中国人向けの集客施策はどう展開すべき?活用すべきSNSをご紹介

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

ここ数年、世界の小売市場において大きく消費に貢献しているのが、中国人の消費者です。

中国におけるEC消費は非常に活発で、新型コロナウイルスの影響で海外への渡航が難しくなった今、これまで以上にEC消費が大きくなっていくことが考えられます。

今回はそんな中国人向けの集客を考える上で、大きな役割を果たすSNSの運用についてご紹介していきます。

中国人の高い消費意欲

海の上を走っている船
自動的に生成された説明

中国人の消費意欲は世界でも稀に見る高さを誇っており、高度経済成長を背景とするミドルクラスの躍進がその要因として考えられます。

世界最大のEC市場を形成

中国のEC市場はすでに2018年時点で1.5兆ドルにものぼり、世界最大のEC取引が中国人を介して行われています。

中国のEC取引が活発な理由として、TmallやJDなど、優れた巨大ECサイトがいくつも存在していることも挙げられます。

TmallとJDのみで中国のECシェアの8割近くを占めていますが、いずれのECサイトにおいても多様な正規品を集めて出品しているため、高い信頼性を持っているのが特徴です。

もはや近所の小売店で買うよりも、ネットで購入した方が良い商品に出会うことができるよう変化しています。

また、国内の商品だけでなく、海外の商品を豊富に扱い、海外の法人企業などに出店スペースを設けて売買を可能にする越境ECも活発に行われています。

国内の事業者だけでなく、今後は海外の事業者も中国に参入し、さらなる市場の拡大を見せていくことになりそうです。

巣ごもり消費の拡大

また、新型コロナウイルスの影響により、中国では巣ごもり消費の拡大も見られます。

都市のロックダウンや海外便が大きく制限されているため、外出先での消費や外出のための消費は落ち込みを迎えています。

一方、健康食品やルームウェア、室内トレーニング用のアイテムなど、室内向けの消費は進んでいます。

旅行や外出の消費が落ち込んだ分、インドアでの消費にシフトする傾向が強まっており、購入経路についてもオンラインに移行しています。

今まで以上に海外のサイトや商品にオンライン上で触れる機会も増えていくことになるでしょう。

中国人向け集客に欠かせないSNSとは

人, 屋内, テーブル, グループ が含まれている画像
自動的に生成された説明

巣ごもり消費が増えたことで、中国人全体のインターネット利用時間も増加傾向にあります。

彼らの集客をより強化していくためにぜひ活用したいのが、現地のSNSです。

Wechat

Wechat(ウィーチャット)は日本におけるLINEのようなアプリで、多くの中国人がこのサービスを使ってコミュニケーションを行なっています。

Wechat公式:https://www.wechat.com/ja/

中国では海外のSNSやアプリの多くが利用を制限されているため、必然的に国産の限られたサービスにユーザーが集まります。

Wechatも利用が許可されている数少ないSNSの1つで、ユーザー数は15億人を優に超えています。

中国だけでなく、海外の中華系の人や、中国と取引のある欧米のビジネスマンにも利用者は多く、世界的な人気のあるアプリです。

広告枠も多様で、販売促進も盛んに行われているアプリの1つです。

Weibo

Weibo(ウェイボー)は中国版TwitterのようなSNSとなっており、こちらも多くの中国人ユーザーを抱える巨大サービスです。

Weiboの使い勝手などはTwitterのそれに近く、不特定多数の人とコミュニケーションを気軽にとり、情報発信を行えるのが特徴です。

http://weibo.com/jp

インターネットユーザーに影響力をもつインフルエンサーの活躍が目覚ましいのもWeiboで、数千万人のユーザーに情報発信を行える力を持った人々も活動しています。

SNSはどのように活用すべき?

屋内, 電子機器, テーブル, コンピュータ が含まれている画像
自動的に生成された説明

このように、多くの人が日常的に利用しているSNSがある中で、彼らの集客を効果的に行うためにはどのように活用する必要があるのでしょうか。

公式アカウントによる情報発信

1つは、公式アカウントを企業で作成し、情報発信や消費者とのコミュニケーションを図っていく方法です。

WechatやWeiboは、個人ではなく企業の公式アカウントを作成することができ、オフィシャル情報の発信を積極的に行うことができます。

Twitterが使えない中国においては、消費者と接点を持つことができる数少ない現場でもあるため、積極的な運用が求められます。

インフルエンサ(KOL)ーマーケティング

もう1つは、各SNSで大きな影響力を有するインフルエンサーに商品紹介などを依頼し、知名度やコンバージョンを高めていく、インフルエンサーマーケティングの運用です。

インフルエンサーは消費者に対して高い訴求力を備えているだけでなく、販売促進のノウハウにも熟達している人がほとんどです。

料金を支払うだけで高い集客効果を得られるのは、この施策の最大の強みと言えるでしょう。

おわりに

対面でのビジネスが難しくなっている今、中国人の集客においてはインターネットサービスのフル活用が求められています。

これを機会に積極的な運用を開始し、海外のマーケットへ積極的なアプローチを進めていきましょう。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは、国内外の海外マーケティングの専門家5,000名と共に過去6年間で600社の日本企業のマーケティングを支援しています。

そのノウハウをまとめたお役立ち資料もご用意しています。無料でダウンロード可能なため、ご活用ください。

<この記事を読んだ方にオススメ>
海外現地進出成功事例集24選
訪日インバウンド成功事例集65選
BtoB企業成功事例集15選
BtoC企業成功事例集85選
会社概要・サービス紹介資料
韓国越境ECの新トレンド!NAVER Smart Storeで今から韓国進出
【中国進出の定石】Wechatミニプログラム
海外事業担当者がチェックすべき必須ツール29種
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)