NAVERのリスティング広告は何が違う?運用のポイントと注意点をご紹介

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

韓国に自社商品やサービスを売り出したいと思うものの、「韓国への広告の出し方がわからない」と悩んでいる企業様は多くいます。

韓国でリスティング広告を行いたい場合は、韓国最大の検索エンジン「NAVER」がおすすめです。

この記事では「韓国でのNAVERのシェア率」「マーケティングでの活用方法」「韓国人と日本人の検索習慣の違い」などを紹介していきます。

NAVERとは

NAVERは、韓国発の検索エンジンとしては最大のサービスです。仕組みとしてはYahoo!のようなポータルサイトの形式を採用しており、検索サービス以外にも様々な機能を利用できます。

また、検索エンジンはGoogleと全く異なるアルゴリズムを採用しています。SEOの仕組みや検索結果画面の表示も異なるため、改めて運用方法について理解しておく必要があります。

韓国でのNAVERの利用率

NAVERの利用率をグラフ化してみると、以下のような結果となっています。


NAVERは検索エンジンとして韓国では57%ものシェアを誇っており、Googleは33%程度にとどまっています。インターネットの普及率が高い韓国だけに、検索エンジンも多様なのが特徴です。

参考:Internet Trend「검색엔진」

http://internettrend.co.kr/trendForward.tsp

また、特定のキーワードについてはNAVERの方が検索回数が多いなど、Googleとの違いも明確です。

リスティング広告の運用を考える場合には、これらの特性も考慮することが求められます。

NAVERリスティング広告とは

NAVERリスティング広告は、平たく言えばGoogleリスティング広告のNAVER版となります。

検索した言葉に応じて広告を出すことができる、いわゆる検索連動型広告で、検索ユーザーに対して効果の高い広告を発信できます。

実際の表示方法については、黄色のバックグラウンドを用いて目立って表示される仕組みとなっているため、通常の検索結果よりも高いアピール効果を備えています。

Googleのリスティング広告は他の検索結果に同化してしまう傾向もありますが、NAVERではその心配もありません。

他にもNAVERではショッピング広告や旅行広告、コンテンツ広告など、様々な広告手法を活用できます。

必要に応じて、これらを使い分けられるのもNAVERの特徴です。

NAVERリスティング広告を行うべき理由

NAVER上で存在感のある広告効果を得るためには、まずリスティング広告を実施することが大切です。

というのも、NAVERではGoogleのようなSEO対策ができないためです。

NAVERではアルゴリズム上SEO対策しづらい

前述の通り、NAVERではGoogleとは全く異なるアルゴリズムを採用しているため、これまで培われてきているSEO対策のノウハウは正確に機能しません。

一般的に共有されているSEO対策は、Googleのアルゴリズムを基準とした対策方法です。一方、NAVERは独自のアルゴリズムで検索結果を表示しているため、従来の方法で取り組んでも効果を発揮しないためです。

Webサイトが上位に出るキーワードが極端に少ない

また、上位に表示させられるキーワードが極端に少ないことも、対策が難しい理由の一つです。

NAVERはコンテンツがカテゴリ分けされており、画像、ブログ、サイト、ニュースなどなど、50種類近くのカテゴリーがあります。

これらは同じカテゴリのものがまとまって表示されるのですが、検索される言葉によって、カテゴリの順番が異なります。

そして、「Webサイト」のカテゴリーは上位に出るキーワードが極端に少なく設定されています。その結果、SEO対策がしづらいというわけです。

韓国の企業はどうやって検索流入を獲得しているのか

このような条件の中、韓国の一般的な企業はどのように検索エンジンからの流入を獲得しているのでしょうか。

NAVERリスティング

一つは、やはりNAVERのリスティング広告です。

リスティング広告はお金を払う広告施策なので、検索アルゴリズムから受ける影響は小さく抑えられます。そのため関連キーワードに反応して、カテゴリーを無視して一番上の広告欄に表示させられます。

これによって、安定したユーザーへのアピールが可能となります。

ブログSEO

もう一つがブログSEO対策です。

NAVERにはいろんなカテゴリーがありますが、特に上位表示されやすいのがブログカテゴリーです。

人気のあるカテゴリのフォーマットに最適化し、商品や企業の紹介を行うことで、効率よくアプローチが可能です。

日本ではむしろ企業の公式ホームページなどの権威性が重視されるため、この点は違いが明白な部分でもあります。

NAVERリスティング広告の3つの特徴

ここで、NAVERのリスティング広告が持つ3つの特徴も理解しておきましょう。

部分一致設定ができないので、キーワード選定が大事

まず、広告のキーワード設定には部分一致の設定ができません。そのため、キーワードは網羅的に入稿を行わなければならず、その作業に苦労することもあるでしょう。

部分一致ができな炒め、単語の順番が前後してしまうと、アルゴリズムに別キーワードとして認識されることもあります。

Googleのように部分一致設定ができれば、順番の前後や、特定の言葉を含む全ての言葉などを網羅できますが、それができないのです。

そのため、Googleに慣れた人は多少の手間を感じることになるでしょう。検索されそうな言葉は全てあらかじめリストアップし、入稿作業に移る必要があります。

クロスドメイントラッキングができない

クロスドメイントラッキングというのは、別のURLサイトにまたがったデータの追跡が行える機能です。NAVERではこの機能を利用できないため、広告の効果測定が難しくなります。

広告施策の効果を把握したい場合、別のアプローチでシステムを構築する必要があります。ユーザーが最初に到達するページから、購入や予約の完了までを全て同じWEBサイト内で完結できる設定に仕上げるなど、サイト設定から仕上げることを忘れないようにしましょう。

代理店を通さないと広告開始できない

NAVERのリスティング広告は、NAVER社や韓国の代理店と直接連絡をして、アカウント開設を行う必要があります。

その際は日本語が利用できず、韓国語か英語でのやりとりが必須になります。グローバル対応ができない会社の場合は、専門のスタッフを別途確保するか、国内で韓国NAVERリスティングサービスを提供している会社に相談することが求められます。

まとめ

非常に高いシェアを獲得しているサービスである以上、韓国でのリスティング広告施策においてはNAVERが有効です。

ただ、そのアルゴリズムは独特で、Googleで培ったノウハウがあまり役に立たない側面もあります。特徴を理解してマーケティングを行わなければ、行った施策が無駄になる可能性も少なくありません。

また、韓国語を扱えるスタッフが常駐していなければ、アカウント開設はもちろん、広告設定などもスムーズに行えません。

そのため、NAVERへのリスティング広告を掲載する際には、正規の広告代理店に依頼することが大切です。

国内でNAVERリスティングのサービスを提供している企業は少ないものの、LIFE PEPPERでは柔軟な対応で日本企業のNAVER進出をサポートしています。

NAVERへの広告出稿をお考えの際は、お気軽にご相談ください。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)