News&Blog

韓国と日本のWebサイトを徹底比較!違いや特徴を解説

韓国と日本のWEBサイトには、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

本記事では、両国のウェブサイトについて、サイト構成やフォント、レイアウトの点から違いを分析し、特徴などを紹介しています。

本記事が、各国に適したWEBサイトを作成したい方の参考になれば幸いです。

日本と韓国のWebサイトを比較

日本と韓国のWEBサイトの比較で、まず最初に気がつくポイントはテキスト量の違いです。日本のWEBサイトはテキストが多く、WEBサイトを訪問した最初のファーストビューで多くの情報を取得できます。

一方韓国のWEBサイトでは、画像の割合が多く表示されており、テキストは少なめです。

両国のWEBサイト構成は、基本的な情報を取得したいと考える日本人と、見た目で惹きつけられる韓国人との違いを現しています。

日本のロッテ

日本のロッテのWEBサイトは、私達日本人が普段からよく目にするサイトの構成です。

サイト上段にグローバルメニューを設けて、一覧性を上げつつ、中央画面にて訴求ポイントを大々的に表示します。少し下へスクロールすると、企業からのお知らせやキャンペーンの通知がコンパクトにまとめられています。

下へスクロールするたびに、情報の粒度が細かくなる印象です。普段から見慣れているせいもありますが、日本式のWEBサイトは、ユーザーが見やすいようにコンパクトにまとめられているのではないでしょうか。見た目よりも実用性重視です。

https://www.lotte.co.jp/index.html

韓国のロッテ

韓国のロッテのWEBサイトは、日本版との違いが鮮明です。動画と見間違えるほどのショートムービーを背景に、伝えたい内容が中心に据えられています。

リンクバナーやテキストの設置も最小限です。まずは、見た目でユーザーの目を留めたいという意図が感じられます。

この大胆なサイト構成は、日本の企業WEBサイトではあまり見られません。国民性と文化の違いを如実に表しているといえる一例です。

https://www.lotte.co.kr/global/jp/main.do#firstPage

2.レイアウトの違い

日本のWEBサイトでよく見られるレイアウト構成は、各項目ごとに細分化されているパターンです。

トップページから各ページに遷移できるように、詳細項目にテキストリンクやボタンが多く配置されています。

一方、韓国のWEBサイトは日本ほど細分化されておらず、強調したい情報が真ん中に配置されています。余白は多く、スッキリした印象はありますが、日本のWEBサイトほど情報が盛り込まれていません。

日本のSAMSUNG

韓国が誇るグローバル企業SAMSUNGの日本サイトは、前出のロッテよりも更にテキスト量が多く、トップページに多くの情報を集約した構成になっています。日本企業に近い格調高いサイトデザインです。

純然たるコーポレートサイトの形式をとっている点が印象的です。

https://www.samsung-srj.co.jp/index.html

韓国のSAMSUNG

前出のロッテ韓国よりも、テキスト量はやや多く、ファーストビューの領域に項目やリンクボタンなど表示されていますが、やはり見た目を重視している印象が強めです。

日本のSAMSUNGサイトは、派手さを抑えつつ情報量を多めにしていますが、韓国SAMSUNGのWEBサイトは、画像にテキストやリンクボタンを添えています。ディスプレイを扱う会社でもあるため、ビジュアル重視が本来の姿なのかもしれません。

https://www.samsung.com/sec/

3.フォントの使い方の違い

日本のWEBサイトに使われるバナーは、漢字やかな、英語によって異なるフォントを使用します。異なるファンドごとに細かい技術を使っているため、華やかに見える反面、間違えると統一感がなく散漫な印象を与えてしまうため、注意が必要です。

一方で韓国のWEBサイトに使われる文字はハングルがほとんどを占めているため、使用されるフォントに統一感があります。

同じようなフォントを使いつつ、テキストサイズを調整してメリハリをつけますが、グラフィック技術を投入しにくいため、地味に見えるケースもあります。

日本のアイリスオーヤマ

フォントに注目して日本のアイリスオーヤマのWEBサイトを確認してみると、見出しや項目ごとにフォントが変更されており、メリハリが効いています。

細かく確認すると、ヘッダーや大項目、テキストまでフォントサイズや種類が細かく調整されていることがわかります。

日本語は漢字と平仮名、カタカナの3種類の文字スタイルがあるため、自然とフォントへのこだわりが身についているのかもしれません。

https://www.irisohyama.co.jp/products/bedding-interior

韓国のアイリスオーヤマ

韓国のアイリスオーヤマWEBサイトは、日本のWEBサイトに比べるとフォントのメリハリは少ないです。英語のサイトと同じような印象を受けます。

デザインの上では統一感があって見やすくまとまっていますが、バリエーションやメリハリの点では、日本のWEBサイトのほうが特徴的です。

それぞれの国のユーザーがフォントに対して、どのような反応を見せるのか、興味深いポイントです。

http://iriskorea.co.kr/sub/sub04_01.php

韓国向けのWebサイト制作におけるポイント

韓国のWEBサイトは、情報量の多さよりも、比較的見た目のわかりやすさを重視したサイトが多く見られます。

テキスト量が多く、ファーストビューで多くの情報が確認できるサイトよりも、見た目のキャッチーさを重視する国民性の違いが見て取れる結果です。

したがって、韓国向けのWEBサイト作成では、ユーザーへ見せたいもの、訴求したいサービスを明確にし、ファーストビューで全面に押し出すことが重要です。

テキスト量よりもビジュアルを優先し、リンクバナーやテキストは最小限に抑えておいたほうが良いでしょう。

1回で結果を求めずにユーザーの反応を見つつ、WEBサイトの改善を積み重ねていきましょう。

関連リンク:https://lifepepper.co.jp/korea/matome1/

韓国向けWebサイトの制作はLIFE PEPPER

LIFE PEPPERは創業以来、1,000社に及ぶ会社のマーケティングを手掛けてきました。海外マーケティングの中でも、韓国を始めとするアジア圏は得意とする地域です。

韓国へ向けて新しい事業を展開したいと考える事業オーナー様は、ぜひLIFE PEPPERにお任せください。

ご期待以上の成果をめざして、マーケティング施策に邁進してまいります。

関連リンク:https://lifepepper.co.jp/korea/korea-web-site-create-service/

まとめ

国民性に準拠してWEBサイト制作が進められるため、国ごとのWEBサイトの構成は思いのほか、異なる構成になっています。

韓国では、統一感がありすっきりとしたWEBサイトが好まれる傾向が強いです。主張したいサービスや商品は中心に据えられているケースが多く見られます。

日本国内のWEBサイトと同じレイアウト構成や、フォントスタイルにしていると、思うような成果は得られないでしょう。

WEBサイト制作にお悩みの方は、サイト制作の専門業者へ依頼してみてはいかがでしょうか。

Category Category

韓国の関連記事