【2018年】世界のインバウンド伸び率ランキング独占の沖縄・京都・大阪を、外国人目線で比較! – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER
登録者数5,000人超!
基礎からトレンド、最新イベントまで、お役立ち情報をゲットしたい方はメールアドレスorLINE@を今すぐ登録!
海外マーケティング・訪日外国人集客の最新情報を配信中!

メールアドレス

【2018年】世界のインバウンド伸び率ランキング独占の沖縄・京都・大阪を、外国人目線で比較!

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

こんにちは!LIFE PEPPERの都所です!
この記事は、2018年の世界中の観光客の増加を調査した米マスターカードについての報道を、外国人目線で紹介していきます!

訪日外国人旅行者(インバウンド)の伸びが世界トップクラスであることがデータで浮かび上がった。クレジットカード運営の米マスターカードが9月末に発表した「2018年度世界渡航先ランキング」によると、過去8年間の渡航者数の成長率を比較する「急成長渡航先ランキング」で沖縄、京都、大阪が1~3位を独占。北海道が7位、東京が11位に食い込むなど、他の国々を圧倒した。17年の渡航者数は東京が8位、大阪が19位だった。

調査は世界の主要162都市(都市圏)を対象に、ビジネスや観光で訪れた1泊以上の渡航者数などを集計した。2011年から毎年公表され、都市数や調査項目は年を追って拡大。今年は調査地点が30カ所増えた。マスターカードによると、各国の公的な統計資料などを基に調査され、日本は都道府県単位で集計。京都、沖縄は今回追加された調査地点だ。

引用元 産経WEST 「世界のインバウンド伸び率、沖縄・京都・大阪が上位3位まで独占」より
https://www.sankei.com/smp/west/news/181009/wst1810090005-s2.html

TOP3を独占する沖縄・京都・大阪エリア

急成長渡航先ランキングは、09年から17年にかけての渡航者の年平均成長率を示しています。トップ10位以内に入った日本の都市は次の通り。

1位:沖縄 39.2%

2位:京都 27.8%

3位:大阪 23.6%

4位:成都(=チェンドゥ、中国) 21.6%

5位:廈門(=アモイ、中国) 20.5%

6位:プーケット(タイ) 18.5%

7位:北海道 18.4%

8位:アブダビ(アラブ首長国連邦) 18.2%

9位:ハノイ(ベトナム) 17.7%

10位:コロンボ(スリランカ) 16.9%

09~17年の8年間を通算すると、沖縄はインバウンドが約14倍、京都は約7倍、大阪は約5.5倍に増えた計算だ。大阪は前々回調査(16年度版、24.2%)、前回(17年度版、24.0%)の連続世界1位から陥落した格好だが、それを上回ったのは西日本の観光都市だった。一方、東京は前々回の5位(18.5%)、前回の6位(17.7%)から順位を落とした。

引用元 産経WEST 「世界のインバウンド伸び率、沖縄・京都・大阪が上位3位まで独占」より

外国人目線でこの3エリアはどのように映っているのか?

LIFE PEPPERでは、各国の外国人から見てどのようにこのエリアが見られているのかを調査しました!

調査は言語別にインスタグラムを使用し、一般の観光客がどのような投稿を行なっているのかを分析する方法としています。

今回は訪日外国人ゲストの中で、使用される頻度の高い「中国語」「韓国語」「英語」での印象を見てみましょう!

沖縄に対して訪日外国人が持つイメージを比較!

沖縄×英語ハッシュタグ

英語のハッシュタグは、グローバルに使用されているという特徴はあるものの、ほとんどがビーチで遊ぶ投稿。

沖縄 × 韓国語ハッシュタグ

こちらは韓国語のハッシュタグ。一気に写真に緑や町が増えました。またインスタ映えを意識したカップルの写真が目立つのも韓国の特徴です。

海もビーチを楽しむだけではなく、スキューバーダイビングを楽しんだり、水族館に行ったりと、目的が様々なことが見えてきました。

沖縄 × 中国語(繁体字)

こちらは中国語繁体字の投稿です。韓国と近く、インスタ映えを感じる写真が多くあります。

若干異なるのが、カップルではなく、女性1名で映っているという写真が多かったということです。

これは恐らく、台湾でインスタ映えといえばインスタグラマーやブロガーが撮影した写真が人気を集めやすく、このハッシュタグの人気投稿に集まるのだと思われます。

一方韓国では、ここ数年おしゃれな背景で、カップルが写真を撮ることが流行っているため、多くのカップルが良い写真を撮って楽しんでいます。

京都に対して訪日外国人が持つイメージを比較!

京都 × 英語ハッシュタグ

こちらは英語ハッシュタグ、まさに京都という有名観光地が多く並んでいました。

またその観光地のベストショットと呼ばれるような場所で写真を撮っている方が多く見られたのが英語ハッシュタグの特徴です。

京都 × 韓国語ハッシュタグ

こちらは韓国語。一見本当に京都に行ったの?と目を疑ってしまうくらい、有名観光地の写真は出てきませんでした。

そのかわり、各々が日本らしさを感じたり、いい写真が撮れるなと思う場所で、写真撮影を楽しんでいるようでした。

京都 × 中国語繁体字ハッシュタグ

こちらは中国語繁体字のハッシュタグ。京都という言葉が完全に日本語と被ってしまうため、京都観光の中国語版ハッシュタグで調査しました。

こちらは有名観光地には訪れるものの、有名なカットでの写真撮影というよりは、現地で日本らしい・京都らしいと感じた場所で写真撮影をしているように見えました。

大阪に対して訪日外国人が持つイメージを比較!

大阪 × 英語ハッシュタグ

こちら英語のハッシュタグです。別の地域の写真も混ざっていることから、いくつもの地域に行った旅行まとめの投稿が多く見られました。

英語ハッシュタグは有名地域の写真が多く登場する特徴がありますが、大阪はあまり観光地の写真は多くありませんでした。

大阪 × 韓国語ハッシュタグ

韓国語のハッシュタグでは、自撮りが多く見られました。グリコサインとユニバーサルスタジオジャパンへ行った写真が多く見られることも特徴でした。

大阪 × 中国語繁体字ハッシュタグ

こちらは中国語ハッシュタグですが、かなりグルメな写真が多く見られました。大阪はグルメ街として認知されているようです。

まとめ

人気ハッシュタグを検索しての結果のため、完全に外国人目線を捉えることはできませんが、ある程度国によって魅力的に感じるポイントが異なることがわかりました。

訪日外国人集客をする際は、このように国ごとで違いがある事をまずは理解して、徐々に歩み寄ることができればプロモーションを行う上でも効果的な施策を作れる確率を上げられることができます。

より一般の訪日ゲストの気持ちを理解したい方は、人気投稿だけでなく、最近の投稿という欄も覗いてみてはいかがでしょうか?


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
LIFE PEPPERをもっと知る
まずは無料相談 >