【2019年版】アメリカ広告最新トレンド!主要広告から成功するためのコツも伝授 – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

【2019年版】アメリカ広告最新トレンド!主要広告から成功するためのコツも伝授

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

海外の市場が注目されるこの頃、「自社製品をアメリカ人に買ってほしいのでアメリカに広告を出したい!」とお考えの方もいると思います。

アメリカは、多くの先進的なマーケティング手法が初めに普及するといわれています。そのため、結果的に日本よりもトレンドが早い傾向があります。

アメリカと日本では人気のメディアやアプリが異なり、アメリカの方が流行が早く、広告の仕組みや配信システム開発自体もアメリカを起因とすることが多いです。

このように、アメリカに広告を出稿したい場合には「今、アメリカで主流となっている広告手法は何か」を常に考える必要があります。

この記事では、2019年現在のアメリカの抑えるべき広告事情をお話した後、トレンディーな広告手法と日本の事業者が具体的に何をするべきかをご紹介します。

アメリカビジネスの成功法則!現地に寄り添ったマーケティング施策が成功の鍵

アメリカの広告事情【2019年現在】

ここ数年のアメリカの広告業界では、大きな変化が見られます。
アメリカで広告を配信する際にかならず抑えておきたいのが、アメリカの広告事情です。

今アメリカではどのような事が言われているのかをご紹介します。

ますます増加するインターネット広告の重要性

アメリカでは、インターネット広告の重要性がますます増加してきています。2017年、アメリカにおいて、テレビ広告費をインターネット広告費が上回ったと話題になりました。

その原因は、消費者側と事業者側どちらにもあります。

アメリカでは現在スマートフォンユーザーが増加し続けており、1日の時間の多くをYoutubeなどの動画コンテンツで消費している現状があるというユーザー側の理由があります。

またインターネット広告は段階ごとに効果を数値化できるため、効率よく広告配信できるという事業者側のメリットも急速なデジタル広告領域の成長の要因となっています。

アドブロック使用増加に見られるインターネット広告への嫌悪感

2つ目の抑えておきたい事情は、アメリカで急速に進む「インターネット広告不信です。

アメリカではアドブロックと呼ばれる、インターネット上の広告をブロックするソフトウェアが人気です。

2018年はネットユーザーの30.1%がアドブロックを利用しており、アメリカのネットユーザーの3人に一人が広告が出てこない環境を求めています。

このデータはアメリカで広告を嫌がっている人の多さを物語っています。

メディアを見ていると、いきなり広告が現れて視聴を妨げられたり、誤って広告をクリックした先に不法な請求がきたり、といった体験をした人は後をたちません。

このような体験をした消費者は、ネット上の広告を見ても信頼性が無く、快適な操作を妨げてくる邪魔者というイメージが強まっているのです。

このような背景を踏まえた上で、アメリカに広告を出すならどの手法に注目するべきなのかをご紹介したいと思います。

アメリカの広告①リスティング広告(PPC広告)

基本として抑えたいのが、リスティング広告です。Google Adwardsに代表されるように検索エンジンで検索をして、情報を取得するという行動は未だアメリカでも主流です。

そのためリスティング広告は現在も効果の高い施策です。

広告が嫌悪されるこの時代において、リスティング広告は継続して強い手法です。

なぜなら、消費者の検索と連動して広告が自然な形で検索エンジン上に出てくるので、本当に求めているユーザーに違和感なく届く可能性が高いからです。

特に、アメリカにおいて知名度がない商品やインバウンド事業の一貫として地名と絡めてアメリカに広告出稿したい場合はリスティング広告を検討してみましょう。

アメリカにリスティング広告を出稿したい場合に知っておきたい要点をみていきましょう。

アメリカで使用頻度の高い検索エンジン

リスティング広告は、検索エンジンでユーザーが検索した結果と連動して広告を出すものです。

そのためリスティング広告を海外に出稿したいと考えた際に、そもそもどの検索エンジンが使われているかを知る必要があります。
2018年12月の調査結果では、アメリカで検索エンジンのシェアは、2018年現在トップ3はGoogleの87.26%。ついでYahoo!5.82%、bing5.64%となっています。

やはりGoogleが一番多く使用されており、2位と3位のYahoo!とbingとはかなり差がついているいますね。しかしアメリカのインターネット人口が2億2千万人いてその約20分の1の確率で利用者がいると考えると、Yahoo!とbingも無視はできない利用人口です。

 

アメリカの検索エンジンシェアTOP3+α

 

アメリカの検索習慣に合わせた運用をする必要がある

アメリカで検索に連動した広告を出稿したいと考えた時に、当然アメリカ人の検索の仕方(習慣)に合わせて広告を出稿する必要があります。

日本とアメリカの検索のやり方は結構異なっており、言語的な違いから来ています。

英語は日本語とは違い、検索する際にきちんとフレーズを完成させて検索する傾向があります。

なぜなら、英語の特徴としてワードのみを並べても意味が通じないからです。

そのため、英語での検索になると細かく語句を指定して検索することになります。

多くのキーワードを盛り込み検索をする結果、ロングテールの検索語句が多くなります。その分、文章が明確化されてユーザーのニーズも健在化しやすいのが特徴です。

日本の運用よりも、細かくフレーズを分析しながら、多くキーワードをサイトに仕込む必要があります。

そのため、英語圏のリスティング広告はネイティブの感覚のある人が細かい運用をしていく必要があります。コストと労力が大変かかるため、運用代行に任せた方が良いと言えるでしょう。

 

リスティングの広告運用をプロに任せたい
5分で徹底解説!これさえ見れば、海外向けリスティング広告が分かるまとめ

 

アメリカの広告②インフルエンサー広告

ハリウッドの海外セレブが次々とインスタグラムのアカウントを立ち上げ、現在は日本の芸能人もインスタで商品の紹介をするのが普通に見られるようになりました。

インフルエンサー広告への期待は高まっており、市場はどんどん拡大しています。今後5年間でなんと50億〜100億ドルの市場に発展するという予測がされています。

今後ますます注目される広告手法であり、データ活用や機械学習の発展とともに、ますます消費者のニーズに広告を届けることができる環境が構築されます。

また、企業はインフルエンサーと関係性を構築することにより継続的なメッセージの発信を成功させる事もできるでしょう。

そうすると、消費者は何度も情報を受取ることでより重要な情報として印象つけられることになります。

それでは、アメリカでインフルエンサー広告を出したいと考えた時に抑えるべきポイントをご紹介します。

 

5分で徹底解説!海外インフルエンサー施策の成功事例3選+各国のインフルエンサーの特色
【目指すは真のファン獲得】海外インフルエンサーで効果を出すための基本まとめ

 

アメリカで広がる広告不信の対応策になりうる

先ほどご説明した通り、アメリカではアドブロックを利用する人が増加しており、「インターネット広告不信」の風潮が加速しています。インフルエンサー広告は、広告不信の対応策になり得るものです。

なぜなら、インフルエンサー広告はインフルエンサーのコンテンツの中に含まれるものであるため、視聴体験を損ないません。動線を邪魔してくる「邪魔者」ではないのです。

また、自分が好きなインフルエンサーがおすすめしてくれているという信頼があります。

インフルエンサー広告は、違和感なく視聴者が楽しめる形で商品をアピールすることができる優れた広告手法です。

アメリカで注目されるナノインフルエンサー

広告に嫌気がさしているアメリカ人の感覚から、フォロワーが100万人以上抱え、様々な商品を紹介してくるインフルエンサーの投稿はすでに「企業に毒されているもの」という感覚を抱く人も増えているそうです。

そこで、注目されているのがマイクロインフルエンサーです。フォロワー数が1万人程度とインフルエンサーとしては少なめだけど、SNS上で商品のPRをする人たちです。

しかし、最近アメリカではさらに、ナノインフルエンサーという小さいアカウントが注目されているのです。ナノインフルエンサーはフォロワー1000人程度の、「ほぼ普通の人」のアカウントです。

知名度はなく広く多くの人に商品を宣伝することはできませんが、小さい規模だからこその親しみやすさがあります。また、彼らは「ほぼ普通の人」ゆえに友達からおすすめされるようなリアルさがあるのです。そのため、口コミに近い効果を発揮できます。

企業は、10万人のアカウントを探して商品のPRをお願いするよりも、1000人のアカウントを100人探して商品のPRをした方がより費用対効果が期待できるかもしれません。

インフルエンサー広告というと、芸能人のような人に高額のお金を支払って商品をPRしてもらうイメージがあります。
しかし、インフルエサー広告もトレンドとしては一般人のような人に協力してもらうことでよりリアルで自然な方向に進んでいるようです。

アメリカの広告③タテ型動画広告

今アメリカでとても注目を集めている新しい広告商品が、タテ型動画広告です。
昔はスマホを横にもって動画を視聴する人が多かったのですが、今はタテに持ったまま視聴することが多くなりました。そのフォーマットに合わせてタテ型の動画広告を流すことができるというものです。

2018年9月12日、Youtubeがタテ型動画広告を発表しました。Snapchatがタテ型の動画フォーマットを採用したことに起因して他の主な動画フォーマットアプリに普及しました。横型よりもタテ型の方が、スマホの大きな画面を占領できるためインパクトを残せるようです。

現在、Youtubeの総再生時間の70%以上がモバイル端末によって行われており、視聴行動に合わせてヨコ型とタテ型合わせて広告を出すことができる仕様となっています。

大きなインパクトを残せる

タテ型動画広告は横型動画広告と比較して、視聴者に大きなインパクトを残すことができます。最近スマートフォンを横にせずにそのまま縦で持って見る人が増加していますが、従来の横型広告のフォーマットでは小さく表示されていました。

視聴する側も、そのまま流し見しているケースが多かったと思いますが、突然サイズが300%アップのフルスクリーン画面になって広告が表示されると、そのサイズ感のギャップから思わず注視してしまいます。

数字としてもその成果は出ており、完全視聴率が従来の横型動画広告と比較して約9倍だそうです。

タテ型広告はこのようにサイズ感のギャップを用いることで、効果的に人に商品の印象を植え付けることができる広告手法として、とても注目を浴びているのです。

低予算で作成できる

タテ型動画広告の魅力として大きいのが、低予算で作成できるということです。短い時間の動画を作成すれば簡単に出稿できてしまいます。

まだまだ出稿するための広告費は流動的ですが、今後は高騰していく可能性もあります今のところ、比較的SnapchatやFacebookの出稿料は安いようです。

ヒュンダイの成功事例

韓国の自動車会社であるヒュンダイは、このタテ型広告を従来の横型の広告と合わせて利用し、自社の宣伝に大成功した先駆者として知られています。

Youtubeの一般公開を受けて、自社モデル「Kona」のタテ型動画広告施策を実施しました。その結果、高い成果を得られてたのです。

具体的には、ブランド認知度が33%上昇し最終購入者の96%がブランドの動画を視聴していたという結果が出ています。

すでにヒュンダイは、広告予算の多くをこの広告モデルに割り当てているとのことです。
ダイナミックな動画広告は、既存の静止画広告よりも短時間で強いインパクトを視聴者に与える事ができます。

ヒュンダイの例を受けて、ますます多くの会社が今年タテ型広告に広告予算をつぎ込むでしょう。

アメリカの広告で成功させるために必要なこと

2019年現在、注目されているアメリカの広告の手法をご紹介しました。アメリカで主流な広告の手法や価格は、日々移り変わっています。

インフルエンサーマーケティングも、5年前は主流ではありませんでした。そんな変化の早いアメリカの広告業界ですが、広告出稿したいと考えた時に何が必要なのでしょうか?

この章では、実際にアメリカに広告を出稿して成功したいと考えた時に、なにをすべきなのかをご紹介します。

ターゲットを明確にする

まず初めにすべきは自社の商品がどんな人をターゲットにしているのかということを明確にすることです。広告の手法から学ぶのはやめて、まずここから抑えましょう。

ターゲットとするアメリカ人の年齢・性別・職業・居住地・趣味など、様々な観点から設定していきます。個人的特性から、インターネットの利用頻度なども合わせて把握できると良いですね。

この時、ターゲットをとことん解像度を上げて言語化していくのがポイントです。そうすれば、それに合わせてどんな方法でアメリカに広告出稿することが有効なのかが見えてきます。

アメリカの広告手法トレンドをチェックする

アメリカで主流な広告手法は一刻一刻と変化していっています。その背景には、消費者のスマートフォンとの付き合い方や習慣、新しいサービスの出現、新しい広告手法が開発されたなど様々な要因があります。

1年もすればかなり状況が変わっているような状態ですので、(例えば今は安く出稿できる枠も来年は高騰している可能性もあります)適宜アメリカの広告トレンドをキャッチアップするようにすることをおすすめします。

このように、1日1日と変化の激しい状況ですので、日本のネットにある情報が既に古くなっていないかは気にかけながら情報収集しましょう。アメリカの検索エンジンで、原文のまま英語で現地の生の情報を取るのが一番正確ですのでおすすめです。

自分でやるコストは高いのでプロに相談するのも手!

ターゲットを明確にするためにアメリカの知見を持ち、日々変化していくアメリカの広告トレンドを抑え、英語で出稿して運用していくのはかなりのコストがかかります。

実際、リスティング広告の運用だけでも、日本人がいくら勉強して情報を収集してもネイティブの語句の使い方など文化的な事情を知れる環境でないと厳しいでしょう。自社のマーケターが疲弊してしまうので、おすすめはできません。

アメリカに広告を出して成功させたい!とお考えであれば、日本の海外マーケティングに詳しいプロに相談して代理で出稿・運用してもらうのが得策です。成果を上げるという観点からももちろんですが、何よりもリサーチや運用ノウハウをキャッチアップするコストが省けます。

グローバル・マーケティングカンパニーであるLIFE PEPPERも、アメリカに出稿される皆さんのご相談を受け付けています。

英語圏サービス紹介

こちらに、英語圏への施策事例を挙げています。

諦めかけていた欧米、台湾向けアパレル広告運用
弊社が運用してからCV数2倍の運用事例!

まとめ

ここまでアメリカの主要な広告である、リスティング広告とインフルエンサー広告、タテ型動画広告の概要や、広告出稿のために抑えるべき点について述べてきました。アメリカに広告を出稿し、成功するイメージつきましたか?

一昔前のイメージだと、アメリカに広告を出すとなるとアメリカのテレビCMやチラシや看板などの手法しかなく、非実現的でした。しかし、現代は国境を超えてネットでより手軽に広告を出すことができます。その分、情報は複雑化していますが市場は日本だけでなく、世界に開かれることになりました。

自社だけでやるのはなかなか骨が折れる作業にはなりますが、日本にいる専門家と上手く協力することで、魅力的なアメリカの市場を開拓していってください。

お問い合わせはこちら


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ