海外進出における課題 |解決策とその事例とは? – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

海外進出における課題 |解決策とその事例とは?

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

日本の市場の縮小が進む中、海外進出を目指す日本企業が増えています。その中で日本企業が直面する課題は主に情報不足や言語の課題でしょう。

海外進出は日本企業にとってチャンスであると共にリスクも伴います。

海外での事業展開がうまくいけば売上増加につながりますが、事業を軌道に乗せるまでが困難の連続です。

現地での情報不足、言語の違い、商習慣や文化の違いなど様々な障害を乗り越えて企業は海外進出を成功させます。

本記事では、日本企業の海外進出における課題と解決方法・成功事例をご紹介します。

海外進出における課題をしっかり把握しながら、効果的な海外進出に役立ててください。

海外進出に成功・失敗する日本企業の共通点とは!?成功の鍵を握る事前準備もご説明します
海外進出Webマーケティングコンサルティング

日本企業が直面する海外進出での課題

日本企業が直面する海外進出での課題は、情報不足、言語、商習慣の違いなどです。

自社の製品やサービスを用いて、現地に根差した事業展開をどれだけできるかが重要となります。

海外進出での課題を具体的に見ていきましょう。

海外進出での課題①:情報不足

日本企業の海外進出の問題として、海外でビジネスをする上での情報不足があげられます。

海外進出を成功させるためには、現地のマーケット情報やニーズを把握して現地にあった施策を打つことが重要なのです。

具体的には、国や地域に関する統計などの定量情報から現地の人の趣向や習慣などの定性情報が必要です。

現地に根差した事業を展開し、利益を上げるためには豊富な情報を必要とします。しかし、情報収集で多くの企業が課題を抱えているのが現状です。

海外進出での課題②:言語の壁

海外で事業をする際の大きな課題の一つに挙げられるのが、言語の壁です。

海外進出をするには、多くのコミュニケーションが必要です。商談、顧客対応、サービス説明などはすべて英語や現地の言葉で行います。

ただ日常会話レベルの言語が話せれば十分というだけでなく、英語や現地語でレベルの高いコミュニケーションが求められます。

海外進出での課題③:商習慣の違い

商習慣やビジネスに対する考え方は国や地域によって大きく異なります。日本企業の商習慣やビジネスの方法を無理やり当てはめてうまくいくことは少ないでしょう。

例えば、日本では時間を守るのは当たり前のことですが、海外では時間を守る意識が低い国や地域もあります。日本企業が海外進出を行う上で、現地の商習慣やビジネスの習慣を認知してそれに合わせていくことは大切です。

また、日本の成功モデルにこだわることも問題です。特に大企業が海外に進出する際に、日本での成功モデルをそのまま現地に持ち込むことがあります。

日本とは社会状況や経済状況・考え方や習慣が異なるため、日本の成功モデルが海外でもそのまま通用するとは限りませんので、注意しましょう。

海外進出での課題④:異文化の違い

文化や価値観が違うことは、海外の消費者や取引先を相手にするうえで大きな課題です。
宗教や伝統、娯楽や仕事に対する価値観は国や地域によって大きく異なります。

そうした意識や価値観の違いは購買行動にも深く関係します。近隣の国であっても価値観や倫理観などは大きく異なるので注意が必要です。

日本では「以心伝心」や「阿吽の呼吸」という言葉があるように、あいまいな表現を使ってビジネスをしていても成立します。

これは日本独特のもので、国際的なビジネスでは明確な表現ではっきりとしたコミュニケーションが求められることが多いです。

また、日本企業は多くの会議を重ね本社と連携を密にとって慎重に物事を決定する傾向があります。それに対して多くの海外企業は意思決定にスピード感を重視する傾向が強いです。

そういった企業文化の違いは海外でビジネスをするうえで課題となります。

各国のビジネスについては、以下の記事をご参照ください。
【2019年最新版】中国ビジネス成功事例から必須ポイントまで完全網羅
台湾ビジネス徹底解説 商習慣や国民性、成功事例までご紹介
アメリカビジネスの成功法則!現地に寄り添ったマーケティング施策が成功の鍵

海外進出での課題⑤:認知度が低い

海外進出での課題として、認知度が低いという点も挙げられます。

日本では有名なブランドでも、海外に行けば誰も知らないということもあります。海外の認知度が低いために、一から販売網を拡大してかなくてはなりません。

海外での自社の商品の認知度の高低によって企業の取るべき戦略が変わります。
海外で市場調査をする際には、ニーズやマーケット情報について調べるだけでなく、商品の認知度の調査も行います。

認知度の低い場合には、現地のマーケットをよく知る販売代理業者に販売を依頼したり、動画やSNSを通じて認知度を向上するところから施策がスタートするため、労力がかかります。

海外進出における課題の解決方法

海外進出の課題の解決方法としては、Webマーケティングの活用や現地法人との活発なコミュニケーション、調査会社への委託などがあげられます。

課題の情報不足や言語の問題を解決する必要があり、そのために下記の解決策が効果的です。

Webマーケティング

海外の顧客に向けて、Webマーケティングを活用して商品を売る方法があります。
Webマーケティングを活用することで、日本にいながら外国にいる顧客に向けて情報を提供できます。

Webマーケティングには、SEO対策やSNS運用、Web広告などの施策があります。

SEO対策はWebプロモーションの基本的な施策です。検索による自然流入を増やすために最適な施策を行います。

SNS運用はTwitterやInstagramを活用し、広告とは別に自社のメッセージを発信することです。

海外webマーケティングを成功させる方法!頼れるパートナーを見つけよう
海外SEO 成功秘訣を徹底解説ーアメリカ、韓国、中国、台湾ー

海外向けECサイト

現地に法人を持たずに海外向けECサイトを作る方法があり、越境ECと呼ばれます。

日本でECサイトを通じて販売しているが、海外での需要も見込める」といった場合には海外向けECサイトがおすすめです。

ECを多言語化し、ブランドを海外展開することが可能です。その際には海外視点を持って商品説明を翻訳したり、サイトのデザインを工夫する必要があります。

日本向けの商品紹介と現地向けの商品紹介では訴求するポイントが変わるため、現地の人の趣向や好みも把握していきましょう。

越境ECの最新トレンド!国別EC事情から成功事例までご紹介!

海外向け調査会社への委託

海外に関する情報収集は、現地に詳しい会社のリサーチ代行を利用しましょう。

海外向けの施策の効果測定や、現地調査は海外マーケティングの支援会社に依頼することができます。

調査設計から調査票の作成、調査の実施、結果の分析などを一貫して行います。海外の情報不足の課題に対して、現地調査の依頼は有効な打ち手となります。

海外進出コンサルティング会社の選び方!分野別に最適な会社をご紹介

現地法人と日本本社の活発なコミュニケーション

海外進出において現地法人を持つ場合、現地法人と本社の活発なコミュニケーションが必要となります。

現地の情報をいち早く本社に届けることでサービスやプロモーションの改善ができます。現地で得た一次情報を本社と共有することで、より現地の顧客が求めるサービスの提供ができるでしょう。

現地でどれだけ深いコミュニケーションができるかが海外進出の成功につながります。

もちろん現地の企業と日本企業の社員が直接話せることが一番ですが、商品やサービスの細かい説明には高度な語学力が必要となります。

通訳や翻訳のスタッフを雇うことも視野に入れることをおすすめします。

海外進出における課題 解決事例

海外進出での課題は、海外マーケティングの支援会社への業務委託やWebマーケティングの活用によって解決している事例が見受けられます。

LIFE PEPPER:海外向けECサイトの導入

海外マーケティングの支援会社であるLIFE PEPPERが株式会社ハシモトの海外向けECサイトの設計と導入を行った例をご紹介します。

おもちゃのOEM事業やオリジナル商品制作事業など、幅広く手がける株式会社ハシモトの販売部門。「玩具」や「雑貨」を国内外に販売する中で、海外向けの消費者向けに多言語対応のECサイトを構築する必要がありました。

LIFE PEPPERはメンバーの多くが海外出身であることを生かして、現状の課題のヒアリング、ECサイトの設立、からサイトの導入や公開までサポートを支援。

海外のバイヤーや消費者の動向に合わせたサイトの構築を行う他、海外視点で商品説明の翻訳業務など多岐に渡るサポートを実施しました。

その結果、海外の人のニーズに合った商品紹介や翻訳を行い、ECサイトの多言語化により海外進出を果たしました。

海外進出に向けてECサイト構築を検討中の方には、特に参考になる事例だと言えるでしょう。

株式会社 ハシモト様 「海外」と聞いて真っ先に思い出す企業、それがLIFE PEPPERさんです。
越境EC制作・集客支援サービス

KARTZ:海外向けPR動画作成

海外マーケティング支援会社のKARTZが行った、日本の大手自動車メーカーの海外向けプロモーション動画の作成について紹介します。

海外メディアに対する効果的な書き方、効果的なメディア選定、さらに具体的なアプローチ方法を設定し、二人三脚で実行に移していきました。

結果として、アメリカABCテレビや中国のCCTVをはじめとした50以上の番組に取り上げられ目標を達成しました。

また、ビジネス系、テック系のWebメディアを中心に500件もの掲載にも成功。海外向けのマーケティングを、支援会社に受注して成功した一例です。

(参考記事)【海外向けPR成功事例】大手自動車メーカーの海外向けプレスリリース作成・配信

中小企業の海外向けWebマーケティング成功例

最後に中小製造業が海外Webマーケティングを活用した成功例をご紹介します。

株式会社メトロールは海外向けサイトやFacebookの活用により、海外での売上増加を達成しました。Webマーケティングの施策により、海外の企業との取引を増やし、海外ユーザー獲得にも繋がりました。

具体的には、Webサイトの対応言語を5言語に増やしたことで、様々な国の企業から受注依頼が殺到しました。

加えて、Facebookページを開設し世界で3万人のファン獲得にも成功。Facebook上では、メトロール製品のユーザー同士の交流も盛んに行われています。

中小企業でも効果的なWebマーケティングを行うことで、成果を出すことが可能なことを示す好事例と言えるでしょう。

(参考記事)海外Webマーケティングで活路を見出した中小製造業4選
海外進出Webマーケティングコンサルティング

まとめ

日本企業が海外進出をする際には、現地に商品を根付かせるために、市場調査、認知度の向上、販売網の開拓など様々な課題を解決する必要があります。

現在は現地に直接視察をしなくても海外進出の準備が可能です。海外マーケティングの支援会社を利用して海外進出の課題を解決しましょう!

LIFE PEPPERは年間600社以上の相談実績があり、そのノウハウが充実しています。マーケティング支援会社を利用して海外展開を成功させましょう!

LIFE PEPPER 資料ダウンロードはこちら
LIFE PEPPER 無料相談はこちら


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ