LinkedIn(リンクトイン) 法人登録方法 運用メリットとポイントを紹介

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LinkedIn(リンクトイン)の会社ページとは

LinkedIn(リンクトイン)は、ビジネスシーンに特化したSNSです。

実名で登録する事は前提とされており、仕事関係の人と繋がったり、他のユーザーとお互いの投稿を閲覧/コメントしたりすることができます。

その他の機能として求人や企業マーケティングのためのコンテンツや広告、転職のための機能があります。法人がLinkedIn(リンクトイン)で利用できる機能として、下記が挙げられます。

・会社ページ(キャリアページ)

・法人として投稿

・求人掲載

・ユーザー検索とスカウトメール配信

会社ページとキャリアページ

LinkedIn(リンクトイン)では、Facebookなどと同様に、企業でアカウントは作成できませんが、会社ページというページの無料作成が可能です。

会社ページでは会社の紹介分やコーポレートサイトのURLを掲載することが出来ます。

さらに、有料の「キャリアページ」と呼ばれるページを作成すると、求人の掲載が可能になります。

会社に興味を持った人は、会社ページをフォローしておくことができるので、求人を掲載することで興味を持っている人に直接アプローチすることができます。

有料版のキャリアページにすることで、より詳しい会社情報の掲載が可能になります。

豊富な写真や動画を掲載する事ができ、事業部やサービスごとのページを作成したり、社員ブログを掲載することができます。

LinkedInの会社ページを運用することのメリット

 採用広報としての活用

1. 企業の採用ブランディングに活用

企業の人事・採用担当者にとって、自社がどういった会社で、どのような人物を求めているか知ってもらう、企業ブランディングは必要不可欠ですね。

LinkedIn(リンクトイン)では、会社ページで自社の紹介をしたり、最新情報を投稿することができます。

さらに、キャリアページ(有償)を使えば、リーダー社員の紹介や社員ブログなどのコンテンツやフォトギャラリー、動画など、企業の魅力を詰め込んだコンテンツを追加することができます。

企業の顔や文化を知ってもらう事で、興味を持った応募者にリーチする事ができます。

コンテンツをうまく使い、会社ページで自社の特徴や企業文化を伝えることで、採用したい層が応募してくれる可能性が高まります。

2. 正確なキャリア情報を元に採用候補者を探すことができる

LinkedIn(リンクトイン)は、ビジネスシーンに特化した、実名登録型のSNSです。

登録する情報は基本的にキャリア情報のみに絞られてるため、嘘や偽名で登録する人は他SNSに比べて圧倒的に少ないです。

業種や職種、スキル、学歴など、採用面接を行う際に確認する項目が予めプロフィールに書かれているため、スクリーニングも簡単にい行う事が可能です。

3. 国籍を問わず、グローバル人材を採用することができる

LinkedIn(リンクトイン)はアメリカで開発され、世界200カ国で6億7500万人以上のユーザーを抱えています。

日本では2020年現在、約200万人のユーザーがいますが、海外の方が認知度が高く、より一般的に使われています。会社ページや求人情報は国籍に関わらず全ユーザーが閲覧可能ですので、外国籍人材の採用を考えている場合は、LinkedIn(リンクトイン)は採用候補者を探し出す有効な手段です。

また、海外の企業の情報収集・発信としても役立ちます。

LinkedIn(リンクトイン)を使えば、海外での業界の動向がいち早くキャッチアップできますし、採用以外でも自社情報を全世界に発信する事が可能になります。

4. 転職潜在層にも広くリーチできる

LinkedIn(リンクトイン)で会社ページを作成する事で、今すぐの転職は考えていない層にも自社の魅力を伝える事ができます。

もちろん求人情報を掲載し、興味を持ったユーザーからの応募を受け付けることもできます。

有償機能であるキャリアページを使えば、求人情報に合わせて登録されたキャリア情報からユーザーを絞り込み、そのユーザーに向けて求人広告の配信やスカウトメールを送ることができます。

積極的に転職を望んでいない人は、人材紹介会社や求人サイトに登録することはありません。しかし、SNSであるLinkedIn(リンクトイン)は、ビジネスに関わるすべてのユーザー層にリーチすることが可能です。

通常、転職市場に出てこない優秀な人材に対して接触できるツールとして、LinkedIn(リンクトイン)を導入しておくのは、世界的に見れば鉄則とも言えます。

Facebookよりも高い拡散効果

LinkedIn(リンクトイン)では、Facebookのような露出量の調整が一切されておらず、投稿すれば、即フォロワーに届くようになっています。

Facebookページでも投稿できますが、Facebookでは投稿者やエンゲージメントなどに応じて露出量が調整されており、企業による投稿は露出を減少させる傾向にあり、せっかく投稿しても、インプレッションが制限されてしまう事もあります。

このような調整が行われていないLinkedIn(リンクトイン)は、より拡散しやすいというメリットがあります。

今までFacebookで露出量を確保できていたものの、調整によって大幅に減少してしまったという企業は、この機会に、LinkedIn(リンクトイン)の会社ページの運用を試してみるのも手といえるでしょう。

 プロモーションやプレスリリースなど、認知獲得手法としての活用

会社ページではプロモーションやプレスリリースとしても活用することができます。

LinkedIn(リンクトイン)はビジネス上の繫がりを目的としたユーザーが世界6.7億人を超える世界最大のビジネスマン向けSNSです。

BtoB商品・サービスの場合、会社ページの投稿でアピールすることで問い合わせや購入に繋がることもあります。

会社ページをフォローしてくれているユーザーは、その企業に関心が訳なので、最新ニュースを投稿することで、比較的簡単にリーチする事ができます。

LinkedInで法人を登録するには

法人がLinkedIn(リンクトイン)を使用するには、まずはじめに、会社ページを作成する必要があります。

「法人アカウントの登録」という機能はないため、最初は個人のアカウントを作成しなければいけません。

LinkedIn(リンクトイン)ページにアクセスし、メンバー登録を行います。画面の表示に従って、基本情報を入力します。

詳しくは、こちらを参考にしてください。

個人アカウントの登録が完了したら、ホーム画面の右上「その他」をクリックし、画面横から出てくるメニューの中から「会社ページを作成」を選択します。

ページの目的に応じて、下記のようなタイプを選択することが可能です。

・スモールビジネス

・中規模から大規模のビジネス

・プロモーションページ

・教育機関

LinkedIn(リンクトイン)の会社ページ以外の機能を使うには

 会社ページを作成したあと、求人掲載、またキャリアページへアップグレードを行うには、有料プランへの申込が必要です。

自社の運用計画に応じてどの機能を使うか、見定める必要があります。

【採用目的の活用】

Linkedin (リンクトイン)プレミアム会員の採用プランに加入して

●テンプレートを使って候補者に効率的にリーチできる(30通/月)

●3次コンタクトまでのプロフィールを無制限に閲覧が可能。

●候補者のデータベースを一括で管理できる

このプランでは、優秀な候補者との関係強化を図り、採用強化に結びつけます日本においても、Linkedin(リンクトイン)を使用し、積極的に人材採用を実施した結果、実績を上げている大企業も多くあります。導入のメリットとしては、採用コストの大幅削減、早期採用実現などです。

【営業目的の活用】

Linkedin (リンクトイン)プレミアム会員になると使用可能な機能があります。

*ビジネスプラン

●過去90日間に自分のプロフィールを見た人、閲覧に至った経緯を確認できる

●つながりのないLinkedInメンバーにコンタクトが可能(15通/月)

●3次コンタクト*までのプロフィールと提案プロフィールをリミットなしで閲覧可能等

3次コンタクト:直接繋がっている人(1次コンタクト)に繋がっている人

(2次コンタクト)の更に先に繋がっている人のこと

ビジネスプランでは、直接繫がりない人へのメッセージ送信が可能となります。

*営業プラン

●過去90日間に自分のプロフィールを見た人、閲覧に至った経緯を確認できるビジネスプランの強化版。

●つながりのないLinkedInメンバーにもコンタクト可能(20通/月)

●linkedinプレミアム検索フィルターで膨大な検索結果の中から探している人をピンポイントで検索が 可能

BtoB企業の成功事例集をDLしてみる


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは、国内外の海外マーケティングの専門家5,000名と共に過去6年間で600社の日本企業のマーケティングを支援しています。

そのノウハウをまとめたお役立ち資料もご用意しています。無料でダウンロード可能なため、ご活用ください。

<この記事を読んだ方にオススメ>
海外現地進出成功事例集24選
訪日インバウンド成功事例集65選
BtoB企業成功事例集15選
BtoC企業成功事例集85選
会社概要・サービス紹介資料
韓国越境ECの新トレンド!NAVER Smart Storeで今から韓国進出
【中国進出の定石】Wechatミニプログラム
海外事業担当者がチェックすべき必須ツール29種
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)