中国展開でこのようなお悩みありませんか?

  • タオバオへの出店方法がわからない
  • 社内に言語対応できるスタッフがいない
  • 外国人集客のノウハウがない
  • 現地のパートナーとの意思疎通が難しい
  • 中国向けの効果の出るプロモーション手法がわからない
  • 中国市場における最新情報を収集する方法がない

タオバオ出店代行サービスとは?

1. 豊富な実績・安心サポート

年間600社の海外案件サポートの実績から、タオバオ含む中国展開の全体設計をご提案させて頂きます。中国展開が初めての企業様でも、弊社がパートナーと言う立ち位置でサポートさせて頂きます。

2. 戦略的なプロモーションとブランディング設計

中国では著作権問題などからくるブランディング課題は深刻です。他の国と違い、法律やオンラインサービスの規制などが厳しい国です。そんな中国への販路拡大は知識だけでは限度があります。

弊社が今まで実施してきた中国向けのプロモーション実績と、中国現地での太いパイプなどを活かし、展開から現地での認知拡大、市場拡大までサポートします。

3. 一気通貫した施策の設計および実施

多くの広告代理店が個別施策の実施に留まる中、弊社はビジネス全体を俯瞰した上でタオバオ出店代行だけでなく、WEB広告インフルエンサープロモーション、SNS運用、Webサイト制作、メディアプロモーションなどの施策を組み合わせた提案が可能です。

このサービスについてもっと知りたい方へ

タオバオ出店代行サービスについて無料相談する

タオバオ出店|導入までの流れ

タオバオとは?

 タオバオとは、アリババグループが2003年に創設した中国最大規模のショッピングモール型ECサイトです。

アリババの起業家のジャック・マー氏はご存知かもしれませんが、、タオバオも彼らのグループが提供するサービスの1つです。中国から見る外資企業のモール型EC参入はハードルが非常に高く、現状では中国企業が提供するモール型ECが市場を支えています。タオバオ以外にもTmallやジンドンなどの大型ECモールがあります。

このように中国では、モールを活用した中国展開がハードルが低く、展開しやすい手法となってます。実際に企業規模問わず、日本企業の最初の中国展開として選ばれるのが、タオバオモール出店です。

モール出店戦国時代

しかし、年々、日本を含む全世界からタオバオへの出店が容易にできるようになったことから、競合との差別化を明確にする必要ができてきました。モールに出せば売れる時代は去ったと言っても過言ではありません。特に、中国現地の安い商材と比較して、日本製品は価格が高いことが多いです。

つまりは、価格だけでは負けてしまうため、これからの時代はブランディングを意識した中国展開を実施していかなくてはいけません。

有効な中国モールマーケティングの概要

ブランディングとモール出店

モール出店で成功を収めている企業の共通項はブランディングの有無です。消費者に商材の価値を理解してもらい、確実なファンを獲得していく必要があります。

多くの中国展開に成功しても、売上や市場拡大に伸び悩みます。最大の原因は認知されても購買されなかったり、離反してしまうユーザーをモール出店と言う枠だけでは解決できないためです。

モール出店は中国に販路を広げることのできる飛び道具であると同時に、単なる販売チャネルでしかありません。

そこで弊社はモール出店に加えて、ブランディンやマーケティング攻略を合わせて、サポートさせて頂いております。マーケティング手法などは下記のページにて詳細が掲載されていますので、合わせてご確認下さい。

このサービスについてもっと知りたい方へ

タオバオ出店代行サービスについて無料相談する

LIFE PEPPERが提供する中国向けサービス一覧

LIFE PEPPERはタオバオ出店代行サービス以外にも複数の中国向けプロモーション施策の実行が可能です。

ご相談いただければ、貴社のマーケティング・事業戦略などをお伺いし、ビジネス全体を俯瞰した上での戦略的なご提案が可能です。中国向けのマーケティング等で課題感がございましたら、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

タオバオ出店代行についてよくあるご質問

Q タオパオ出店にかかる期間はどの程度ですか?

A 一般的にはご契約から公開まで3ヶ月を頂いております。

Q まだ相談したい内容が漠然としているのですが、相談可能でしょうか?

A 問題ございません。貴社のマーケティング・事業戦略などをお伺いし、ビジネス全体におけるタオパオ出店の位置づけを擦り合わせることが可能です。

Q 出店して成果がでないこともありますか?

A 確実に成果が出るとは断言できませんが、弊社は常に創業以来培ってきたノウハウを元にベストプラクティスな提案をさせていただいております。仮に成果が出なかった場合でも、現地目線で検証と改善をスピーディーに回すことで、トータルでの成果出しには確実に寄与できるものと考えています。

03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)