会社のLinkedInを最大限に活用する方法

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

なぜ会社のLinkedInページが今後の海外展開ビジネスに必要?

そもそもLinkedInとは、みなさんが日常で使っているFacebook、Instagram、Twitterの『ビジネス専用のSNS』のようなものです。

海外、特にアメリカではLinkedInを仕事上での情報収集や新しいビジネスの創出の場として活用されており、アメリカでは1億7000万人のユーザーがLinkedInを利用しています。

例えば仕事上関わりのある会社(パートナー、代理店、取引先など)と繋がり、ポストしたり、LinkedIn上で連絡を取ったりすることができます。

いわば海外ではその会社の第二の会社概要ページと捉えて良いでしょう。これからグローバルにビジネス展開をしていくにあたって会社としても関わりのある会社から「LinkedInの企業ページがない。信頼できる会社か不安」とならないようしっかりとLinkedInの会社ページを作成することをお勧めします。

LinkedInと他SNSの棲み分け

LinkedInはビジネスに特化したSNSですので、投稿内容は日々の日常生活の様子などではなく、仕事や会社に関するニュースや知識をアウトプット、インプットする場です。

日本では2011年からサービスが始まっていますが、世界と比べるとユーザー数は200万人ほどとビジネスをしていても「名前は聞いたことあるけど登録はしていない」という状況の方々が多いです。そのためSNSを使い分けることなく、仕事とプライベートのSNSがごちゃ混ぜ、もしくはビジネスでSNSは利用しないという方がほとんどではないでしょうか?

一方で海外では、仕事ではLinkedIn、プライベートではFacebookとSNSを使い分ける傾向があります。そのためビジネス上でのタッチポイントはLinkedInとなることが必然的に多くなります。

LinkedInの会社ページ運用のメリットと運用方法

SNS上で会社として情報を発信するのはそれだけで手間と工数が掛かるもの。メリットがなければ運用する気も起きなくなると思います。

そこまでしても会社ページを運用するメリットが3つ挙げたいと思います。

求人掲載の際のアピールに

LinkedInの会社ページがあることでLinkedInを使った採用がスムーズ且つ有利に働き、興味関心を持った採用候補者が会社について調べる際の材料になるからです。

LinkedInでは情報収集やビジネスの創出だけではなくグローバル人材の求人もLinkedIn内でできるため、求人掲載から応募までをLinkedIn内で一気通貫でできます。

会社ページがない場合、LinkedInで求人を見た後に会社サイトに移動して企業について研究し、再度LinkedInに戻って応募する間の手間が発生するとともにLinkedinの会社ページが無いということだけで候補者が流れてしまうケースも少なくありません。

PR活動としての役割も

会社ページではプロモーションやプレスリリースとして投稿することができます。

LinkedInは現在世界6億人を超えるユーザーがおり、しかも大多数がビジネスを目的として利用をしています。

例えニッチな商材でもその分野のコミュニティやその界隈の人々が点在しているため、より他のSNSより顕在化されてます。

また会社ページをフォローしてくれているユーザーは、その企業に関心があるわけですから、最新ニュースを投稿することで反応してくれる可能性が高いのです。

拡散効果がFacebookよりも高い

投稿はFacebookの会社ページからでもできますが、Facebookのアルゴリズムによって投稿の露出が制限されることがあります。

一方でLinkedInは、Facebookのように露出の制限調整の規制がなく、投稿すればするほどフォロワーにリーチすることが可能です。

なので方針としてよりオーガニックでエンゲージメントやリーチを増やしたい企業にはLinkedInの会社ページの運用をおすすめします。

まとめ

LinkedInは、ビジネス専門にフォーカスをした媒体という点を除けば、一般的なSNSと構造が似ていると言えます。会社ページはFacebookページと似たような位置付けにはなりますが会社ページの投稿の内容、頻度、タイミングなどはLinkedInに合わせて効果検証を行う必要があります。

日本ではまだLinkedInを積極的に活用している人は多くないですが、海外ではLinkedInをきっかけに会社に対する理解が深まり、商談に結びついたり、業界で横のつながりが広がったりとビジネスを充実するために展開されています。

LinkedInユーザーはビジネスへの関心が高く会社としてもホットな会社や決済権者にアプローチできる有益な媒体です。

新たなビジネス機会を創出するためにもLinkedInの会社ページを作成してみてはいかがでしょうか?
BtoB企業の成功事例集をDLしてみる


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは、国内外の海外マーケティングの専門家5,000名と共に過去6年間で600社の日本企業のマーケティングを支援しています。

そのノウハウをまとめたお役立ち資料もご用意しています。無料でダウンロード可能なため、ご活用ください。

<この記事を読んだ方にオススメ>
海外現地進出成功事例集24選
訪日インバウンド成功事例集65選
BtoB企業成功事例集15選
BtoC企業成功事例集85選
会社概要・サービス紹介資料
韓国越境ECの新トレンド!NAVER Smart Storeで今から韓国進出
【中国進出の定石】Wechatミニプログラム
海外事業担当者がチェックすべき必須ツール29種
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)