インバウンド調査とは?訪日外国人向けの調査方法やメリット・活用事例を紹介 – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

インバウンド調査とは?訪日外国人向けの調査方法やメリット・活用事例を紹介

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

事業を外国人向けに展開する上で重要なのは海外の消費動向の調査です。

この記事では訪日外国人向けに行う「インバウンド調査」を実施するための調査方法やメリット、ハードルとなる課題などを解説しています。

今回はインバウンド調査という言葉の意味や目的といった概要からご説明します。

また実際にインバウンド調査を実施する上でどの企業に相談すればいいのか、とお悩みの方の参考になる、活用事例まで網羅的に紹介していきます。

インバウンドプロモーションを成功させるポイントとは?意外なアピールポイントが見つかる可能性も

インバウンド調査とは

「インバウンド」とは旅行関連では訪日外国人を指す言葉で使われる言葉です。

インバウンド調査とは、訪日外国人が日本でどのような消費活動を行っているのかを調べるマーケティングリサーチ方法です。

インバウンド市場は年々拡大しており、2018年には3000万人、旅行消費額も5兆円規模の大きな市場となっています。

外国人観光客がどのような情報収集をして消費活動をしているのか調査することで、日本人以外からの売上を大きく伸ばすことが出来ます。

事業のグローバル展開など、外国人をターゲットとしたサービスをリリースする際にも行われています。

インバウンド調査の方法・ポイント

「インバウンド調査」と一言でいっても、その方法は様々です。

ここではどのような手法があるのか、インバウンド調査において重要なポイントについていくつか紹介していきます。

街頭調査・アンケート(定量調査)

外国人観光客のリアルタイムのニーズやトレンドを調査するには、街頭調査やアンケートがとても効果的です。

訪日外国人観光客のニーズは年々急速に変化しているため、ネットで調べた情報ではデータの鮮度が古く時代遅れになっている可能性があります。

季節やトレンド、ブームに合わせて外国人の声を直接収集することで最も鮮度の高いデータを取得することが出来ます。

もちろんサンプル数が少ない状態ではデータに偏りが発生する可能性があるので、100~1000人以上など一定数を対象とした定量調査が必要です。

また、調査を実施するにはこちらの目的を正しく伝えるために現地語でのコミュニケーションが必要不可欠になります。

確実なデータを集めるためには外国語が話せる調査員を用意しましょう。

外国人観光客増加の波に乗る!インバウンド集客に効果的な手法とは?

SNS・口コミ調査

近年ではインターネットとスマートフォンの普及により、消費者は体験や口コミなどをデジタルに残す習慣が生まれています。

実際にインバウンド業界でもSNSや口コミの影響力は年々増しており、SNS、口コミサイト、個人ブログなどのコンテンツが主な情報収集源となっています。

代表的なものとしては、中国シェアNo.1のメッセンジャーアプリである「WeChat」や韓国最大の検索エンジン「NAVER」、台湾の口コミサイト「IPeen」などがあります。

訪日外国人の約半数以上がこれらの媒体を活用しているため、インバウンド調査において外せないものとなっています。

中国のSNS事情!SNSマーケティングを成功させる方法
韓国市場の広告集客のコツ NAVERを攻略するには!?

現地調査員によるヒアリング

訪日外国人から口コミや意見などを集めるだけでなく、現地に調査スタッフを派遣してヒアリングやアンケートを実施すればより精密な回答結果を得ることが出来ます。

訪日外国人はターゲットによって言語、文化、習慣など多岐にわたり、消費者ごとの背景やニーズも異なってきます。

その場で簡単なアンケートを書いてもらうだけでは知ることの出来ない文化の壁を知るためには現地調査がより効果的です。

統計データ調査

ネイティブ広告やSNS施策などのデジタルプロモーションを実施する場合は、具体的な統計データを調査が可能になります。

プロモーション施策によって得られた数字を元に分析を行い、外国人のニーズを知ることが出来ます。

数字の改善を繰り返し、効果測定をすることで訪日外国人に実際に接触すること無く、広告効果を高めることが可能です。

インバウンド調査のメリット

様々な手法によって実施することの出来るインバウンド調査ですが、実行することによって得られるメリットは大きく分けて以下の2点にあります。

販売チャネルを拡大出来る

インバウンド調査を実施することで、訪日外国人向けにどのような販売戦略を取ればいいのか知ることが出来ます。

販売チャネルとは、商品やサービスを利用してもらうための流入経路を指します。

例えば、日本人向けのお店で日本語で商品の説明を掲げていれば、メインとなる消費者は日本人となり、外国人が手に取ることはほとんどありません。

しかし、単純な人口で考えると日本は1.2億人に対し、アメリカは3.2億人中国は13.8億人という圧倒的な市場規模を誇ります。

海外に目を向けてみると、日本の10倍以上ある人口から消費者を獲得して販売チャネルを拡大することができれば、ビジネスチャンスは大きく広がっていきますね。

訪日外国人の認知度を上げることができれば、日本人以外からの販売チャネルが増えて売上増に繋がります。

スムーズにグローバル展開が可能

海外進出するにあたり、現地でスムーズに事業展開を行えるかどうかは大切なポイントとなってきます。

特に、日本で事業を行っている企業が海外進出(グローバル展開)を始める前に重要なのがインバウンド調査です。

日本と海外では文化的な背景や価値観などが大きく異なります。

日本でうまく行った事業戦略も海外でそのまま展開してうまくいくとは限らず、むしろ思ったように成果が出ずに数年で撤退する企業も多いです。

ビジネスをスムーズに進めるためにも、自社商品やサービスをどのように海外にアピールすれば効果的なのか事前に調査しておく必要があります。

海外に事業展開をするのは時間もコストも掛かるため、万が一事業が失敗してしまうと資金面で打撃を受けるだけでなく、大企業の場合企業イメージの低下にもつながる可能性があります。

失敗のリスクを少しでも下げるためにもインバウンド調査は必要不可欠で言えます。

企業の海外進出が必要な理由とは?成功事例・失敗事例から見えてくる法則

インバウンド調査の課題点

インバウンド調査をすることによって、スムーズにグローバル市場にビジネスを展開することが出来るようになりますが、課題も存在します。

インバウンド調査を実施する上でどのような部分が課題となるのか解説していきます。

言語の壁

外国人の方を対象にしてアンケート調査をするため、る調査を実施するにはこちらの意図を明確に伝える必要があります。

こちらの意図が伝わらない状態で無理に調査を実施してしまうと、正しい回答結果が得られず、インバウンド調査の目的を果たすことが出来ません。

訪日外国人との言語の壁を超えるためには、こちらがその言語を使える人物を連れてくるか、現地スタッフを用意する必要があります。

正しい手法で調査が行えるか

海外で戦略的に事業展開を行うには、そのターゲットとなる外国人や国の文化などを知り尽くしておく必要があります。

それに加えて、事業を成長させていくために必要なマーケティングスキルがなければ正しい調査を行うことは出来ません。

例えば、数回の韓国旅行しかしたことない人にとっては、韓国人が普段どんな事を考えているのか、どんな生活をしているかという一連の消費行動を知ることは出来ません。

事業を成長させていく目標に対して、「どのような調査を行えばいいのか?」というノウハウはすぐに身に着けられるものではありません。

日常的に海外の情報収集を行っており、外国人とのコミュニケーションや考え方を理解しておく必要があります。

インバウンド調査の事例

ここではインバウンド調査を実施した企業が、どのような成長を遂げたのか実際の事例を3つ紹介していきます。

株式会社FYT

株式会社FYTでは訪日外国人向けの行動レンタルカートツアーサービスという珍しい形態のツアー案内を行っています。

東京観光をゴーカートに乗りながら、公道を走りつつ主要な観光スポットを数時間で凝縮して巡ることが出来るのが特徴です。

元々は人力車による観光案内を主要事業としており、そのノウハウを使って公道レンタルカートツアー事業を展開しました。

海外の観光客をターゲットとした事業であり、効果的なインバウンド集客を行うために、インバウンド誘致に強い業者によるコンサルティングを受けることを検討していました。

インバウンドエキスポに出ている企業を含め、多くのインバウンド企業を検討を重ねました。

幅広い国に対して幅広い施策を1社で全て実施可能、インバウンド業界での訪日外国人の動向やマーケティングの知見を保有しているという点で、弊社LIFE PEPPERのサービスに興味を持ったと言います。

実際に相談していく中で「この人になら任せられる」という信頼感が決め手となったようです。

英語圏向けのリスティング広告から実施し、効果が高かったためFacebook広告を開始し、今後は韓国NAVER広告なども実施する予定です。

事業立ち上げの段階では不安も多く、そこまで早く結果は出ないだろうと予測していたと言います。

しかしプロモーション実施初月から予想を遥かに超える予約が入り現在では10台までカートを増やして、稼働率も80%を超えることに成功しました。

株式会社FYT 様 事業開始から半年で多店舗展開構想へ!公道レンタルカート事業立ち上げ事例!
訪日インバウンド戦略コンサルティングサービス

株式会社パム

株式会社パムはレンタカー予約サービスを展開しており、訪日韓国人向けのプロモーションを検討していました。

インバウンド調査にあたり、海外の現地調査や総合的なインバウンドのノウハウを持った弊社LIFE PEPPERに調査を依頼することに。

まずレンタカー予約を韓国向けにプロモーションするにあたり、韓国人向けの訴求点を洗い出しました。

元々行っていた韓国No.1検索エンジンである「NAVER」のリスティング広告に加え、訪日外国人が日本を訪れる際に参考にするブログを活用したプロモーションを企画しました。

韓国におけるブロガープロモーションは、日本で言うところのSEO施策に近く、多くの集客を見込むことが出来ます。

これにより多くの地域名でブロガーによるSEO施策を実施し、長期間「地域名+レンタカー」というキーワードでの上位表示を実現しました。

施策後の認知度調査でも大きく認知向上の獲得に寄与することが出来ました。

株式会社パム 様 韓国NAVERの検索を制覇!訪日韓国人向けブロガープロモーション 訪日レンタカー予約事業で高い費用対効果を記録!
韓国向けSEO対策サービス

株式会社山陰放送

株式会社山陰放送は山陰地方で放送を行っているテレビ局です。

テレビ局の業務にとどまらず、山陰地方の技術を使って作られた商品などを販売する中華圏向けの越境ECサイトも運営しています。

既に目玉商品であるファッション系商材を全面的に売り出すプロモーションを他社で行っていましたが、具体的な提案がなくストップしていた状態でした。

そんな折に弊社LIFE PEPPERを見つけ、一緒にタッグを組み海外のインバウンド調査を行うこととなりました。

プロモーションでは台湾ブロガーさんを起用し、作成したコンテンツをFacebook広告で流しコンバージョンを取っていくスタイルを施行。その結果、継続的な商品販売につながりました。

株式会社山陰放送 様 常に本音。信頼できる等身大の台湾マーケティング戦略パートナー
台湾インフルエンサー 施策サービス

インバウンド調査はプロに任せよう

このように、インバウンド調査を行うにあたって「言語の壁」「効果的な調査ができるか」という大きな課題を解決するのは簡単ではありません。

商品の販売チャネル拡大や、事業のグローバル展開などを行う前には失敗のリスクを少しでも減らすために、インバウンド調査を専門的に行っているノウハウを持ったプロに任せるのが最適です。

総合的な海外インバウンドのノウハウを持っている弊社LIFE PEPPERではお客様の要望に合わせた様々な提案を行っています。

インバウンド調査でお困りの方は、まずは資料ダウンロードメールの無料相談から検討して下さいね。


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ