中国で動画広告はなぜ人気?そのメリットをご紹介

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

中国では多くの動画共有サイトや配信プラットフォームが登場し、映像コンテンツの消費が加速しています。

それに伴い、現地で注目を集めるようになっているのが動画広告です。今回は、現地で動画広告が人気の背景や、運用のメリットについて、ご紹介します。

活況を迎える中国の動画市場

現在、中国では動画市場が活況を迎えています。というのも、現地では数多くの動画プラットフォームが成立し、それぞれのサービスで多大なユーザー獲得に成功しているためです。

世界的人気を誇るTikTok(抖音)

現在、中国発の動画配信サービスとして最も勢いがあり、世界中で話題となっているのがTikTokです。

一本当たり数十秒から数分程度のショート動画を撮影し、自在に編集してユニークな映像を作れる仕組みが話題となり、10~20代の若年層を中心に人気が出たサービスです。

近年はファミリー向けのコンテンツも増えたことで、30~40代のユーザーも増えているということで、ユーザーの多様化による長期的な運用が期待できます。

月間アクティブユーザーの数は2021年時点で6.9億人と、2020年の4.6億人から大幅に人口を増やしているのが特徴です。

参考:enjoyJapan「【2021年3月更新】中国10大SNS最新ユーザー数まとめ」
https://enjoy-japan.jp/column/chinesesns-user-data#%E6%8A%96%E9%9F%B3%EF%BC%88TikTok%EF%BC%89%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E7%89%B9%E5%BE%B4

Bilibili(ビリビリ)上場でグローバル進出も

Bilibiliは日本で言うYoutubeやニコニコ動画に近い動画共有サイトで、スマートフォンからの利用だけでなく、PCからのアクセスも多いサービスです。

2009年よりサービスを開始しているなど、比較的歴史のあるBilbiliでは当初こそ違法アゥtぷロードされたアニメなどが共有されていたものの、近年はオリジナルコンテンツの強化にも取り組み、中国を代表する動画サイトとして注目されています。

2018年には米国株式市場のNASDAQ上場、2021年には香港市場へ重複上場し、その経済的価値を現在進行形で高めています。

参考:Bloomberg「中国ビリビリが香港重複上場へ、約3300億円規模-関係者」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-12/QPUGTJDWX2PY01

中国版YoutubeのYouku(優酷)

Bilibiliと並び、中国版Youtubeとして評価されてきたのがYoukuです。その歴史は古く、2006年よりサービスを開始し、2021年で開始から15年が経とうとしています。

本家であるYoutubeが2005年から開始ししていたことを考えると、非常に先進的な取り組みであったことがわかります。

2013年に黒字化を達成して以来、赤字続きが懸念されていましたが、2015年にはアリババグループに買収され、現在もアリババ傘下のサービスとして運営が続けられています。

他の動画サービス同様、オリジナルの動画コンテンツを配信しており、近年はストリーミングサービスとしてのポジションの確立を進めています。

百度が運営するiQIYI(愛奇芸、アイチーイー)

大手SNS「Baidu(百度)」を運営する百度傘下のサービスとして、近年注目されているのがiQIYIです。

iQIYIは中国版Netflixとも呼ばれているストリーミングサービスで、サブスクリプション契約を結ぶことで、様々な動画コンテンツを楽しめます。

近年は本家Netflixとのパートナーシップ関係も結び、NetflixのコンテンツもiQIYI経由で使用することが可能になっています。

参考:DIGIDAY「Netflix、中国進出へ:バイドゥ傘下の配信サービスと提携」

Netflix、中国進出へ:バイドゥ傘下の配信サービスと提携

また、東南アジア市場では中国のオーディション番組の人気が高まっていることから、現地に独自の芸能事務所を設立するなど、影響力の拡大が進んでいます。

このプロジェクトにはNetflixの元幹部も関わるなど、アジアにおける一台プラットフォームとしての地位を高めています。

参考:36Kr Japan「元Netflix幹部らが仕掛ける、 愛奇芸(iQiyi)独占配信の東南アジア・タレント発掘番組が大人気」

元Netflix幹部らが仕掛ける、 愛奇芸(iQiyi)独占配信の東南アジア・タレント発掘番組が大人気

中国で動画広告が人気の背景

数多くの動画配信サービスが登場したことで、それに伴う動画広告の配信も盛んに行われるようになりました。

これだけ動画サイトや広告事業が盛んになったのには、どのような背景があるのでしょうか。

スマホやサービスの普及

一つは、スマホや動画サービスが多くの中国人に行き渡るようになったことです。

中国には現在、およそ9億3,400万人ものインターネット利用者が存在し、その数は現在も増加傾向にあります。

中国の人口は14.4億人とされているため、利用者の数は7割程度に達していることがわかります。

参考:DATAREPORTAL “Digital 2021: China”
https://datareportal.com/reports/digital-2021-china

加えて、中国では通信インフラの改善やスマホの普及は今でも行われており、まだまだ増加率に伸び代が見られる市場です。

動画サービスも続々と登場していく中、今後もその存在感を増していくことになるでしょう。

インフルエンサーの活躍

もう一つが、インフルエンサーの活躍です。

SNS上で絶大な影響力を誇るインフルエンサーは、写真はもちろん、動画を活用したフォロワーの獲得が顕著になっています。

TikTokではまさにショート動画を活用したインフルエンサーが次々と登場しており、影響力を拡大しています。

企業のPVや商品紹介も動画を使って行うなど、映像コンテンツが活躍する場は広がっていると言えます。

中国で動画広告を運用するメリット

このように、動画活用の場が広がっている中国へ動画広告を配信することで、どのようなメリットが期待できるのでしょうか。

豊富な情報を提供できる

一つは、映像コンテンツならではの情報量に魅力があります。写真やテキストとは違い、動画広告は視覚や聴覚をうまく活用しながら、豊富な情報を提供できます。

動的な映像は視聴者に印象的な体験を届けられるため、感覚的に深い理解を視聴者に促せます。

SNSで話題になることも

動画は映像コンテンツというだけで目立つので、SNS上でも印象に残りやすいのが特徴です。

単なる画像よりも情報量が多く、うまく見せ方を工夫できれば、SNS上の口コミで話題となることも期待できます。

SNSはこちらが広告費用を支払わなくとも、口コミで無数のユーザーに拡散される可能性を秘めています。

SNSの特徴も理解することで、動画広告のパフォーマンスを高められます。

動画広告の種類

最後に、動画広告にはどのような種類のものがあるのかについても確認しておきましょう。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、その名の通り動画をストリーミングしているスクリーン上に表示されるタイプの動画広告です。

動画が再生される前、途中、最後に配信されるというもので、最も印象的な体験を提供するタイプの広告です。最も動画広告としてはスタンダードな方法で、多くの企業が採用しています。

用意されている尺については様々ですが、大抵の場合5~15秒程度の広告が一般的で、数分にわたる長い動画は数秒後にスキップできる仕様となっています。

インバナー広告

インバナー広告は、従来のバナー広告のスペースで動画を配信し、印象的な広告体験を提供する方法です。

基本的にはテキストや画像での配信がメインですが、近年は動画を配信するケースも増えてきています。バナーのサイズは小さいため、ダイナミックな表現は難しいものの、シンプルに、短時間で楽しんでもらえる映像を作成し、動的なコンテンツを届けられます。

気になった商品紹介はそのままクリックし、公式サイトへジャンプできるのも魅力です。

インリード広告

インリード広告は、Webページをスクロールした際にページの途中に挟まる広告枠のことで、こちらもインバナー同様、動画を使った広告があしらわれるケースが増えています。

主にスマホユーザーを想定した広告手法の一つで、広告にユーザーがたどり着いた瞬間、動画が再生されるのが特徴です。

インバナーのようにページを開いた途端再生される動画広告ではないため、重要な情報を見逃してしまう心配もありません。

さりげなくユーザーの目にするような導線が用いられれており、高い効果を発揮すると言われています。

おわりに

中国では動画プラットフォームが次々に登場し、その影響力は世界中にまで及びつつあります。

同時に動画を使った広告配信にも注目されており、インストリーム広告をはじめ、多彩な手法で映像コンテンツが浸透しています。

各サービスをうまく使い分け、適切な手法で広告配信をすすめましょう。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)