海外マーケティング・ブランディング - 支援実績600社

韓国のSNSアプリ5選!インターネットの利用状況について徹底解説

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

インターネット先進国と言われる韓国では、十分なインフラ設備を背景に、さまざまなSNSアプリがリリースされています。一方で、多くのアプリの中から一定のユーザーを確保できたアプリのみが生き残るという過当競争も。

当記事では、韓国で使われている多くのSNSの中から5つのアプリをピックアップし、内容を解説しています。インターネットの利用状況についても言及していますので、気になる人はぜひ内容をご確認ください。

韓国で人気のSNSアプリランキング5選

韓国でよく利用されているSNSを5つピックアップしました。

カカオトーク

カカオトークは、韓国のカカオという会社が運営しているメッセージアプリ。似たようなアプリにLINEがありますが、韓国ではカカオトークのほうがユーザーが多いようです。

写真や動画の共有、グループチャットなど、基本的な機能はLINEとほぼ変わりません。

2010年にIWILAB社によってリリースされ、長年の改善によって今では韓国ではなくてはならないほどの、国民的SNSへ成長しました。

カカオトークユーザーが無料で簡単に使えるInstagramのようなカカオストーリーも人気アプリです。

You Tube

Googleが提供する動画共有サービスのYou Tubeは韓国でも人気です。従来のテレビと異なり、自分のタイミングで好きなコンテンツを選択できることから、テレビ代わりに日々活用しているユーザーがおおく存在します。

インターネットのインフラが早くから整っていた韓国では、比較的高齢層と言われる50代でも、積極的にインターネットを利用している点が特徴的です。

Facebook

2004年にマーク・ザッカーバーグと友人によってリリースされたSNSは韓国でも多くのユーザーが登録しています。

月間利用人数は世界で23億人以上と言われ、実名登録が必須なことからビジネス利用されるケースも多く見られます。プライバシー機能の充実は、他のSNSにはありません。

企業や著名人がフェイスブックページと呼ばれるアカウントを作成し、メッセンジャーアプリやライブ配信を使って、告知や販促を行う機能も搭載されています。

Instagram

InstagramはFacebookによる買収をきっかけに大きく成長した画像共有SNSです。Facebookと連携出来る点が強みの一つです。Instagramの場合、Facebookと異なり、匿名でも登録できます。月間利用人数は世界で10億人以上。

韓国におけるInstagramのユーザーは、日本の1.6倍と言われています。韓国のほうが人口が少ないことを考えると、多くの国民がInstagramを使っていることになります。

Instagramは、世界のセレブや有名人のアカウントを共有できる強みがあります。憧れの人のライフスタイルを参考にできるのは、大きなメリットです。

Twitter

Twitterは短文の投稿をメインとして、動画や画像も共有できるマイクロブログサービスと呼ばれています。

厳密に言うとTwitterはSNSに分類されませんが、ユーザー数3億、SNSとして扱われることも多いため、広義の意味ではSNSとしています。

他のSNSに比べると、韓国でのTwitterユーザー数は控えめです。詳しい理由はわかりませんが、基本的に独り言と扱われるツイートというシステムが、国民性にあわない可能性があります。

世界での月間アクティブユーザー数は20億人と言われており、今後は韓国でもユーザー数が増えるかもしれません。

韓国でのインターネット利用状況

韓国はいち早く高速インターネットインフラを構築し、世界に先駆けてインターネット社会を形成しました。国民の殆どがスマホやインターネットを使いこなすデジタル先進国です。

アメリカと並んで次世代通信規格の5Gサービスをスタートさせたことで話題になりました。

日本では検索エンジンを使って調べる方法が主流ですが、韓国ではSNSやブログサービスを中心に情報収集を行う傾向があります。

企業として情報発信を行う場合、SNSの活用は必須となるでしょう。

韓国では引き続き、カカオトークなど、韓国でシェアを締めているアプリの人気がありますが、国産アプリだけでなく、FacebookやInstagramなど、世界で人気のアプリのユーザー数も増加中です。

若年層をターゲットとするならFacebookやInstagramを活用したほうが成果が得られるでしょう。40代以上をターゲットとする場合、依然としてカカオトークの活用が有効です。

関連リンク:韓国の集客やプロモーションに必要不可欠!韓国におけるブログの重要性と有名ブロガーをご紹介

韓国のSNSシェアについて

韓国は中国やロシアと同じように、Googleが検索エンジンのシェアを獲得できていない国です。yahooも2012年でサービスを終了しています。韓国では国産の検索エンジン「NAVER」のシェアが70%超のシェア率を誇っています。

NAVERは検索エンジンの機能を基本として、yahooのような情報ポータルサイトの機能も持ち合わせている点が特徴です。

独自設計のため、綿密なSEO施策を取るのは難しくなっています。

国産アプリの強さはSNSアプリにも顕著に現れており、メッセージアプリのカカオトークが圧倒的なシェアを誇っています。

InstagramやFacebookのユーザーは拡大中ですが、現状ではまだまだカカオトークのユーザーが多い状況です。

世界で多くのユーザーを集めているTwitterシェアが極端に低い点も特徴的です。

今韓国で注目の「BAND」とは?

BANDは韓国NAVERの子会社「キャンプモバイル」が運営するSNSとしてスタートしましたが、2018年NAVERに吸収合併されました。

キャンプモバイルはカメラアプリのSNOWをリリースした会社でもあります。

「バンドで一つに束ねる」という意味合いからBANDと名付けられ、当初は大学生のいろいろなコミュティに向けてアプリが最適化されていきました。

その後、次第に小規模コミュティからの人気を獲得し、学校名を入力して同級生を探す「同級生探しの機能が実装されます。

その後、大きくユーザー数を伸ばし、現在ではビジネスコミュニケーションツールとしても利用されるようになりました。

当初はクローズド型コミュニティとして特定の人だけを招待してコミュニケーションを取るツールで、メンバーになるには、リーダーからの承認が必要でした。

その後、公開、非公開の選択ができるオープン型SNSへと進化を遂げ、多くのユーザーの獲得に成功したのです。

韓国では30代以上の層にBANDの人気が高まっています。カカオトークと並んで、韓国国内では知らない人がいないSNSへ成長しました。

LINEとはどう違う?

LINEとBANDは同じNAVERが運営するSNSですが、機能として異なる点は以下の2つです。

  • LINEは個人間での非公開コミュニケーションツール
  • BANDはグループごとのコミュニケーションに最適化

LINEのグループトークは、メンバー同士で非公開コミュニケーションを行う場所です。仲間になるにはID交換や招待が必須となっています。

一方でBANDは、ID交換がいらず非公開コミュニティでなければ基本的にすべての人へ公開されます。

検索機能を使ってコミュニティに参加したり、勉強や仕事など、それぞれの目的に合わせてBANDを新設し、メンバーを集めたりすることも可能です。

写真やスケジュール管理、トーク履歴を探す時に、わざわざ履歴を遡る必要がない点も人気のポイントです。

韓国でマーケティングを成功させるポイントとは

韓国でマーケティングを成功させるには、韓国特有のSNS事情を正しく把握することです。

韓国SNSを活用したオンラインマーケティングの成功には、以下3つのポイントを抑えておきましょう。

  1. 韓国のネットユーザーの嗜好や特徴を把握する
  2. 韓国で人気のあるSNSで自社アカウントを運用する
  3. 韓国インフルエンサーの起用

デジタル先進国として独自の発展を遂げてきた韓国でオンラインマーケティングを成功させるには、韓国国内のネット事情の把握が必須です。

関連リンク:韓国向けマーケティング成功のポイントを詳しくご紹介!

LIFE PEPPERで海外向けマーケティングの支援を受けませんか

LIFE PEPPERでは、難しいとされる海外へのビジネス展開をマーケティング分野から支援する会社です。

創業6年間の支援実績は600社以上。さまざまな要望に応えながら、国内外のマーケティングを成功へ導いてきました。

多くのマーケティングによって獲得したノウハウは、貴重なデータとして社内に蓄積。現在、数万件規模で外国人の動向を示すデータを保有しています。

社員50人のうち、約60%が帰国子女やバイリンガルです。50の提供できるサービスのうち、85%はLIFE PEPPER内で完結できるため、機動的かつ、低コストなマーケティングを実現しています。

海外へ向けてあらたな商圏を展開したいとお考えの人は、一度LIFE PEPPERへ相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

韓国は世界に先駆けて、ネットインフラを構築してきた、サイバー国家です。

国内アプリに人気が集中しており、中国やロシアと同様に海外のITツールが浸透しにくい土壌があります。

韓国でオンラインマーケティングを成功させるには、韓国でよく使われているアプリを把握し、トレンドや国民の嗜好を掴む必要があります。

日本国内とSNS事情が大きく異なるため、同じ感覚で取り組むと失敗する可能性が高くなります。

専門の会社へ依頼することも考え、事前によく計画を建ててマーケティングに臨みましょう。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)