【2019年最新版】中国マーケティングのポイント!情報収集のコツもご紹介  – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

【2019年最新版】中国マーケティングのポイント!情報収集のコツもご紹介 

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

中国は人口が14億人を有する世界有数の巨大市場です。多くの日本企業が中国に進出し、日夜会社の発展・利益獲得のためにしのぎを削っています。

中国ではキャッシュレス化の進展・独自SNSの発展など、中国人の購買行動は日本とは異なります。

そんな中、以下のようなお悩みを抱えた方も多いのではないでしょうか?

「中国で事業を展開したいけどマーケティングの方法がわからない…」
「中国で事業展開をしているものの、SNSマーケティングの効果がいまいちで困っている。」

今回の記事では中国マーケティングの特徴、気を付けるべきポイント、中国の情報収集のポイントなどをご紹介します。

この記事を読めば、中国特有の消費動向や最新のトレンド、中国マーケティングについてわかります。

【2019年最新版】中国ビジネス成功事例から必須ポイントまで完全網羅
知っておかなきゃ!中国人気ECベスト3&中国向け越境ECマーケティングのメリット・デメリット

中国でマーケティングを行う前に抑えておくべきこと

まず中国でマーケティングを行う際に抑えておくべき、中国市場の特徴をご紹介します。

代表的な特徴としてキャッシュレス化の拡大、購買力の大きさ、ライブコマースの3点が挙げられます。

早速見ていきましょう。

キャッシュレス化の拡大

中国ではWeChatPayなどを用いたキャッシュレス化が急速に進んでいます。日本とは比べ物にならないほどキャッシュレスが進行しており、それに合わせたマーケティングが必要となります。

キャッシュレスとはクレジットカードやQRコード決済など、現金以外の手法による決済です。

日本のように現金を持ち歩いて出歩くといった光景は中国の都市部ではあまり見られません。キャッシュレス化が急速に浸透した要因としては利便性の高さがあります。

中国ではパソコンよりもスマホが普及しており、他国に比べてもスマホアプリが充実しています。例えば中国ではかつて購入に半日かかっていた鉄道切符を買うのにスマホを使って数分で購入できるようになりました。こうした利便性の大幅な向上によりモバイル決済が普及しました。

現金でものを買う習慣がなくなり、店に行って物を買うよりもSNSを見てその場で購入する人が増えています。キャッシュレス化と中国独自のSNSの発展が相まって中国独自の商品購入システムが確立しています。

WeChatは日本にも広がる中国で主流の決算手段

購買力が大きい

現在、中国の人口は約14億人であり、世界1位です。日本の人口は1億人であるので中国の人口は日本の人口の10倍以上となります。

人口が多ければそれだけ購買力も大きく、市場規模も大きくなります。多くの日本企業が中国進出を目指すのは、この購買力と市場規模の大きさのためです。

中国マーケティングを制することは、事業を展開する上で非常に大きなアドバンテージとなります。

参考:中国と日本の人口データ比較

ライブコマース

中国マーケティングで効果の高い販売訴求方法として「ライブコマース」の重要性がますます増加しています。

ライブコマースとは、リアルタイムな動画配信によって商品を紹介することを指します。日本では通常、商品の紹介ページに写真やテキスト情報を掲載しますが、中国ではリアルタイムの動画配信によって商品をアピールします。

ライブコマースでは、中国独自SNSであるWeChat内で多数のフォローワーを得ている人々(「新媒体」または「KOL(Key Opinion Leaders)」)に企業はお金を払い、自社の商品を紹介してもらうという中国マーケティングではメジャーな宣伝方法です。

中国のアプリでは日本と比べても決済までのステップが少なく、ライブコマースを見て気に入った商品をすぐに購入することができます。ライブコマースで商品を見て使い勝手を確認し、SNS内で商品説明を読んでその場で購入するという販売スタイルが確立しています。

中国Webマーケティング 重要項目

中国Webマーケティングの重要事項である、WeChatを中心とした独自SNS、最大の検索エンジン百度(Baidu)、EC最王手である淘宝网(tao bao)について見ていきましょう。

中国進出する上で、押さえておきたい中国のWebマーケティングの基礎知識

中国独自SNS:WeChat、Weibo、QQなど

中国ではWeChatWeiboQQなど独自のSNSが発展しています。中国の消費者はトレンド情報を中心にSNSを見て商品を購入しています。

テレビや雑誌などの媒体は日本と比べて影響力がなく、SNSが中国マーケティングの中心となっています。中国ではGoogleやFacebook、Twitterは閲覧規制がかかっているため中国独自のSNSが発展しています。

中国のSNSはただのチャットアプリなどではなく、様々な情報を発信しています。個人がブログのように情報を発信して多くのフォローワーがつくこともあります。フォローワーの多い個人アカウントが紹介した商品が 飛ぶように売れます。

中国マーケティングにおいては、まず中国独自SNSを抑えることが大切です。

中国のSNS事情!SNSマーケティングを成功させる方法
中国向けSNS WeChat(微信)・Weibo(微博)活用サービス

中国最大の検索エンジン:百度(Baidu)

百度(Baidu)は、PC・モバイル共に中国で最も利用者の多い検索エンジンです。中国版のGoogleといえる存在で、検索エンジンシェアは71.4%にものぼります。

中国マーケティングを成功させるには百度(Baidu)のSEO対策やリスティング広告が必要になります。

百度(Baidu)の特徴は「中国語に特化した検索エンジン」であることです。百度(Baidu)は世界で最も多くの中国語 Web サイトを持っています。中国語で検索し中国語でのWebサイトを見つける場合、百度(Baidu)が最も便利な検索エンジンとなります。

【最新版】中国検索エンジン利用者ランキングTOP5+α
中国百度(Baidu)リスティング広告

参考:2019年海外検索エンジンシェア最新情報!

中国最大手ECサイト:淘宝网(tao bao)

淘宝网(tao bao)とは、中国で多く使われているECサイトです。阿里巴巴(アリババ)グループが2013年に設立したECサイトであり、企業だけでなく個人も商品販売が可能です。

淘宝网(tao bao)は中国で最も知名度の高いECサイトであり、中国のCtoCサイト(消費者同士が売買を行うサイト)の中でもシェアは9割を越えます。

中国マーケティングにおいて、EC導入を検討している場合、まず抑えるべきは淘宝网(tao bao)であると言えるでしょう。

企業が消費者に商品を売ることもでき、消費者同士が商品の売買も行えるのがポイントです。日本のサービスでイメージすると、楽天市場とメルカリを一緒にしたようなサービスです。

厳選5選!中国向けWebマーケティングで活用できるWebサイトまとめ
中国アリババ出店支援サービス

中国マーケティングで押さえたい!年間スケジュール

中国マーケティングで押さえたい年間スケジュールは、春節独身の日です。

春節とは中国の旧正月のことです。春節には多くの中国人が旅行やレジャーを楽しみます。独身の日は現在、中国のECサイトで大々的なセールが行われ、消費が盛んになります。

春節(中国の旧正月):お祭り騒ぎで購買力も増加する時期

「春節」とは中国の旧正月のことを指します。1月の下旬から2月の上旬にかけて、旧正月の前日から七日間が中国の春節休みとなっています。

春節は中国の法律で決められた休日であり、大勢の中国人が仕事や学校を休み、こぞって旅行やレジャーに出かけます。日本でいうゴールデンウィークのようなものです。

近年は関税の引き上げなどの理由により、中国人の「爆買い」はあまり見られなくなりました。しかし春節は中国人の消費が増えるタイミングであることは間違いありませんので、抑えておくようにしましょう。

独身の日:中国最大のネットセールの日

中国では、11月11日は独身の日と呼ばれています。

独身の日には中国の各ECサイトやモールが大々的にセールを行います。

中国の独身の日の売上は5兆円にものぼります。楽天の1年間の国内EC流通総額が約3.5兆円なので、それを1日で超えるといいうことになります。

日本企業も独身の日に商機を見出しています。独身の日で販売される商品は中国のものだけに限りません。日本企業の中では、ユニクロユニ・チャームなどの商品がよく売れるといいます。

独身の日は越境ECを行う企業にとっても大きなチャンスになり得ます。日本にはない祝日ですが、中国マーケティングで重要となりますので抑えておきましょう。

LIFE PEPPER 中国向け越境EC進出支援サービス

中国最新マーケティング 情報収集ポイント

中国の最新マーケティング情報を収集するために、公的機関の発表したレポートや、海外マーケティング支援会社のセミナーなどを活用方法をこれからご紹介していきます。

JETROや中小企業庁などの資料

中国マーケティングについての情報を集めるには、まずは公的機関が発表するレポートに目を通すことをおすすめします。

JETRO中小企業庁が、日本企業の海外展開や各国のマーケット情報に関する情報を配信しています。

例えば、JETROでは「中国のEC市場に見いだす販路」などのマーケット情報を、中小企業庁では「中小企業海外展開支援施策集」など日本企業の海外進出に関するレポートを公開しています。

海外進出に関する情報やマーケット情報がコンスタントに発信されており、海外マーケティングに必要な情報を随時得ることができます。公的機関のレポートは、日本の経済・産業に関する政策の立案のために作成されています。内容が充実しており、情報も常に最新のものがそろっています。

レポートはあくまで概要を把握するものであるため、海外マーケティングに直接役立つわけではありません。ただ、各国の最新情報と日本企業の海外進出について情報を得るには有効だと言えるでしょう。

海外マーケティング支援企業のビジネスセミナー

海外マーケティングを支援する会社のビジネスセミナーに参加して、情報やノウハウ収集も中国最新マーケティング動向を掴むのに効果的です。

海外マーケティング支援事業を行う弊社LIFE PEPPERも海外マーケティングに関するセミナーを開催しています。アジア圏を中心とした、SNSマーケティング越境ECなど日本企業の海外進出に役立つセミナーを開催しています。

また、先述したJETROも、海外市場の販売開拓セミナーや貿易実務講座といった様々な講座を日本全国で開催しています。海外ビジネスについての定期的なセミナーに参加したい方にはおすすめです。

LIFE PEPPERのセミナー情報
JETROのセミナー情報

【海外ビジネス成功ポイント4選】情報収集のコツと成功事例も解説します

まとめ

今回の記事では中国マーケティングについてご紹介しました。

中国は隣の国でありながら、商品の購入方法や独自SNSの発達など多くの点で日本と異なります。春節や独身の日など、中国独特の習慣もあります。

弊社LIFE PEPPERでは、訪日外国人集客や海外マーケティングの戦略支援を行なっています。年600社の相談実績があり、グローバル市場での売上UPをサポートしています。
中国マーケティングを成功させるためにも、海外マーケティングのプロを活用しましょう!

LIFE PEPPER 資料ダウンロードはこちら
LIFE PEPPER 無料相談はこちら


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ