【海外コンサル】依頼すべき業務やメリット・デメリットまで完全網羅 – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

【海外コンサル】依頼すべき業務やメリット・デメリットまで完全網羅

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

事業を海外で展開したいという事業者の方は、昨今のインバウンド・アウトバウンドの流行もあり、増加していると思います。

海外事業は様々な事業展開の方法がありますが、共通してある最大の問題は「海外に精通した人材の確保」です。

社内に語学力もあり、海外の事情に精通した人材がいる場合は良いのですが、こういった人材がすでに社内にいたり、採用が可能なのは非常に稀だと思います。

そこで役に立つのが、自社で不足している知識や経験、ネットワークなどを補完してくれる海外コンサル会社です。

今回の記事では、こうした海外コンサルに依頼をする場合のメリット・デメリットや、依頼の注意点などについてお伝えさせていただきます。

海外進出に成功・失敗する日本企業の共通点とは!?成功の鍵を握る事前準備もご説明します
海外進出コンサルティング会社の選び方!分野別に最適な会社をご紹介

海外事業の展開の方法

海外での事業展開の方法についてまず整理しましょう。事業展開方法によって、必要な業務や重要なポイントも異なってきます。

まずはあなたの会社の事業にとって、どういう形での海外展開が必要かを検討ください。

海外に営業拠点や生産拠点を設置

海外進出といって一番イメージしやすいのが、海外に営業拠点や生産拠点を設置する場合でしょう。

例えば、アパレルや飲食店などが海外に店舗を展開する場合などです。日本のコンビニエンスストアや、大手アパレル、飲食チェーンなどを海外で見ることも増えましたので、こうした事例は想像しやすいと思います。

また実店舗のないBtoB型のサービスや、ITサービスの現地サービスなどが海外進出するケースも増えてきています。

最近の日本のサービスの海外進出事例としては、メルカリのケースが注目を集めています。メルカリはアメリカでも日本と同様の2014年に進出しており、アメリカでも3000万ダウンロードをしているとか。

今後もますますITサービスなど、無形商材ビジネスおいて海外進出が加速していきそうですね。

参考:メルカリってアメリカで使われてるの? 日本人留学生が知名度を調査

インバウンドで日本の店舗へ集客

日本の飲食店や宿泊業、ショップなどでは中国・韓国人観光客が大量に増加したため、インバウンド集客を行う事業者が増えてきました。

特に、都内の繁華街エリアや、観光地ではインバウンド誘致に力を入れるか否かで売上が全く違ってくるというケースもあります。

こうしたインバウンド集客に対応するためには、ターゲットとする国の消費者向けWebサイト制作や、SNSマーケティングを行う対策が必要となります。

インバウンド集客では、ターゲットとする国の特性に合わせ施策を行う必要があるため、各国のマーケットへの理解が不可欠になります。

なかなか自社だけでは対応が難しい場合もありますので、海外コンサルも活用し効果的なインバウンド誘致ができるといいですね!

東京インバウンド最前線!2020に向けて効果的な施策・プロモーションをご紹介
訪日インバウンド戦略コンサルティングサービス

越境ECで海外の消費者に直接販売

日本で製品を作っているメーカーや、小売店が越境ECの仕組みを利用して、海外に対して直接販売していくパターンもあります。

この場合は、単に英語や中国語のECサイトを作成したら良いというわけではありません。

集客のためにモール型の越境ECサイトに出店する場合や、自社サイト運営など、形態は様々です。いずれの販売形態でも、国毎にマーケティングが必要になります。

また、実際に商品を海外に発送する必要があるため、配送の仕組みを構築しなければなりません。

EMSなどで送ることも可能ですが、この場合送料などが高くなってしまうため、商品の競争力が落ちてしまいますよね。したがって、国毎に関税などの仕組みを理解した上で、最適な物流を検討する必要があります。

越境ECの最新トレンド!国別EC事情から成功事例までご紹介!
知っておかなきゃ!中国人気ECベスト3 & 中国向け越境ECマーケティングのメリット・デメリット

海外コンサルへの依頼対象の業務

一概に海外進出といっても、業態によって必要となる業務は異なってくるのはご理解いただけましたでしょうか?それでは、こうしたた海外進出に関係する各種業務でどういうものがあるかをより詳細に見ていきましょう。

海外コンサルへの依頼業務①:事前準備

海外進出を行う前や、実際のサービスや商品の販売を開始する前に行うべき業務が事前準備にあたります。

この事前準備をおろそかにしないことが、ビジネスでの成功を左右しますので入念に取り組んでいきましょう。

市場調査

商品やサービスの市場規模を調べる調査です。調査を行う場合、現地の調査会社や政府が出している統計データを元に、それぞれの商品やサービスの市場規模などを調査します。

競合調査

進出先の現地で自社と、同様あるいは類似する商品・サービスを提供している競合他者がいないかを把握するのが競合調査です。

インターネット等を駆使した調査以外にも、現地の店舗を実際に見てまわる店舗調査を行って競合分析をおこないます。

現地視察のアレンジ

海外進出の際には、直接進出先の現地に行って市場の状況を把握する必要あります。限られた時間の中で効率的に経営判断のための情報を入手しなければなりません。

したがって視察の際には、対象の業界に理解があり、現地の商品やサービスにも精通しているガイド等に視察のツアーを手配してもらうのが良いでしょう。

展示会やセミナーへの出展

海外進出の際には現地の展示会に出展し、現地企業と商談をする中でニーズを調査します。
定期的に展示会は開催されており、参加するためにはいつどの地域で展示会が開催されるのかの情報が必要であり、参加時には現地の企業と商談を行うための通訳も必要になります。

海外コンサルへの依頼業務②:法人設立

海外コンサルでは、現地法人を設立する場合に必要となる業務も依頼することが可能です。

登記等法的書類の提出

現地でビジネスを始めるためには、現地法人の登記が必要です。
法人の形態によって管轄の部署が異なることがあるため注意が必要です。また、外資企業の規制を設けている地域もあるので確認が必要になります。

人材採用

海外進出の際は現地スタッフの採用をしなければなりません。

現地のコネクションを持っている場合には採用できる場合もありますが、多くの企業にとってそのようなコネクションはありません。

そこで採用を行うために、現地の人材紹介会社を利用して採用活動を行うことが一般的な方法です。

オフィスや店舗物件の確保

現地でビジネスを始めるには拠点となるオフィスや店舗が必要になります。特に小売や外食事業にとって立地は非常に重要です。

商品やサービスのターゲットとなる層が移動してきやすい場所にあるかどうかなど、詳細な調査が必要になります。

この調査は自社で行うだけではなく、現地に精通した情報源を元に判断する方が良いでしょう。

海外コンサルへの依頼業務③:事業運営

実際に海外で法人設立し、商品やサービスをリリースしてから生じる事業運営においても、海外コンサルに依頼することができます。具体的には下記の2業務が該当します。

人事制度

まずは海外現地法人における人事制度のコンサル業務です。現地スタッフの待遇に関しては各地域で大きく異なります。

給与水準や福利厚生など現地スタッフを雇うための待遇をどう設定するかは現地の文化や経済状況を把握する必要があります。

ブランディング・マーケティング

BtoC事業の場合、商品やサービスの売上を上げ続けるためにはブランディングやマーケティングを行う必要があります。

そのためには、現地の消費者がどのようなチャネルで情報を得ているかを把握し、そのチャネルに訴求する施策を打つことで認知を高めていく必要があります。

海外コンサルを頼むメリット

上述のように海外進出においては、膨大な種類の業務があるため、必要に応じて海外コンサルに依頼することをおすすめします。

それでは、海外コンサルを利用する場合のメリットについて説明させていただきます。

知見のある分野なら成功率が高まる

海外コンサルの事業者には、当然のことながら、これまで関わった様々な案件の事例が蓄積されいます。

したがって、自社で行う予定のビジネスや商品・サービス、業界に対して知見がある海外コンサルに依頼をすることで、無駄のない適切なやり方を知ることができます。
この場合、あなたの事業の海外進出の成功率をあげることができるようになります。

事業の時間の短縮が可能

海外進出のために必要な知見を、社員が勉強したり、できる人材を新たに採用したりする場合、かなりの時間がかかってしまいます。

海外コンサルに依頼することで、こうした時間を短縮することができ、事業のスピードを上げることができます。

また、社内で知見がない状態で事業を行う場合、色々と試行錯誤をしながらやる必要があります。この場合、成功パターンを見出すまでにお金も費用もかかってしまうため、こうしたリスクを抑えることもできます。

最新情報のキャッチアップが可能

海外で事業を行なう場合、国毎に規制の変化や、利用しているサービスの変更などは頻繁に発生します。

これらの情報を社内だけでタイミングよく入手することは困難です。海外コンサルであれば、こうした海外の最新情報を常時キャッチアップしているため、情報を知らずに、思わぬリスクにあってしまうことを防ぐことができます。

海外コンサルを頼むデメリット

一方、海外コンサルに依頼する場合にもデメリットはあります。海外コンサルを依頼する場合には、メリットだけではなくこうしたデメリットも鑑みて、依頼を行なう必要があります。

費用がかかる

第一に、海外コンサルを依頼する場合は、数十万円〜数百万円程度のコンサルティングフィーが発生します。

小規模な事業者にとってこれらの費用は負担が大きいため、費用を担保するために、海外進出の助成金の活用なども検討する必要があります。

社内にノウハウがたまらない

また、海外コンサルに業務を委託する場合、社内責任者にノウハウがたまりにくいというデメリットがあります。ちゃんと社内責任者が設定され、海外コンサルとの間でやりとりしたことをマニュアル化していく体制を作っていれば問題は起きづらいでしょう。

しかし、海外コンサルに任せっぱなしになってしまうと、海外コンサル無しには事業を継続していくことができなくなり、事業の継続性が担保できなくなる可能性があります。

悪徳な業者が存在する

海外コンサルを事業として行なう事業者は数多く存在し、その中には法令に違反するような悪徳業者や、ノウハウや実績などがないのにも関わらず、事業を営んでいるものも存在します。

こうした事業者に依頼してしまうと、お金も時間も無題に消費してしまうため、注意が必要です。業者の見分けるためには、以下の記事などを参考にしてください。

海外進出コンサルティング会社の選び方!分野別に最適な会社をご紹介

海外コンサルにwebマーケティングが必須な理由

海外コンサルは、あなたの代わりに様々な業務を行ってくれますが、その中でも最も重要なものがWebマーケティングです。なぜなら、あなたがどういう業態であれ、売上を上げるために必要な集客が海外事業の場合、Web経由になるためです。

店舗型のビジネスであっても、国毎のSNSが認知の主要なチャネルになっている場合が多いです。

国毎の特性に合わせて最適なWebマーケティングの戦略を立案して実行できる海外コンサルに依頼するのが、最も効果的なコンサルティング会社の活用方法です。

LIFE PEPPERは海外マーケティングのコンサルに特に力を入れておりますので、お気軽に無料相談ご利用ください。

海外webマーケティングを成功させる方法!頼れるパートナーを見つけよう
海外進出Webマーケティングコンサルティング

まとめ

海外コンサルは、海外進出を行なう場合の心強いパートナーとなるでしょう。

あなたのビジネスにとって必要な施策は異なってきます。

まずは、社内で行なう業務と、海外コンサルに依頼する業務を選択し、必要な業務に対して海外コンサルに依頼しましょう。

特に、Webマーケティングに関しては、どの業種業態であっても、必ず必要になってくる内容になってますので、信頼のできる海外コンサル事業者にご相談ください。

LIFE PEPPERでは、訪日外国人集客や海外マーケティングの戦略支援を行なっています。年600社の相談実績があり、グローバル市場での売上UPをサポートしています。

特にLIFE PEPPERは海外マーケティングのコンサルは力を入れている分野ですので、お気軽に無料相談ご利用ください。

無料お問い合わせはこちら


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ