中国百度(Baidu)リスティングサービス – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER


中国向けのマーケティングで最も取り組みやすく、短期間で成果につながる百度リスティング広告

中国に自社商品やサービスを売り出したいと思うものの、「中国への広告の出し方がわからない」と悩んでいる企業様は多くいます。
中国でリスティングサービスを行いたい場合は、中国最大の検索エンジン「百度」がおすすめです。「リスティング広告を出すならGoogle」と思いがちですが、実は中国ではGoogleのサービスが制限されています。さらに中国では様々な制限があり、日本法人のみで取り組める施策が非常に少ない中、百度はそれができる数少ない施策です。
百度は中国で高い認知度があり、世界検索エンジンでは第3位に入るほどです。百度にはリスティング広告機能があるため、Googleで行うようなリスティング広告対策が可能です。

能動的に情報収集をする数少ない媒体であり、コンバージョンが非常に発生しやすいといった特徴があります。顧客ピラミッドで言うところの、刈り取り施策に当たります。
初めての海外マーケティングでも、「少ない予算でもっとも購入・来店意欲の高い見込み客」に広告を配信できるため、中国への最初の一歩としてもおすすめです。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国百度baiduリスティング広告サービスついて無料相談する

「百度(Baidu/バイドゥ)」は中国最大の検索エンジン

百度の認知度は世界で第3位ですが、中国市場においてはトップシェアを誇っています。そのため、中国でリスティング広告を出すときに百度を使えば、リスティング広告の露出度が高まる見込みがあるのです。中国は日本とユーザーの規模も違い、百度は以下のように高い利用率となっています。

・月間アクティビティユーザー数:約6億4,300万
・ユーザー1人当たりの平均検索数:約10回/日
・中国の検索エンジンシェア:約93%

中国市場は百度以外にもリスティング広告はありますが、上記の数字を見てもわかるように、百度はリスティング広告において一番に検討したい選択肢となります。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国百度baiduリスティング広告サービスついて無料相談する

 

 百度リスティング広告とGoogleリスティング広告の違い

リスティング広告にも種類がありますが、百度のリスティング広告はGoogleと同じく「検索連動型広告」です。検索連動型広告とは、検索した内容に連動して、検索ワードに関連する広告を出す方法をいいます。しかし、百度には独自のアルゴリズムが設定されているなど、Gogleリスティングと違った点もいくつかある注意が必要です。

❶広告の表示方法

たとえば中国語の「挖掘机」(掘削機)で検索を行ったとします。百度で検索すると、図のようにリスティング広告を運用しているWebサイトでは、検索ワードである「挖掘机」(掘削機)に関わる広告が表示される仕組みになっています。百度(Baidu)は、中国本土のサイトを優先的に上位表示しているため、SEOを日本からあげることは難しいのですが、リスティング広告をかけることにより、上記のように優先的に表示させる事が可能になります。

❷検索習慣・調べ方の違い

検索キーワードはフレーズで入力する傾向が高いのが中国ユーザーの特徴です。欧米人に近く、文章で検索する傾向があります。そのため現地ネイティブが運用に携わり、セッティングをしないと広告がしっかり表示されず大きな機会損失があります。

例>Googleユーザーが何かを調べる時、「東京 レストラン 人気」
等キーワードの間にスペースを入れるのが主流ですが、中国の百度ユーザーは複合ワードをほとんど使用せず、「東京で人気のレストランどこ」「東京人気レストラン」などの文章ワードが高成果の傾向があります。

❸市場の規模感

中国人口桁数が違うことにより、見込み客の検索回数もとんでもなく多いのが中国進出の最大の魅力であり、事業発展において避けては通れない国です。百度のユーザーは月間約6億4,300人といわれており、その他を圧倒する魅力的な大きな市場にアプローチすることが可能です。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国百度baiduリスティング広告サービスついて無料相談する

 

リスティング広告「百度」の注意点について


①WebサイトをFacebookやLINEなどでシェアしてもらう「シェアボタン」は設置しない
②中国でリスティング広告を出稿する場合は、中国語のランディングページが必要
③質の高い広告を出し上位の掲載枠を獲得する

中国では、FacebookやLINEサービスが利用できません。そのため、①のシェアボタンは中国の場合設置の必要がありません。

中国百度でリスティング広告を使う時、特に注意すべきは③です。中国百度のリスティング広告は、広告主による入札単価だけではなく「クオリティスコア」が影響します。

クオリティスコアとは、広告の品質を計る中国独特の指標です。中国百度では広告の品質を高めることで、競合よりも上位のリスティング広告表示枠を獲得できるのです。

百度リスティング広告に出稿するには

Googleとは違って代理店を通じてアカウントの開設や審査が必要。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国百度baiduリスティング広告サービスついて無料相談する

LIFE PEPPERにおける海外向けのリスティング広告の特徴

❶海外マーケティング専門会社

上記のように、独自の文化とルールがあり日本国内からのアプローチが難しい百度リスティングですが、LIFE PEPPERは国内向けでやって来た企業と比べ、海外への商習慣の理解や異なる商習慣に対するマーケティング戦略の違いを理解しているためしっかりとアプローチすることが可能です。

❷25名を超える社内のバイリンガル広告運用チーム

海外・インバウンド専門のマーケティング会社では最大規模のチームを誇っております。
中国で狙ったターゲットに向けたキーワードの選定から、正確なリスティング広告の配信まで行います。
❸2015年、2016年にGoogle社広告部門で、世界No.1の営業/運用成績を持つメンバーが在籍

❹全て社内で言語対応、クリエイティブ作成を対応。迅速なサポート体制

社内に中国専門チームを設けており、言語はもちろんクリエイティブの作成まで一気通貫型の迅速なサポートをご提供しています。

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国百度baiduリスティング広告サービスついて無料相談する

百度リスティング広告事例

❶アニメ・動画制作会社様

顧客課題: 中国‧欧米への事業拡大
実施内容: リスティング広告運用(百度‧Linkedin)
実施概要 : 多言語声優‧イラスト作成‧動画アニメーション作成を中国向けに提供したいという相談から、中国で最も利用されている百度でリスティング広告を1年以上実施継続中。

成果:継続的にBからのお問い合わせを獲得し、最大で 200万円の案件を百度 広告経由で獲得。
中国向けBtoBマーケティングで成功前年比200%達成

❷ToB向けメーカー様

顧客課題: 中国向けの認知・売上向上
実施内容 :リスティング広告運用
実施概要 : 中国のバイヤーや取引先に向けて認知獲得プロモーションを実施。部品名などで細かい百度リスティング広告を実施。

成果:困難と言われている中国B向け市場において売上ゼロからスタートし、毎月安定した件数の取引関連の問い合わせを獲得

掲載までの流れ

ヒアリングから運用開始まで

①ヒアリング

②ヒアリングから吸い上げたクライアント様の課題をもとにご提案
(百度キーワードシュミレーション)

③受注・お見積り発行

④中国版サイトアカウント開設

⑤シュミレーションに基づいたキーワードキャンペーンの出稿

⑥広告配信
↓(3ヶ月間は検証期間)
⑦レポート作成・コンサルティング

このサービスについてもっと知りたい方へ

中国百度baiduリスティング広告サービスついて無料相談する

LIFE PEPPERなら中国の正確なマーケティングが可能

中国マーケティングに強いLIFE PEPPERなら、中国におけるリスティング広告をサポートします。

リスティング広告のプロが、中国で狙ったターゲットに向けたキーワードの選定から、正確なリスティング広告の配信まで行います。中国でのプロモーションをご検討なら、ぜひLIFE PEPPERまで気軽にお問合せください。

LIFE PEPPERの他のサービスを見る