ラグビーワールドカップでのインバウンド対策!欧米圏へのマーケティングに力を入れよう – グローバルデジタルマーケティングのLIFE PEPPER

ラグビーワールドカップでのインバウンド対策!欧米圏へのマーケティングに力を入れよう

この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

ラグビーワールドカップの開催がいよいよ2019年に迫っています。

ラグビーワールドカップに向けて何かインバウンド対策をしたいけれど、具体的に何から始めればいいのかわからない。そう迷っている人も多いのではないでしょうか。

日本政策投資銀行の予想によると、ラグビーワールドカップの経済波及効果はなんと約2330億円といわれています。

数字が大きすぎてイメージがわきにくいですが、開催地や滞在日数からもインバウンド対策をすべき理由が見て取れます。

ラグビーワールドカップは全国12カ所の都道府県で開催されるため、プロモーション次第で地方にも大きなチャンスがあります。

また大会の開催期間が44日と長く、試合のない日に周辺観光をすることが想定されます。こういったことから、高い経済波及効果が予測されているのです。

行動しなければ成功のチャンスを得ることはできません。この記事では、ラグビーワールドカップに向けたインバウンド対策について、データ予想やインバウンド成功事例を交えて徹底的に解説します。

ラグビーワールドカップに向けてインバウンド対策を考えている方はぜひ参考にしてください。

成功するインバウンド戦略に欠かせないポイントとは?成功事例や策定のヒントを解説します
インバウンドプロモーションを成功させるポイントとは?意外なアピールポイントが見つかる可能性も

ラグビーワールドカップインバウンドに関するデータ・予想

まずインバウンド対策をする上で必要なラグビーワールドカップに関するデータを紹介します。

イギリスで開催された過去の大会のデータも引用しながら解説するので、基本情報としてしっかり抑えましょう。

ラグビーワールドカップの概要

ラグビーのワールドカップは4年に1度開催されており、32年の歴史があります。オリンピック、サッカーのワールドカップと並ぶ世界3大スポーツイベントです。

大会期間中は開催された国に大きな経済効果をもたらすことから、オリンピック同様、国をあげて様々な対策が練られています。

民間でもラグビーワールドカップの開催をチャンスととらえ、様々なインバウンド対策をしている企業がたくさんあります。特に2019年の日本での開催はアジアで初となることからも注目されています。

2019年のラグビーワールドカップは東京オリンピックと比較し、大会開催期間が長く、地方も大会会場となることがラグビーワールドカップの特徴といえます。

大会期間は2019年9月20日から11月2日までの44日間です。また、大会会場は北海道・岩手県・埼玉県・東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・大阪府・兵庫県・福岡県・熊本県・大分県の12カ所です。

インバウンドゴールデンルートとは?今後注目の新インバウンドルートもご紹介!

2015年開催のイングランド大会の参考データ

前回のラグビーワールドカップは2015年にイングランドで開催され、観客動員数は248万人と過去最大数を記録し、200カ国でのテレビ放映と大成功を収めています。

ラグビーワールドカップで英国を訪れた外国人観光客の旅行満足度も高い数値を記録しています。

EYJapanの報告によると、「もう一度英国を訪れる可能性はどのくらいありますか?」という質問に69%の人が「極めて高い」と回答し、「友人、家族、同僚に英国を旅行先として薦めますか?」という質問に53%の人が「極めて高い」と回答しています。

このことからもラグビーワールドカップがインバウンドを始め、大きな経済効果をもたらすことがわかります。

インバウンドリサーチとは?訪日外国人増加をビジネスチャンスに!

2019年開催目前!ラグビーワールドカップで予想される経済効果

ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、経済波及効果を4372億円直接効果1917億円と高い経済効果予測を発表しています。

他に雇用創出効果25,000人訪日外国人観光客40万人といった予測も発表しています。

ラグビーワールドカップは大会期間が長いことから、宿泊費だけでも経済効果は計り知れません。周辺観光を組み合わせることで、経済効果はさらに上がります。

日本政策投資銀行とラグビーワールドカップ2019組織委員会が発表する、経済効果の予測は以下の通りです。


(参考:日本政策投資銀行RWC2019ニュース」)

日本政策投資銀行の直接効果は、宿泊費・買い物代・飲食代・交通費を予想人数に掛けて算出しています。

直接効果としてはもちろん、大会後も継続的な経済効果が見込めると予想されます。

外国人観光客増加の波に乗る!インバウンド集客に効果的な手法とは?

ラグビーワールドカップでインバウンド対策を行うべき理由

ラグビーワールドカップの基本情報を踏まえたところで、次はラグビーワールドカップでインバウンド対策をすべき理由について解説します。

大会が長期に渡って開催される

ラグビーワールドカップは44日間開催されます。これはスポーツの大会としては非常に長い期間といえるでしょう。

観戦目的で訪れた観光客の中には、試合を見に行かない日は周辺観光にあてるという人は少なくありません。

特に滞在しているホテル周辺の観光スポットは一気にインバウンド対応に追われる可能性があります。宿泊業界のインバウンド対応はもちろんのこと、外国人に人気の宿泊施設の周辺は、特にインバウンド対策が重要になります。

外国人観光客に人気のホテルとは?インバウンドのホテル事情も解説

全国12カ所が大会会場になる

東京を中心として開催される東京オリンピックとは異なり、ラグビーワールドカップは全国12カ所が大会会場になります。

そのため、地方でもプロモーション次第で多くの観光客を獲得できるチャンスがあります。

いざラグビーワールドカップが開催され、インバウンドが増加しても、インバウンド対策が不十分だとビジネスチャンスを逃してしまいます。

インバウンド増加に備えて万全の体制を整えておくことが大切です。

外国人観光客に人気都市は沖縄・京都・大阪!【世界インバウンド伸び率ランキング独占】

ラグビーワールドカップのインバウンド対策のポイント

続いて、ラグビーワールドカップでインバウンド対策する際のポイントを3つ紹介します。

インバウンド対策というと、何から始めていいかわからない人も多いでしょう。ラグビーワールドカップに備えておさえておきたい点を詳しく解説します。

インバウンド対策のポイント①ターゲットは富裕層

ラグビーワールドカップのインバウンド対策では、ターゲットが富裕層だと知っておくことが大切です。

日本政策投資銀行のレポートによると、過去の大会から見ても、ラグビーの観戦客は富裕層・準富裕層が多いといわれています。

また上記のレポートから、ヨーロッパ・オセアニア地方からの外国人観光客は、日本の観光での一人当たり消費額が平均を上回ることがわかっています。

富裕層向けの高単価高付加価値の商品・サービスを整えておけば、一気に需要が伸びるかもしれません。

インバウンド対策のポイント②体験型アクティビティ

試合がなく丸1日空いてしまった観戦客向けに、一日体験型アクティビティを整えておくのはおすすめのインバウンド対策です。

観戦客はあくまでラグビーワールドカップの観戦がメインなので、観光に力を入れていない人も多くいます。自分でルートを決めてあちこち巡るよりは、申し込んだら1日楽しめるようなアクティビティが人気です。

特に最近では日本独自の文化を体験できるアクティビティに人気が集中しています。

根強い人気を誇る和服体験や抹茶体験以外にも、忍者体験や秋田犬ふれあい体験など、各地方で様々なアクティビティが考案されています。

個性的なアクティビティがSNSなどで話題になれば、一気に観光客が増加する可能性があります。

インバウンドSNS活用(訪日外国人向け)サービス

インバウンド対策のポイント③欧米豪へのマーケティング

ラグビーワールドカップのインバウンド対策では、ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアをターゲットとしたマーケティングが重要です。

前大会の優勝国はニュージーランドで、準優勝国はオーストラリアです。そのため、オセアニア地方はラグビーに強い関心を寄せています。

欧米豪に特化したマーケティングを行うなら、国民性や現地の文化に精通していることが重要です。弊社LIFE PEPPERでは、欧米豪の文化に精通したアドバイザーがブランディング戦略から提案します。

欧米・台湾向けのアパレル広告でCV数が2倍になった事例はこちら
訪日インバウンド戦略コンサルティングサービス

日本で行われた国際イベントのインバウンド対策成功事例

続いて、過去に日本で行われた国際イベントにおけるインバウンド対策の成功事例を紹介します。

過去の事例をもとに、ラグビーワールドカップでどのようなインバウンド施策を打つべきかを検討しましょう。

インバウンドビジネス成功事例!売上940億円から年241%成長事例も

インバウンド対策成功事例①伊勢志摩サミット

引用元:G7 JAPAN 2016 ISE-SHIMA SUMMIT

2016年に開催された伊勢志摩サミットは、経済の安定化をはかるためアメリカ・フランス・ドイツ・イギリス・イタリア・カナダの7カ国首相とEUの欧州理事会議長等が参加した先進国首脳会議です。

伊勢志摩サミットでは、都道府県が主導して様々な施策を行った結果、経済効果1489億円という成功を収めました。

伊勢志摩サミットの施策の中で特徴的なのはYouTube上でのデジタル広告です。170万回を超える再生回数で、インバウンド増加に大きく貢献しました。また、ホテルで提供される伊勢志摩サミット記念ディナーは今でも人気を集めています。

伊勢志摩サミットの前には、体験ガイドの外国語対応やフリーWi-Fiの整備など地道な努力を重ねています。

また、海女漁業、真珠養殖などを効果的にプロモーションし、自然体験メニューを充実させたことも観光客の満足度を向上させたと予想されます。

インバウンド動画制作サービス

インバウンド対策成功事例②愛知万博

2005年に愛知県で開催された、愛知万博もインバウンド対策が成功した事例の1つです。

自然の叡智をテーマとし、「愛・地球博」の名で親しまれた愛知万博。世界121カ国が参加し、大変なにぎわいを見せたことで有名です。

愛知万博での経済効果は1兆6000億円といわれており、ホテルの稼働率、百貨店の売上高は例年と比較して大きく伸びました。

百貨店が運営する公式記念品ショップでは、「環境」をテーマにした万博に沿って店舗内装に環境配慮素材を使用するなど、工夫が施されました。また、インバウンド向けに着物の古布を使用した和風アクセサリーといった商品を取りそろえました。

愛知万博では、外国語の標識・表示や案内所の充実にも力を入れています。こういった努力から、開催期間中多数のリピーター獲得に成功しました。

店舗で多言語電子カタログを導入したインバウンド対策の成功事例はこちら

ラグビーワールドカップ後にインバウンド対策をしたいイベント

インバウンド増加が見込める国際的なイベントはラグビーワールドカップだけではありません。今後の動向も踏まえて効果的にインバウンド対策を進めることが大切です。

最後におさえておきたい日本国内で開催される国際イベントの概要を解説します。

2020年東京オリンピックでのインバウンド対策

間近に迫った国際イベントとして、いわずもがな2020年開催の東京オリンピックがあります。7月24日から8月9日の17日間に渡り開催されます。

日本でのオリンピック開催は56年ぶりということもあり、大きな盛り上がりを見せています。

選手が最短の時間で移動できるよう、会場も選手村もできる限りコンパクトに整備されています。

28競技場のうち、新設される競技場は9つ。東京都の試算では経済波及効果は32兆円雇用創出は全国で約200万人ともいわれています。

東京オリンピックでのインバウンド対策は、政府が力を入れているため、補助金や助成金も数多く設定されています。

必要な情報を収集しながら、国の意向も踏まえてインバウンド対策をしていくことが重要です。

2021年ワールドマスターズゲームでのインバウンド対策

ワールドマスターズゲームとは、30歳以上が対象となる生涯スポーツの国際総合競技大会です。2021年5月14日から30日までの17日間に渡って関西で開催が予定されています。

アジア初の開催ということから、こちらもインバウンド増加が見込めるイベントです。

大会会場は福井県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・徳島県の9カ所です。ワールドマスターズゲームの組織委員会によると、経済波及効果は1461億円と見込まれています。

オリンピックの翌年ということもあり、相乗効果でインバウンドが急激に増加する可能性があります。フリーWi-Fiの整備や標識・案内所の設置、多言語メニューの作成など、人手を使わずに観光客の満足度を高める施策が重要かもしれません。

多言語Webサイト制作サービス

2025年大阪万博でのインバウンド対策

2025年には大阪万博の開催が予定されています。開催期間は半年と長期間に渡ることや、万博の他に周辺観光を組み合わせる観光客が多いことから、大きなビジネスチャンスがあります。

1970年大阪万博では開催日数は183日、来場者数は6422万人でした。東京オリンピック開催後ということや、インバウンドが年々増加傾向にあることから、2025年の大阪万博は前回を上回る来場者数が見込まれています。

万博開催に向けて、早くからSNSなどを用いて効果的なプロモーションを行うことが効果的です。最近では1枚の写真から「その地を訪れたい!」と決める人もたくさんいます。早めに対策をするほど、どこかで誰かの目に留まる可能性が高まります。

訪日インバウンドSNS運用
海外へのリスティング広告

まとめ

インバウンド対策に効果的なイベントは、実は国内で数多く開催されています。

一回一回のイベントに「点」で対策するのではなく、複数のイベントや世界の動きを見ながら「線」で対策していくことが重要です。

インバウンド対策を始めても、短期的には投資コストが増加するかもしれません。しかし、人口減少から国内需要が減少していくことが見込まれる今、インバウンド対策は長期的には必ず必要になってきます。

一日も早くインバウンド対策に乗り出すことが、チャンスを逃さず事業を発展させることにつながるでしょう。

インバウンド対策に取り組むなら、現地に詳しい専門家のアドバイスを受けることが大切です。情報がないままやみくもにインバウンド対策をしても、無駄なコストが発生してしまいます。

専門家を見極めるときは、海外情報に精通しているかどうかを慎重に見極めましょう。

弊社LIFE PEPPERの創業メンバーには欧米圏出身者が多く、生の海外情報をもとに専門的なアドバイスを行います。

多言語サイト制作や海外リスティング広告はもちろん、インバウンド対策の成功を左右する企画やブランディング戦略からご相談を承ります。

訪日インバウンド戦略コンサルティングサービス


この記事が役に立ったら友達にシェアしよう!

LIFE PEPPERでは海外向けのマーケティングを戦略設計から実行までお手伝いしています。訪日外国人の客足に伸び悩みを感じている・海外向けの販売をもっと伸ばしたいというご要望ありましたら、お気軽にご連絡ください。
LIFE PEPPERの厳選事例48選をダウンロード
事例インタビュー記事を読む
会社紹介ダウンロード
ご相談・お問い合わせ