News&Blog

台湾SEO対策のポイントと注意点の総まとめ 日本との違いも解説

台湾で新しいビジネスを展開する上で、WEBマーケティングはとても重要です。中でもコンテンツを上位表示させるSEO対策は欠かせません。

SEO対策がうまくいくと、WEB上から新しいビジネスを展開できるようになります。

本記事では、台湾のSEO対策の全容や、実際にSEO施策を行う時の注意点など、網羅的に紹介しています。

台湾で新しいビジネスを展開したいとお考えの方は、ぜひ記事内容をご確認ください。

台湾向けSEO対策をする前に考えるべきこと

台湾向けのSEO対策は、日本国内と異なり、注意すべきポイントがいくつかあります。ここでは主に2つの考えるべきポイントを紹介します。

アクセス数獲得の目的や導線の明確化

台湾SEO対策を行うにあたってまず考えておきたいことは、何のために台湾SEOを行うのか、という点です。漠然とPVを増やしたいという希望だけでは、他社と差別化を図ることはできません。

何のためにPVを増やしたいのか、仮に売上倍増を目的にしている場合、PVを集めたあとの確かな導線ができているかなど、確認すべきポイントはあります。

一つのプロジェクトをゴールから逆算する考え方を覚えると、目的の明確化や道筋の立て方をはっきりと習得できるようになります。

WEBサイトを立ち上げて収益を目指そうとするのであれば、目的とそこに至るまでの道筋を明確にできるよう、設計しておきましょう。

具体的なチェック項目

台湾SEOを始める前に確認しておきたいチェックポイントは以下のとおりです。

  1. アクセスからCVまでの導線がサイト内で構築できているか
  2. 何をどんなお客さまへ販売したいのか
  3. KGIについて即答できるほどの下調べができている

滞りなくSEO対策を進めるために、事前の下準備は抜かり無く行っておきましょう。

WEBサイトを立ち上げて収益を目指す際の目的とその道筋を明確にするための詳しいアプローチ方法については、「サービス紹介資料:海外向けSEO対策」をダウンロードして、専門の知見を得てください。

台湾のSEOの仕組み・アルゴリズムは日本と同じか?

台湾SEOの仕組みやアルゴリズムについて、気になるポイントを以下3つの項目にまとめました。SEOの基本的な考え方は日本のSEOと同じです。

関連リンク

記事のクリック

記事のクリック率が高い記事は、検索ニーズに適したワードが選定されているとして、検索順位は高くなります。しかし、キーワードの羅列だけでは、コピーコンテンツと見なされ、順位表示されなくなるため、注意が必要です。

どこまで記事が読まれているか

検索ユーザーの要望に応えているサイトでは、ユーザーの滞在時間が比較的長くなります。しかし、見やすい記事構成によってすぐに疑問が解決されるケースもあります。その場合、滞在時間は短くなるため、あまり気にしすぎる項目ではありません。

どのポイントでユーザーの要望を満たしているか?という点が重要です。

WEBサイト内の回遊率

記事そのものというより、WEBサイト全体の質に関わる数値です。ユーザーは最初の記事で疑問を解決した後、同じサイト内に興味をもたらすコンテンツがあれば、引き続き他のページも確認するでしょう。

サイト内の回遊率が高いと、改めてサイトを訪問してくれる可能性も高まります。

台湾SEOの具体的な仕組みやアルゴリズム、最適化に関する詳しい情報を知りたい方は、「サービス紹介資料:海外向けSEO対策」をご参照ください。

台湾向けSEO対策で成功するポイント

基本的なSEOに対する取り組み方は日本と同じですが、台湾SEOを成功させるには、言語の最適化が必要です。

検索エンジンの言語の最適化について、詳細を紹介します。

関連リンク

Googleの言語設定で検索結果が変動する

日々、Googleを使う上で検索言語を気にしている人はほとんどいないのではないでしょうか。Googleは、検索設定言語によって、検索されるコンテンツにかなりの違いがあります。

検索ワードによっては大きく変わることもありますので、台湾のSEO対策を行うにあたっては、まず検索言語を最適化しましょう。

Googleの地域設定は台湾に設定する

言語を中国語繁体字に設定しただけでは、正しい検索結果を得られません。地域設定を台湾に設定しなければ、シークレットモードを使ったとしても、正しい検索結果は得られないでしょう。

日本のIPアドレスから検索と、台湾のIPアドレスからの検索では、どの程度の違いが表れるのかは未知数ですが、少なくとも地域設定が日本のまま検索するよりも正しい検索結果を得ることができます。

まずは、日本から台湾SEO対策を行うと想定した時に、できることを中心に進めていきましょう。

PCに複数のブラウザを導入するのが効果的

できれば、台湾のGoogle検索用に、中国語のブラウザを使うことが好ましいです。

検索結果の順位は繁体字検索と異なるためです。

検索順位追跡ツールのGRCでは、1位に表示されているのに繁体字で検索してみると、全く順位表示されていない、ということもあります。検索順位の確認は、繁体字を中心に行いましょう。なお、GRCを使う場合は、GRC-Wを使って正しい順位を把握する必要があります。

効果的なキーワードの調査を徹底する

台湾のインバウンド需要を考える時に重要になるのがキーワードです。例えば、台湾から大阪に観光を計画している台湾人が、宿を探す時に入力するワードは、「大阪 住宿 推薦」であると推測できます。
キーワードにある住宿とは、台湾の言葉で宿泊場所全般を指す言葉です。日本語でいうところの宿と同じ意味を含んでいます。

台湾をあまり知らない人が、コンテンツ制作のために選択するキーワードは「大阪 酒店 推薦」となる可能性が高いでしょう。酒店とは簡体字で「ホテル」を指す表現方法です。
簡体字は中国本土で使われている言葉で、この文字が入っていると台湾人は読むことはできるものの、中国人向けのコンテンツだなと感じます。このキーワードにて記事作成されていると、記事内も簡体字で書かれている印象を受けるため、台湾人向けの内容ではないと判断されてしまうでしょう。

また、台湾をよく知っているけど、SEOのことをあまり知らない人が考えるキーワードは、「大阪 飯店 推薦」ではないでしょうか。宿泊先のキーワードにすべて飯店を使ってしまうのです。
飯店は「ホテル」という意味を持つワードですが、同時に格調高いというイメージも持ち合わせています。すべての宿泊先のキーワードに飯店を使うと、リーズナブルな宿とのカテゴライズができません。誰しも宿泊先として高級ホテルを選ぶというわけではないでしょう。
一般的かつリーズナブルなホテルを探す人のために、住宿というワードとの使い分けが必要です。

このように、台湾からの視点とSEOの知識の有無だけでも、キーワードに大きな違いが現れます。

現地の言葉と感覚を身に着けていることから、台湾人が施策するSEO対策に対抗するのは難しいでしょう。

CV率がより高いキーワード選定を

CV率を高めるためのキーワード選定は、基本的に国内のSEO対策と同じです。主語の大きなビックキーワードを狙うと上手くターゲティングできないため、ロングテールキーワードを狙うのが一般的です。

例えば、先述の大阪旅行であれば、「大阪 ホテル おすすめ」「大阪 レストラン おすすめ」「大阪 観光地 おすすめ」などのキーワードを因数分解のように細かく砕いて、よりニッチなキワードに仕上げる必要があります。

台湾人の視点があればよりニッチなキーワードを探すことも手間ではないでしょう。

台湾のブロガーと契約する方法も

台湾では、旅行や買い物など、リサーチが必要な時に検索エンジンを使わずにブログや口コミを参考にする習慣があります。

台湾に限らず、中国やアメリカでも企業発信の情報よりも口コミや個人ブログ、インフルエンサーの発信を信用する傾向にあるようです。

したがって、情報量の少ない台湾SEOを効率よく成功させるには、現地のブロガーと協力する手段も有効です。

自社で行う場合は中国語・SEO対策が可能な人材を集める

本来は台湾人のブロガーなど、現地の情報に精通している人へ、コンテンツ作成の協力を依頼する方法が良いのですが、適当な人材を集められないケースもあります。

その場合は、自社で中国語ができて、かつSEO対策までできる人を探しましょう。現実には、すぐに見つけることができないため、海外SEOを得意とする業者へ依頼することになると思います。

依頼する際は、狙うキーワードや検索意図などを用意して、先方へ確実に意図が伝わるよう、下準備をしておきましょう。

台湾向けSEOで効果が出る文字数

台湾SEOを行う時に、一つの記事あたりの文字数は最低でも3000〜5000文字は欲しいところです。検索順位は、ユーザーの検索糸を満たしているとされるコンテンツから上位表示されます。

したがって、必ずしも文字数が3000文字以上無いとだめというわけではありません。ユーザーの検索意図を満たす必要十分なコンテンツ作成には、3000文字ないと難しいということです。

一般的な台湾のSEO対策会社のライティングでは、1コンテンツ200文字、という内容もあります。1000文字や1500文字などのプランもありますが、おそらく満足行く結果はでないでしょう。

もし依頼する時は、3000〜5000文字を基準に考えましょう。

台湾向けSEO対策の注意点

法律違反にならないように意識する

現在、日本企業が行っている中国語繁体字の販売サイトでは、台湾の法律を違反しているサイトがあります。例えば、ダイエット系サイトで「この商品はダイエットに効果があります」と断言しているケースがありますが、この場合、法律違反になります。

台湾ではダイエットは医療用語として扱われているため、食品や化粧品の紹介に用いることはできません。

特に、医療、マッサージなどの施設、たばこ関連、出産前検査、食品、薬品、化粧品は、ネット販売における表現の規制対象になっていますので、注意が必要です。きちんとチェック体制を整えましょう。台湾の法律が記載しているサイトがありますので、台湾ライティングを行う場合、一度目を通しておいたほうが良いでしょう。

実際にあった違反事例

台湾衛生局のサイトには、毎月広告違反として検挙されたサイトの公表が行われています。個人、法人に関わらず等しく罰金が請求される厳しさです。

個人サイトが罰金を支払えない、もしくは国外にいる場合は、そのサイトで紹介されている商品の販売元へ請求されるケースが多く見られます。

2019年7月には、〇〇サプリはダイエットに効きます、と記載したサイトが検挙され、罰金刑に処せられました。

サイトの運営元は日本人が個人で運営しているアフィリエイトサイトです。台湾のインターネット検閲は厳しく、個人でも当たり前に罰金刑に処せられ、15万円〜数百万円の支払いを命ぜられます。

充分に気をつけましょう。

業者に依頼する際は安すぎる費用に気を付ける

台湾では、日本のように健全にSEO対策を請け負っている会社は少ないです。個人としても同じく、SEO対策を全面に出した集客は行っていません。

資金力のあるWEBマーケティング業者は、主に広告運用を請け負います。

もし、台湾でSEO対策を依頼する時は、費用と対策内容を入念に吟味しましょう。極端に費用が安い会社は、まともなコンテンツを作成していない可能性が高いです。

LIFE PEPPERの台湾向けSEO対策サービスの詳細に関心をお持ちの方は、こちらから「サービス紹介資料:海外向けSEO対策」をダウンロードし、具体的な支援内容をご覧ください。

台湾向けSEO対策ならLIFE PEPPER

創業以来1000社以上の海外マーケティングを手掛けてきたLIFE PEPPERでは、特にアジア圏の海外SEOに強みをもっています。

台湾SEOにも多くの実績をもっており、さまざまな業種に対応したマーケティングを実践してきました。

台湾にて新しいビジネスを展開したいとお考えの方は、ぜひLIFE PEPPERへご依頼ください。ご期待を超える成果を目指します。詳しい内容は、下記リンクよりご参照ください。

関連リンク

まとめ

台湾で行うSEO対策の基本的な考え方は、日本国内のSEOと同じです。したがって、効率よく台湾SEO対策を行うには、日本人が執筆した内容を、台湾人に翻訳してもらうのが良いでしょう。

台湾の文化や考え方を入れたいので、翻訳から校正まで依頼できる人がいると心強いです。海外SEOを依頼する時は、費用や実績をよく確認の上、信頼できる業種へ依頼するようにしましょう。

LIFE PEPPER では、海外マーケティングに役立つ基礎知識やノウハウをまとめ、50種類以上のお役立ち資料を公開しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

⇒50種類以上の海外マーケティングに役立つお役立ち資料集
Category Category

台湾の関連記事