外国人観光客に人気の都市は沖縄・京都・大阪!【世界インバウンド伸び率ランキング独占】 – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

外国人観光客に人気の都市は沖縄・京都・大阪!【世界インバウンド伸び率ランキング独占】

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

人気都市を中心として、年々増えている外国人観光客。観光スポットや商店街などあちこちで、インバウンド客の増加を肌で感じている人も多いのではないでしょうか。

実は日本を訪れる外国人観光客の増加率は、世界的にみても著しいことがわかっています。

2018年に世界中の観光客の増加を調査したアメリカの報道で、なんと日本の都市がトップ3を独占していたのです。

この記事では、トップ3に輝いた人気都市の事例から、外国人観光客目線のインバウンド集客の秘訣を解説します。

人口減少が止まらない日本では、インバウンド集客は観光産業の成功の分かれ目ともいわれています。

外国人観光客の伸び率が著しい今こそ、本格的にインバウンド集客に乗り出すタイミングといえるでしょう。

世界のインバウンド伸び率ランキングを独占した沖縄・京都・大阪を、外国人目線で比較!〜インスタグラムハッシュタグ分析〜

ここからは、2018 年の世界中の観光客の増加を調査した米マスターカードについての報道を、外国人目線で紹介していきます。

訪日外国人旅行者(インバウンド)の伸びが世界トップクラスであることがデータで浮かび上がった。クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2018年度世界渡航先ランキング」によると、過去8年間の渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で沖縄、京都、大阪が1~3位を独占。北海道が7位、東京が11位に食い込むなど、他の国々を圧倒した。17年の渡航者数は東京が8位、大阪が19位だった。

調査は世界の主要162都市(都市圏)を対象に、ビジネスや観光で訪れた1泊以上の渡航者数などを集計した。2011年から毎年公表され、都市数や調査項目は年を追って拡大。今年は調査地点が30カ所増えた。マスターカードによると、各国の公的な統計資料などを基に調査され、日本は都道府県単位で集計。京都、沖縄は今回追加された調査地点だ。

インバウンドビジネス成功事例!売上940億円から年241%成長事例も

2018年度世界渡航先ランキング

2018年にマスターカードが行なった「急成長渡航先ランキング」で、なんと日本の都市「沖縄・京都・大阪」が見事トップ3に輝きました。(*1,2)

ちなみにランキングトップ10は以下のようになっています。

1位:沖縄 39.2%
2位:京都 27.8%
3位:大阪 23.6%4位:成都(=チェンドゥ、中国) 21.6%
5位:廈門(=アモイ、中国) 20.5%
6位:プーケット(タイ) 18.5%
7位:北海道 18.4%
8位:アブダビ(アラブ首長国連邦) 18.2%
9位:ハノイ(ベトナム) 17.7%
10位:コロンボ(スリランカ) 16.9%

2009年から2017年までの8年間の通算で、トップ3に輝いた「沖縄・京都・大阪」の外国人観光客数は、沖縄が約14倍、京都が約7倍、大阪が約5.5倍増加しています。

1位の沖縄は2位に大きく差をつけています。それにしても、8年間で14倍というのはすさまじい数字ですね。

また大阪は2016年・2017年の調査で2年連続世界1位を獲得しています。「沖縄・京都・大阪」以外だと、北海道が7位に入っています。

ではこれから早速人気都市である沖縄・京都・大阪について、各都市の特徴から効果的なインバウンド戦略、インスタ分析をご説明していきます。

*1:Mastercard Global Destination Cities Index 2018
*2:産経WEST 「世界のインバウンド伸び率、沖縄・京都・大阪が上位3位まで独占」

インバウンドゴールデンルートとは?今後注目の新インバウンドルートもご紹介!

外国人観光客に人気の都市①沖縄

8年間で約14倍も外国人観光客が増加した人気都市・沖縄。

沖縄には美しいビーチをはじめ素晴らしい観光資源がありますが、沖縄が外国人観光客に人気である秘密はそれだけではありません。

沖縄県が行う医療ツーリズムや、県民をあげてのホスピタリティ向上の取り組みあってこその外国人観光客の増加といえます。

沖縄県の施策やSNS分析による人気の秘訣を紹介します。

(関連情報)沖縄で大人気のラーメン屋さんの行列の秘密とは?

詳しくはこちら

沖縄県の観光収入は?外国人観光客増加の背景

沖縄県の発表によると、2017年度の旅行・観光消費額は約7800億円にのぼります。内訳は下記の通りです。


(参考:平成29年度 沖縄県における旅行・観光の経済波及効果【推計結果】

旅行・観光消費額の内訳はまだ県外客がその大部分を占めるものの、注目すべきは国外客の増減比です。今後、日本国内の人口減少や外国人観光客の増加にともない、内訳の構成は逆転する可能性もあります。

外国人観光客が増加している背景として、中国をはじめアジア圏の経済成長が目覚ましいことが挙げられます。中国・韓国・台湾などの富裕層・中間層がこぞって海外旅行に繰り出すことから、世界的に見てもアジア圏の外国人観光客が爆発的に増加しているという傾向があります。

日本は地理的な面からも、特にアジア圏の外国人観光客の増加の影響をダイレクトに受けたといえるでしょう。

外国人観光客の満足度向上を目指す!沖縄県の様々な施策

沖縄県は、「世界水準の観光リゾート地の形成」をかかげ、様々な取り組みを実施しています。

沖縄らしい風景・景観の保全、医療ツーリズム、観光メニューの開発、交通機関の整備、Wi-Fiの整備など、取り組み内容は多岐に渡ります。

沖縄県民の観光客へのホスピタリティの向上も盛り込まれており、県をあげて観光客にとって居心地のいい空間づくりを目指しています。また、多言語のパンフレットや交通案内も充実しており、総合的に快適な旅を実現することを意識したきめ細やかな配慮があふれています。

沖縄県といえば、透けるように美しいビーチやサンゴ礁が有名です。しかし、せっかくの観光スポットも、利便性が損なわれていては活かすことができません。

旅の満足度は観光資源だけでなく、通信環境や交通案内などの整備状況、街や人の雰囲気によって左右されます。外国人観光客の人気を獲得するには、どこかにかたよることなく、総合的な満足度向上を追求する姿勢が大切です。

外国人観光客増加の波に乗る!インバウンド集客に効果的な手法とは?

各国から見た沖縄のイメージは?ハッシュタグでSNS分析

弊社LIFE PEPPERでは、外国人観光客の人気の秘訣を知るために、SNSを用いた分析を行いました。

まず言語別にインスタグラムを使用し、一般の観光客の投稿から、各国の外国人観光客が沖縄に対してどのようなイメージを持っているかを調査しました。

沖縄×英語ハッシュタグ

英語圏における沖縄に関する投稿は、ビーチ関連のものが多いことがわかります。

沖縄が持つスケールの大きな自然が英語圏の観光客を魅了しているのが伺えますね。開放的な雰囲気の水着の投稿も目立ちます。

(関連情報)沖縄で大人気のラーメン屋さんの行列の秘密とは?

詳しくはこちら

沖縄×韓国語ハッシュタグ

韓国語で沖縄の投稿を見てみると、カップルで撮影して絵になるスポットが人気なのが伺えます。

ハイビスカスや石垣、ビーチ、ヤシの木など沖縄らしい要素がおさまる「インスタ映えスポット」を意識した投稿も目立ちます。

沖縄×中国語(繁体字)ハッシュタグ

繁体字(はんたいじ)で沖縄の投稿を見てみると、人気インフルエンサーと思われる女性が1人で映っている投稿が多くありますね。

繁体字は中国の南部や台湾で使われる漢字の字体です。

台湾ではインスタグラマーやブロガーの影響力が非常に大きく、インフルエンサーが1つの職業として認知されています。

このことから、台湾人の観光客を都市に誘致するには、上手にインフルエンサーを活用することが鍵であると言えるでしょう。

(関連情報)沖縄で大人気のラーメン屋さんの行列の秘密とは?

詳しくはこちら

訪日インバウンドSNS運用の無料相談はこちら

外国人観光客に人気の都市②京都

続いては外国人観光客に大人気の観光都市・京都について解説します。

国宝や文化遺産が多く日本の四季を感じられることからも、京都は国内外の観光客を惹きつけてやみません。しかし、人気の観光都市だからこそ、期待を裏切らない施策が必要になります。

京都府の観光収入や、京都府が行う特徴的な取り組みを紹介します。

外国人向けビジネスの魅力とは?成功事例と取り組み方も解説します

京都府では外国人観光客の宿泊者が増加!観光収入は1兆円超え

2018年の観光庁の訪日外国人消費動向調査によると、京都の訪問率は29.7%で、観光目的で来日する外国人の約3割が京都を訪れていることがわかりました。

訪問率からみても、京都府は外国人観光客にとって一度は訪れたい人気の都市だとわかります。

京都府では、2013年までは外国人観光客の宿泊者は100万人程度でした。しかしその後の施策により観光客を数年で大きく増加させ、2017年の宿泊者は360万人になりました。

宿泊者数増加と付随して観光消費額も大きく上昇し、2017年の京都府の発表では1兆円を超えています。

京都府ではインフラ整備や多言語対応に加え、様々なグレードのホテルを用意するなどの取り組みを行ってきました。それらの施策が功を奏し、宿泊者・観光消費額の増加につながったと予想されます。

残念度調査?外国人観光客確保に向けた様々な工夫

京都府では外国人観光客の人気を獲得するため、「質の向上」をテーマに様々な対策を行っています。

「歩いて回れる」というコンセプトのもと、観光案内のアップグレードから、免税店拡充のため事業者向けに免税店の資格取得手続きの勉強会を開催。このような一見地味な施策にも地道に取り組んでいることが実を結び始めているようです。

一方で外国人観光客の「残念度」を調査したところ、「人が多い、混雑」という項目に意見が集中しました。

外国人観光客が増えるのは喜ばしいことですが、混雑によって満足度が下がってしまっては意味がありません。

そのため京都府では外国人観光客の分散のために、「朝観光・夜観光」の推進や、イベント開催時期の分散、中心地から離れたエリアの魅力発信といった工夫を行っています。

各国から見た京都のイメージは?ハッシュタグでSNS分析

外国人観光客の京都に対するイメージやニーズをつかむため、弊社LIFE PEPPERでSNS分析を行いました。調査結果は下記の通りです。

京都×英語ハッシュタグ

英語圏では「まさに京都」というべき、京都の人気観光スポットで撮影した写真が目立ちます。

真っ赤な鳥居や竹など日本らしい風景が人気を集めていますね。また、街中で着物を着た欧米人の女性を見かける機会が多いように、文化が違うからこそ着物は高い人気を誇ります。

京都×韓国語ハッシュタグ

一方韓国では、「本当に京都に行ったの?」と目を疑ってしまうほど、人気観光スポットの写真は出てきません。

その代わりに自分たちにとって、「日本らしさ」を感じられる京都のスポットで観光を楽しんでいることがわかります。

京都×中国語(繁体字)ハッシュタグ

中国・台湾も韓国同様、京都の人気観光スポットというより独自の目線での日本らしさを追求する投稿が目立ちました。

アジア圏では旅行先を決める際にSNSの情報が非常に重視されます。また、投稿者は「ありふれた写真」よりも「自分らしい写真」「オリジナリティのある写真」を求める傾向があります。

観光資源にとらわれずとも、「日本らしさ」「写真映え」を意識することで、一気に外国人観光客の流入が見込めるかもしれません。

訪日インバウンドSNS運用の無料相談はこちら

外国人観光客に人気の都市③大阪

最後に外国人観光客急増ランキングで第3位を獲得した人気都市・大阪府について解説します。

大阪府はショッピング・グルメの街としてのブランドイメージの醸成に成功し、繰り返し訪れる人も多い人気の観光都市です。人気の観光都市になるには、満足度を向上しリピーターになってもらわなければなりません。

大阪府の施策を参考にすることで、リピーター獲得のヒントが得られるはずです。

大阪インバウンド最前線!インバウンド客に効果的な集客方法もご紹介

リピーターが多い地域は?何度も訪れたくなる理由

大阪府の発表によると、2013年から2017年にかけて外国人観光客数は継続的に増加しています。

また中国・韓国・台湾・⾹港からの観光客が、大阪を訪れる外国人観光客の約8割を占めていることがわかっています。

全国的にもこの4地域からの外国人観光客の割合は非常に高く、近年増加傾向にあります。インバウンド対応を考えるなら、中国・韓国・台湾・⾹港を意識した施策が効果的です。

ショッピングやグルメといった大阪のブランドイメージが、リピーター獲得に貢献していると考えられます。

観光スポットは一度訪れれば満足という人も多いですが、ショッピングやグルメだと、繰り返し利用したいと思う人も少なくありません。多言語対応している薬局や家電量販店が多いことも、大阪の人気の秘訣といえるでしょう。

ショッピング・グルメだけじゃない?大阪府のインバウンド対応

大阪府ではWi-Fi整備多言語対応に力を入れています。

また外国人観光客が安全・安心の旅行を実現してもらうために、病気や災害時にアクセスできる多言語対応のポータルサイトの運営や、薬局における外国人対応マニュアル整備を行っています。

取り組みの結果、大阪府は2017年にイギリスの経済紙・エコノミストの「医療・健康環境の安全性」に関する世界都市ランキングで見事1位を獲得しました。

各国から見た大阪のイメージは?ハッシュタグでSNS分析

外国人観光客の大阪に対するイメージやニーズをつかむため、弊社LIFE PEPPERでSNS分析を行いました。調査結果は下記の通りです。

大阪×英語ハッシュタグ

英語圏では、様々な場所に旅行した場合写真をまとめて投稿するため、大阪ではない写真も多く表示されているのがわかります。初見で大阪だとすぐ分かる写真はあまり多くありませんね。

欧米から日本までは旅費も高く時間もかかるため、一度日本に訪れたからには複数の都市を巡り、観光を楽しむ人が多いと推測されます。

(関連情報)年間20万人が訪れる関空直通の南海難波の観光案内所で、対面接客PRをしてみませんか?

詳しくはこちら

大阪×韓国語ハッシュタグ

韓国人観光客にはUSJやグリコの看板が人気です。

また喫茶店や食べ物の写真もあり、大阪らしい観光スポットはもちろんですが、「ほっと一息つくような時間」も投稿の素材になっていることがわかります。

大阪×中国語(繁体字)ハッシュタグ

中国・台湾では食べ物・夜景・お土産・着物・USJなど投稿内容は多岐に渡ります。食に関するイベントの投稿もあることから、大阪は「グルメ街」としての認知に成功していると言えるでしょう。

SNSで投稿が拡散されることで、観光客の中にその都市に対するイメージが確立されます。

単に「写真映え」を意識したスポット作りだけでなく、ブランド戦略・イメージ戦略を意識したスポット作りが重要で、長期的な外国人観光客の獲得につながるといえるでしょう。

訪日インバウンドSNS運用の無料相談はこちら

外国人観光客を集客する方法

最後に、外国人観光客を集客するための方法について解説していきます。

インバウンドプロモーションを成功させるポイントとは?意外なアピールポイントが見つかる可能性も

無料Wi-Fiなど通信環境の整備

無料Wi-Fiを設置するなど、通信環境の整備は外国人観光客の人気を獲得するには真っ先に取り組むべき事項です。

外国人観光客が旅行中に困ったこととしてよく挙げるのが、Wi-Fiなど通信環境に関する項目だからです。

最近では旅行中もインターネットから情報を得ながら観光することがほとんどです。通信環境さえあれば、飲食店を探したり人気観光スポットまでの道順を検索することができます。

通信環境を整備することで、外国人観光客にとって快適な旅が実現します。SNSやブログなどで旅の思い出が紹介されれば、それが次の外国人観光客の獲得につながるでしょう。

【分野別】訪日外国人向けサービスまとめ!訪日外国人が困ったこと順で紹介

SNSを中心にWebマーケティングに力を入れる

外国人観光客の人気を獲得するには、Webマーケティングがカギになります。

Webマーケティングには様々な種類がありますが、インバウンド対応としてはインスタグラムを筆頭としたSNS運用リスティング広告インフルエンサーマーケティングなどが効果的です。

最近では検索エンジンだけでなく、ブログやインスタグラムなどのSNSで情報を検索する人が増えてきました。

人気インスタグラマーやブロガーが紹介すると、それだけで一気に外国人観光客が急増することも。口コミが拡散されやすいのもSNS時代といわれる現代の特徴です。

今後はWebマーケティングでどれだけ都市の魅力を発信できるかが、外国人観光客の人気を左右する時代です。

外国人観光客向けにプロモーションする時は、ハッシュタグ検索の結果から見た違いにもわかるように、各国に合わせた戦略を練ることが重要です。

効果的なWebマーケティングには、単に人気観光スポットを打ち出すだけでなく、各国の文化や国民性をよく理解したアドバイザーの存在が不可欠といえます。

インバウンドコンサルティング業者を活用しよう!選ぶ時に抑えるべきポイントとは

多言語対応・ピクトグラムの導入

多言語対応も外国人観光客を獲得するうえで非常に重要な施策です。

多言語対応というと通訳を思い浮かべ、難しいと感じる人も多いでしょう。しかし看板やメニューなどは一度複数言語のものを用意すれば、それ以降はコスト・労力は発生しません。

通訳以上に看板や案内が充実している方が、外国人観光客にとっても話しかける手間がなく、かえって快適な旅ができる場合もあります。

施設案内であれば、ピクトグラムという絵文字を使った表記を取り入れるのもおすすめです。言語を問わず理解できるため、今後別の地域の観光客が増加したとしても、刷新する必要がありません。

またWebサイトの多言語化は、コストを抑えて外国人観光客誘致が期待できます。費用対効果のいい方法なので、まだ多言語対応していない場合は、優先して取り組むことをおすすめします。

インバウンド向け多言語サイト制作の無料相談はこちら
インバウンドリサーチとは?訪日外国人増加をビジネスチャンスに!

まとめ

渡航先の都市として人気急上昇中の沖縄・京都・大阪の事例をもとに、外国人観光客向けの様々な施策を紹介しました。

大切なのは、外国人観光客が何を求めているかを真剣に考え、ニーズに合ったサービスや対応をしていくことです。

迷いやすい観光スポットなら標識の整備や通信環境を整える、体験メニューが売りなら地域住民の意識改革や街並みの景観保全を重視するなど、着眼点は異なってきます。

またどの地域からの観光客が多いのかを分析し、地域に応じたプロモーションや取り組みを行うことが大切です。

あくまで相手目線でインバウンド集客に取り組むことで、きっと人気を獲得することができるでしょう。

インバウンド対応に真剣に取り組みたいなら、一度専門家に相談することをおすすめします。専門家に相談することで、最新の外国人観光客の動向が見えてきます。

弊社LIFE PEPPERでは、インバウンド集客や海外Webマーケティングの総合支援を行なっています。年間600件を超える相談実績を有し、グローバル市場での売上増大をサポートしています。

お悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

LIFE PEPPER 訪日インバウンドコンサルティングサービス


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ