければ、貴社のマーケティング・事業戦略などをお伺いし、ビジネス全体を俯瞰した上での戦略的なご提案が可能です。東南アジア向けのマーケティング等で課題感がございましたら、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

WeChat運用代行サービスのよくあるご質問

Q WeChatのアカウント開設にかかる期間はどの程度ですか?

A 一般的にはご契約から公開まで3ヶ月を頂いております。

Q まだ相談したい内容が漠然としているのですが、相談可能でしょうか?

A 問題ございません。貴社のマーケティング・事業戦略などをお伺いし、ビジネス全体におけるWeChat運用代行サービスの位置づけを擦り合わせることが可能です。

Q WeChatを運用して効果がでないことはありますか

A 確実に成果が出るとは断言できませんが、弊社は常に創業以来培ってきたノウハウを元にベストプラクティスな提案をさせていただいております。仮に成果が出なかった場合でも、現地目線で検証と改善をスピーディーに回すことで、トータルでの成果出しには確実に寄与できるものと考えています。

03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)