海外進出に有効なプロモーションとは?方法や事例をご紹介

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

ビジネスの海外進出を進めていく上では、優れたプロモーションも欠かせません。上手く商品や企業のブランディングを実施できれば、売り上げや企業の認知度も円滑に伸ばすことが可能です。

今回は、海外進出に有効なプロモーションを実施する方法や実際に企業が取り組んだ事例について、ご紹介していきます。

海外向けプロモーションが重要な理由

そもそも、海外向けプロモーションが重要な理由はどこにあるのでしょうか。プロモーションに力を入れるべき利用について、見ていきましょう。

短期間でも効果的な集客が期待できる

質の高いプロモーションを展開できれば、中長期的な集客につながることはもちろん、短期間でも集客効果を生み出すことが可能です。

後ほどご紹介しますが、短期間でプロモーションを成功させる上では、SNSやインフルエンサーといった人物の手を借りることで、高い確度で成果を出すことが可能です。

特に期間限定の商品のPRや、キャンペーンへの参加を呼びかけるためには非常に有効な方法なので、利用しない手はないでしょう。

また、例え現地に進出して間もない企業であったとしても、短期間で成果が期待できるプロモーション施策は有効です。

その場所では全く無名の企業や商品でも、プロモーション次第で一気に知名度を高められるため、今後のシェア拡大や売り上げに大きな影響を与えます。

他社との差別化を図るため

プロモーションを積極的に実施すべき理由として、他社との差別化を図る上で重要という点も見逃せません。

日本の広告手法を見渡しても、有名芸能人の起用や、キャンペーンの適用など、シェア同士の競争が厳しい業界では多彩なプロモーションが展開されています。

この必要性は、海外においても同様です。例え海外進出によって、日本の競合からは差別化できても、現地の競合とシェアを競い合うことになるケースもあります。

こういった事態においても、自社の強みを市場へ的確にアピールできるプロモーションを実施することで、競合との差別化が実現し、自社のキャラクターを確率して、盤石なシェアを確保することが可能です。

自社の強みを打ち出す上で、プロモーションは大きな役割を果たします。

海外進出に有効なプロモーション施策

海外進出に有効なプロモーション施策としては、以下の4つの方法が主流として扱われています。順にその特徴を確認しましょう。

インターネット広告

一つ目は、インターネット広告です。いわゆるWeb広告と言われるジャンルのプロモーションですが、インターネットを使った広告は全てこれに含まれるとも言えます。

しかしインターネット広告も多様化が進んでおり、以下の施策のように、一つ一つのジャンルで様々な手法が確立されるようになっています。今回は便宜上、以下の手法とは分けてインターネット広告を扱い、別々に特徴をご紹介します。

ここでいうインターネット広告は、ディスプレイ広告やリスティング広告といった手法を指します。

ディスプレイ広告は、Webメディアやアプリの広告枠に配信される広告で、テキストや静止画、動画など様々な媒体でプロモーションを展開できます。

汎用性が高く、Web利用が盛んな国ではアピールできる機会にも恵まれており、多くの企業が導入している手法です。

検索エンジンの利用が盛んな地域では、リスティング広告が効果を発揮します。リスティング広告は検索エンジンを利用した際、一番上位に広告枠として配信される検索結果の表示を指します。

ユーザーが実行したキーワード検索に基づいて表示が行われるため、ユーザーニーズに最適化させた形で運用でき、コンバージョン率が高くなる傾向にあります。

不特定多数に配信する広告よりもターゲティングが行われるので、クリック率の増加が期待できます。

検索エンジンは海外においても日本と同様のサービスを利用しているケースもよく見られ、特にGoogleの世界的シェアは圧倒的です。

配信地域を設定するだけで、日本向けの広告から海外向けへと簡単にシフトできるため、運用難易度の低さも魅力です。

Webサイト活用

海外向けに情報発信やプロモーションを展開していく主軸として、現地向けのWebサイト設立も有効です。

インターネット広告を通じてその企業や商品を知ったユーザーは、公式サイトを訪問して、信頼性を確認しようとします。日本で運用しているホームページだけでなく、現地にローカライズした専用のサイトを用意することで、適切な情報発信と認知度向上が期待できます。

広告と公式サイトの併用によって、現地での存在感を高められるでしょう。

SNS広告

近年注目を集めるようになったのが、SNS上で配信可能な広告です。TwitterやFacebookなど、国内外で多くのユーザーを持つSNSプラットフォームは、企業向けの広告配信枠を用意しています。

リスティング広告同様、ターゲットにしたいユーザー属性を指定しながら、適切なユーザー層にアプローチができます。

通常ユーザーの投稿に混じる形で自然と広告を配信したり、動画などを使って印象的なプロモーションを実施することも可能です。

もちろん、通常のSNS運用とともに利用が可能なので、日々の情報発信に合わせて、SNS広告を運用することが効果的な手法です。

インフルエンサーマーケティング

SNS運用と合わせて活用したいのが、インフルエンサーマーケティングです。SNS上で影響力のあるインフルエンサーたちに商材の提供や広告料を支払い、企業や商品のプロモーションを担当してもらう手法です。

通常、SNSの訴求効果を高めるためには、フォロワーを増やして情報発信を目にしてもらえるユーザーを増やしていく必要があります。ゼロからSNSを活用する場合、一人ずつフォロワーを増やしていくことになるため、本格的な広告効果を発揮できるようになるためには時間がかかります。

一方、インフルエンサーはすでに多くのフォロワーを獲得し、その情報発信内容についても高い影響力を有しています。

彼らにプロモーションを依頼することで、高い広告効果をすぐに得られるため、時間的コストを大幅に削減できます。

インフルエンサーの紹介で売り上げが大幅に伸びたり、企業アカウントのフォロワーが向上する事例は無数に存在し、是非とも活用したい施策です。

海外でプロモーションを実施する際のポイント

海外でプロモーションを実施するためには、どのようなポイントを抑える必要があるのでしょうか。ここでポイントを確認しておきましょう。

入念な現地調査

一つ目のポイントは、現地調査を怠らないという点です。自社の商品に最適な消費者が存在するか、市場はどんな商品を求めているかを理解することで、有効なプロモーションも変わってきます。

事前に現地のリサーチを徹底し、丁寧な戦略策定を実現しましょう。

丁寧なローカライズ

海外進出を検討する際、言語対応は英語だけ、というケースも散見されます。確かに英語は万国共通の公用語であるものの、プロモーションにおいては不十分な言語です。

アメリカやイギリスなどであれば英語で問題ないのですが、中国や韓国、東南アジアなどでは、英語以外の言語が公用語として扱われているため、英語では訴求力を発揮できません。

ネイティブ人材や現地の言葉に精通した人物を起用し、現地の一般消費者に伝わる言語で発信できることが望ましいと言えます。

また、商品デザインやロゴなど、現地の消費者に合わせて最適化することも、ローカライズ作業の一環です。言語以外の翻訳についても力を入れる必要があるでしょう。

複数のメディア運用

プロモーションを円滑に進めるためには、SNS運用や動画配信、リスティング広告など、複数の媒体を活用することが重要です。

結局のところ、どれだけ事前に戦略を固めても、どれが最もヒットするかは実践してみないとわからないことも多いものです。

効果測定を実施しながら、結果に繋がりそうな施策を選定していき、本格的なプロモーションを展開していくと良いでしょう。

海外プロモーションの成功事例

最後に、実際に海外プロモーションを実施している日本企業の事例についても、ご紹介します。

黒木碁石店株式会社

碁石の販売を行う黒木碁石店では、インターネットを通じて質の高い日本の碁石を世界に展開すべく、積極的なプロモーションを実施しました。

Webサイトの多言語化はもちろんのこと、リスティング広告の実施やSNS広告を併用することで、ターゲットとしていた北米やヨーロッパ地域へのアプローチを増やしていきました。

結果、出港開始から徐々に北米とEUからの反応が高まり、年々海外の売り上げの比率が右肩上がりに上昇していきました。国内/海外売上比率は4年間で2:8にまで上昇し、越境ECの展開に成功しています。

参考:インフォキュービック「黒木碁石店株式会社 様」
https://www.infocubic.co.jp/case-studies/kurokigoishi/

「ポッキー」(米広告代理店Santy社)

日本でもお馴染みのチョコ菓子であるポッキーのアメリカにおけるプロモーションは、詳細なSNS分析によって実行されました。

Pockyブランドに関する投稿はTwitterではなく、Tumblrで最も多く行われていることに注目し、クッキー菓子ではなく「キャンディバー」として認知されていることを発見します。そこで競合商品を「オレオ」から「キットカット」に変更し、分析をかけ、後者のプレゼンスを上回ることを目標に施策を展開することとなりました。

日本でも毎年見かける11月の「ポッキーの日」をアメリカでも大々的に展開し、キャンディバーと親和性のあるブランドやインフルエンサーとコラボレーションすることで、アピールに成功しました。

結果、アメリカにおけるポッキーに関する消費者同士の会話は4倍に増加し、推定インプレッション数は133%まで増加しました。

参考:TDSE「米国市場における“Pocky Day”」
https://www.tdse.jp/product/netbase/case/pocky-day/

おわりに

海外におけるプロモーションの重要性は、様々な成功事例からも把握ができます。ゼロから消費者を増やしていかなければならない海外では、効率よくプロモーションを実施することが大切です。

現地調査を丁寧に行い、自社に最適なプロモーション施策を展開しましょう。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!
03-6869-7976 電話で問い合わせ
(平日 10~19時)