News&Blog

海外webマーケティングを成功させる方法!頼れるパートナーを見つけよう

インターネット上で情報発信を行うことで、少ない労力で飛躍的に多くの人に自社製品やサービスを見てもらうことが可能になります。

そのため、海外への参画を視野に入れている企業はもちろんのこと、海外に自社製品の販路を広げたいと思っている場合、海外Webマーケティングの知識は切っても切り離せない関係になります。

国の特徴が如実に現れるのが海外Webマーケティング。

まずはその国がどのようなWebマーケティングを行われているのか、特徴を知ることが大切です。

日本での成功事例をそのまま持っていけば成功する、というのは安易な考え方です。
むしろ逆効果になってしまう場合もあるでしょう。

日本との違いをまず把握し、適切な道を探るようにするのが賢明です。

今回は、アメリカ・韓国・中国・台湾という代表的な4カ国のWebマーケティングの特徴をご紹介します。
それに加え、海外Webマーケティングを成功するために必要なこともあわせてお伝えしていきます。

海外マーケティングの基本から応用までを網羅した【会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セット】は、こちらから無料ダウンロードいただけます。

会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セット

webマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは

Webマーケティングとデジタルマーケティングは、どちらもインターネットを活用して商品やサービスを宣伝・販売していく手段ですが、違いについて理解しておく必要があります。

Webマーケティングとは主にウェブサイトを中心にしたマーケティング活動を指し、SEO対策やコンテンツマーケティング、ウェブ広告の出稿などを行う方法です。

一方、デジタルマーケティングは、インターネット全体における媒体を包括し、ソーシャルメディアマーケティング、電子メールマーケティング、アプリ広告、動画広告など、ウェブサイトに限定されず多岐にわたる手法でプロモーションを行います。

つまり、デジタルマーケティングはWebマーケティングを含む広い範囲の活動です。企業やブランドが、商品・サービスについて効果的なマーケティング戦略を立てる際には、デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いについて理解し、適切に組み合わせて活用することが欠かせません。

 関連リンク:海外向けマーケティングの手法と戦略、成功のポイントをご紹介!

海外webマーケティングの必要性

海外Webマーケティングの必要性は、世界的なインターネットの普及によりますます高まっているのが現状です。スマートフォンやSNSの急速な普及によってECサイトやネットショッピングが世界中で一般的になり、企業の競争は激化しています。

海外市場をターゲットにする企業は、海外Webマーケティングを活用することで、新たな成長の機会を見出せるでしょう。Web広告を利用して自社の商品やサービスを海外のターゲット市場にアピールすることで、効果的な集客が可能となります。

さらに、Webサイトへの訪問者の行動や傾向を分析し、購入に結びつけるための戦略を立てることが重要です。海外市場のニーズを理解し、それに合わせたWebマーケティング戦略を展開することで、より効果的なマーケティングが可能となります。また、この過程を通じて現地消費者のニーズを把握することで、戦略の策定がより正確になるでしょう。

海外webマーケティングを行うメリット

海外Webマーケティングのメリットは、従来の展示会や直接営業に比べて圧倒的なコスト削減が図れることと、スムーズに実施できることが挙げられます。リアルな展示会や営業活動には多額の費用と時間がかかりますが、Webマーケティングは比較的低コストで迅速に行えるのが強みです。

また、海外市場での需要調査や効果測定が容易かつ正確に行える点も重要な利点です。Web上ではリアルタイムで数値やデータをダイレクトに分析できるため、顧客の行動パターンを把握することで、より効果的なターゲティングやコンテンツ戦略を構築できます。

関連リンク:海外向けマーケティングの手法と戦略、成功のポイントをご紹介!

日本のwebマーケティングと海外のwebマーケティングの違い

ここでは、日本のWebマーケティングと海外のWebマーケティングの違いについて、5つポイントを解説します。

市場規模

日本のWebマーケティングと海外のWebマーケティングの1つ目の違いは、市場規模です。

日本は経済大国であり、インターネットの普及率も高いため、Webマーケティングにおける競争が激しく成熟しています。

一方で、海外市場もインターネットが普及しているとはいえ、多様性に富み、人口の規模や消費者のニーズが地域ごとに異なります。海外市場への進出は、新たな成長機会を追求するチャンスでもありますが、市場調査とニーズの理解が不可欠です。

言語

日本のWebマーケティングと海外のWebマーケティングの2つ目の違いは、言語です。

言語は、異なる文化とコミュニケーションを可能にする要素として、日本と海外のWebマーケティングの違いを象徴します。日本国内では日本語が主要なコミュニケーション手段ですが、海外市場では英語はもちろん、地域によって異なる言語を考慮する必要があります。

現地の言語への適切な対応は、ターゲット市場でのブランド認知度と信頼性の向上に繋がります。

流通・関税

日本のWebマーケティングと海外のWebマーケティングにおける3つ目の違いは、流通や関税のシステムです。

海外市場への展開では、物流と関税の問題も重要です。日本国内では効率的な流通システムが確立されていますが、海外では地域ごとに物流インフラや関税ルールが異なります。

適切な物流パートナーと協力し、関税や輸入税を正確に計算することは、海外ビジネスにおいて避けて通れない課題です。また、関税を支払わなければならない場合を想定し、事前に金額を計算しておくことが欠かせません。

商習慣

日本のWebマーケティングと海外のWebマーケティングにおける4つ目の違いは、商習慣です。

異なる文化や商習慣は、Webマーケティング戦略においても重要な要素です。日本と海外ではビジネスの進め方や商談のスタイルが異なるため、相手の文化を尊重し、適切なビジネスマナーを理解することが求められます。

また、海外の消費者行動を把握し、その地域に適したアプローチを取ることが成功の鍵です。日本の商品を販売する場合、商品の使用用途や使用方法などを説明する必要があるでしょう。

手法

日本のWebマーケティングと海外のWebマーケティングの5つ目の違いは、手法です。

Webマーケティングの手法は地域によって異なります。日本国内の成功した手法が、海外市場で同じように機能するとは限りません。

SNSプラットフォームの選定、コンテンツ制作の方法、広告キャンペーンの設計などは、地域の文化や嗜好に合わせてカスタマイズする必要があります。データ分析を通じて常に市場の反応を把握し、柔軟に戦略を調整することが成功への道です。

国別海外のwebマーケティング

これからアメリカ・韓国・中国・台湾の4カ国において、国別にWebマーケティングの特徴や、代表するメディアやチャネルをご紹介します。
近隣国でも、国によってかなり異なるのがお分りいただけると思います。
それぞれの特色をよく理解した上で、施策を練っていくのがいいでしょう。

アメリカ

アメリカはマーケティング手法が日本より2〜3年早いと言われています。

日本よりも桁違いに市場が大きいことに加え、競合も多いのでアメリカは競争がその分激しいです。

日本と異なり、様々な人種の人が混ざり合って生活しているアメリカにおいて、同じようなキャンペーンを続けるようでは物は売れません。

そういった国の特性から、ターゲットを細かく絞ったマーケティング手法がインターネット黎明期より独自に開発されてきました。
今回はリスティング広告・SNS・コンテンツマーケティングについて取り上げます。

リスティング広告

1995年にYahoo!、1998年にGoogleという検索エンジンの代表角が登場しています。

従来のテレビや新聞のように、一方的な広告スタイルとは異なり、検索エンジンはユーザー自らがワードを検索し探し出すスタイルです。

年に2兆回(2016年Search Engine Landより)という驚異的な数がgoogleで検索されています。

GoogleやYahooなどの検索エンジンの強さが伺えますね。

こういった背景より、SEOと共に重要視されてきたのが検索エンジン連動型広告、つまりリスティング広告です。

リスティング広告は2000年よりGoogleが開始され、瞬く間に様々な企業等が導入してきました。

現在でもGoogleとFacebookの2大パブリッシャーの寡占がアメリカでは進行されています。

リスティング広告の一番のメリットは、売れる場所に広告を打てること。

検索キーワードにはユーザーの状況や考え方が表れていて、中に「比較」や評判は購入前に検討に入っているキーワードもあります。

購入直前のキーワードをしっかりと選ぶことができれば、たとえ日本企業であっても費用対効果の高いwebマーケティングが可能になります。

ユーザー主導型の広告として、今でもWebマーケティングの有効な手段の一つと言えるでしょう。

SNS

アメリカで制作されたSNSが世界を牛耳っているといっても過言でないほど、FacebookやTwitter,Youtubeなど名の知れたSNSを生み出しているのがアメリカです。

SNSの対等により、それまで大企業中心だった広告が、より中小企業や個人へと浸透するようになってきました。

Facebook

アメリカの検索市場の大半を占めるGoogle以上に、ユーザー数が多いと言われているFacebookは、人口の70%を超えており、驚異的に普及されています。

利用者は2億3000万人(2017年)を突破し、日本は3500万人(2017年)なので、比較するとアメリカでの利用者が圧倒的な数であることがお分かりいただけると思います。

先ほども述べたように、Facebookはリスティング広告やメッセンジャー広告など、ビジネスでよく使われることが多くなっています。

Twitter

著名な政治家や芸能人が公式アカウントを持ち、多くの人が情報発信するアメリカ発のSNSであるTwitter。

日本では10代や20代を中心に大きなシェアを誇っていますが、本国アメリカではユーザー離れが加速しているのが現状です。

コンテンツマーケティング

2010年代より、まずアメリカで「コンテンツマーケティング」という新しいWebマーケティング手法が浸透し始めました。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値のあるコンテンツ(記事など)を制作し、それを配信することを通じて見込み客を獲得・育成し、購買を経て、最終的にはファンとしての定着を目指すマーケティング手法です。

オウンドメディア(企業のブログのようなもの)で行われるマーケティングが一般的です。

従来のような商品に対するニーズが顕在化している客とは異なり、まだニーズが顕在化していない見込み客に対して、コンテンツを通して自社の認知を図り、段階的に購買に繋げ、ファンになってもらうことを重要視しているのが特徴です。

コンテンツマーケティングの重要性は非常に高まっており、アメリカを始めとして海外では「CCO(チーフコンテンツオフィサー)」と呼ばれる「最高コンテンツ責任者」なる肩書きも存在するほどです。

今多くの企業で導入されているWebマーケティング手法と言えます。

コンテンツマーケティングとは!?2010年代中盤から注目を集める
コンテンツマーケティングの成功事例!SEOにブランディング。年600%成長も

アメリカ市場に特化した詳しい施策は、私たちの【会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめ】でご確認ください。詳細はこちらをクリック。

会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セット

韓国

ネット利用者が多い韓国。
韓国ではNAVERが強い知名度を占めており、Webサイトよりもブログが重視されているという特徴があります。また、韓国独自のカフェという形態も存在します。
早速それぞれ見ていきましょう。

NAVER

韓国で最も利用されている検索エンジンはNAVERです。
NAVERは検索エンジンから、ブログやカフェなど様々なサービスを手掛けるポータルサイトです。
NAVERでの主な集客手段は、ブログSEOとリスティング広告が挙げられます。

ブロガーの影響力が強い韓国では、集客・購買促進の有効な手法として「韓国NAVERブログによるプロモーション」が定説となっています。
インフルエンサーを介して、ブログ記事を執筆してもらえば、大きく知名度を上げることができます。

また、NAVERブログの特徴として、新しい記事が上位表示され、写真が多い記事は上位表示されやすいといった点が挙げられます。

韓国でWebマーケティングを攻略するには、NAVERでのブログSEOとリスティング広告を導入するのが最適と言えるでしょう。

これさえ読めば韓国SEO対策の基本をマスター!本当にできない?NAVERのSEO対策

カフェ

韓国ではブログの次に、ユーザーが情報収集のためにカフェをよく利用します。
このカフェとは、スタバやドトールに代表されるような、コーヒショップではありまんので注意してください。
カフェとは旅行や美容・ファッションなど、共通の話題を持つユーザー同士が集まった、サロンのような立ち位置です。

ブログではNAVERの一人勝ちですが、カフェはDaumも活発です。
不特定多数のユーザーに情報を広げることができるブログとは異なり、カフェは会員に情報を発信します。
それぞれの違いを認識しながら、合わせてWebマーケティングを有効に使うことで、有効なWebマーケティングができると思います。

【まとめ】韓国向けにWEBプロモーションをするなら読んでおきたい6記事

中国

中国は、ウェブ人口7億人を有する、世界でも類を見ない巨大マーケットです。

国内で情報規制が多く、google,Facebook,Twitterなどを使用することができませんが、その代わりに、中国独自に様々なチャネルが開発され進化してきました。

その勢いは日本よりも遥かに早いスピードで進行しており、常に世界の最先端を行っていると言っていいでしょう。

今回は中国独自に利用される検索エンジンである「Baidu 百度」、中国版のLINE「WeChat 微信」、中国版のTwitter「Weibo 微博 」をそれぞれご紹介します。

Baidu 百度

Baiduは、中国での利用者No.1の検索エンジンです。中国ではgoogleが規制されており使用ができないため、その代わりにBaiduが開発され独自の進化を遂げてきました。

今では、検索エンジンマーケットシェアは中国国内の90%(2019年1月現在)という驚異的なシェアを誇る、絶対的な存在感を持つサイトです。

中国語に特化した検索エンジンであり、世界で最も多くの中国語 Web サイトのインデックスを持っているのも特徴です。

BaiduはGoogle と同じく、検索結果ページと広告ネットワークに広告を販売することがコアなビジネスモデルであり、収益の大部分を占めています。

単なる検索エンジンに留まらず、旅行・地図・音楽・クラウドサービス・百度百科(Wikipediaの中国版)など多種多様なサービスも展開しています。

【更新版】Baidu百度リスティング広告を3分で徹底解説!

WeChat 微信

WeChatは、中国版のLINEのような存在であり、幅広い人が利用するSNSです。利用者は10億人(2018年3月現在)を突破し、LINEとは桁違いの多さです。

WeChatの飛躍の鍵となるのは、単なるコミュニケーションツールに留まらないという点です。その他には「WeChatPay」(決済サービス)を初めとし、配車やデリバリー、病院の予約、出会い系アプリの機能など、あらゆるサービスが繋がっているのが大きな特徴です。

日々の生活では、WeChat さえあれば完結できると言っても過言でないほど、中国人の生活に根付いているチャネルと言えます。

Weibo 微博

Weiboは、中国版Twitterと説明されることが多く、アクティブユーザーが4億人(2018年5月現在)を越えるSNSです。

17歳〜33歳という若いユーザーが約 8割を占めるSNSであることも特徴です。

以前は短いテキストのつぶやきがメインでしたが、最近では動画・音楽・ライブ配信等投稿のバラエティーが豊富なってきています。

特に動画の成長が顕著であり、ライブ、ストーリー等新しい形式もできています。

Weiboでは広告機能やクーポン機能を利用して、キャンペーンを導入することもできます。特にインフルエンサーに情報拡散を依頼することができるのがWeiboの大きな強みであり、キャンペーンによってプロモーションを成功させて企業も多く見られます。

中国進出する上で、押さえておきたい中国の Web マーケティングの基礎知識(前編)
中国進出する上で、押さえておきたい中国の Web マーケティングの基礎知識(2)

台湾

同じ中華圏でありながら、中国とはまた異なる特異性を持っているのが台湾です。

特に台湾はブロガー文化が根付いており、Facebookの利用時間が世界一など独自の特徴がある国です。

PIXNET

「台湾人といえばブログ」と称されるほど、ブログが生活に根付いているのが台湾です。
PIXNETとは、台湾最大のSNSであり、コンテンツ作成プラットフォームです。

簡単に言うと、日本のアメーバやMixiのブログ機能のような感じと捉えるとわかりやすいと思います。

高品質のコミュニティコンテンツと無料の写真アルバムやブログサービスを提供しています。その上、ユーザーがより迅速にコミュニティを広めることができるように多様な活動を導入し続けています。

またPIXNETは商用利用も可能で、「MIB部落格(ブログ)収益」という項目があり、アフィリエイトとしても利用することができます。

台湾人の口コミと台湾ブロガー文化は、歴史の集積。次の時代に備えを 【台湾文化探索シリーズ】
台湾人の7割が参考にする!台湾ブロガーの効力+ブログプロモーション事例3選

Yahoo奇摩

台湾で大きなシェアを誇る検索エンジンはYahoo 奇摩です。

Yahoo!奇摩はポータルサイトでありながらも、検索エンジンとして活用され、台湾人の生活に密着した情報が集約されています。

台湾でリスティング広告を実施する場合は、検索エンジンシェアはYahoo!奇摩とGoogleで90%以上の市場を占めているためYahoo! 奇摩とGoogleの両方への広告出稿をおすすめします。

特にYahooリスティング広告は一番おすすめするプロモーション手法です。
Yahooリスティング広告は、「bingads」 というシステムで広告運用をしており、Google Adwordsのシステムと似てます。機能もほぼ変わらないので、運用に難しさを感じることは少ないでしょう。ただし、広告を出すためには、現地の広告代理店からアカウントをもらえないと運用できないため、注意が必要です。

Facebook

台湾人は世界一Facebookの利用時間が長いと言われています。

国民の75%(2017年現在)、つまり4人に3人がFacebookを利用しており、台湾人にとって無くてはならないコミュニケーションツールとなっています。

何かわからないことがあれば、他人に迷惑がかからないよう自分で調べる日本人とは異なり、人に尋ねることを躊躇せず、あまり細かいことは気にしないのが台湾人。

そのためコミュニケーション盛んに行われ、それがFacebook利用時間世界一にも繋がっているように思います。

個人と個人の付き合いを大事にする台湾人の特性から、日本と同じように戦略を打つと、かえって逆効果になってしまう可能性があります。
Facebookのページでは、企業を前面に出すというより、個人の目線でより顔が見える配信が好まれるといった特性があります。
台湾人に向けてFacebookページを作る際は、ぜひ参考にしてください。

台湾越境ECで市場を勝ち抜く!台湾WEBプロモーション攻略方法

海外webマーケティングを成功させるために必要なこと

各国の特徴がわかったところで、次はより包括的な範囲で話を進めます。

マーケット調査や、パートナーの存在・言語や文化の理解など、海外Webマーケティングを成功させるために必要なことをこれから述べていきます。

マーケット調査を慎重に行う

いくら日本で売れ行きがいい商品でも、そっくりそのまま海外に持っていけば自然と売れるということは有り得ません。
したがって、海外に進出する際は事前にマーケット調査を入念に行いましょう。
マーケット調査は主に以下の3つに絞られます。

ニーズ調査

そもそも、その商品は現地の人に需要があるのでしょうか?

現地の生活や文化、商習慣を踏まえながら、現地の消費者が満足を感じてもらえるような商品であるのかどうか、しっかりと見定めるニーズ調査を行う必要があります。

一番最適なのは、直接現地に赴き消費者の意見を聞くことです。しかし人的にも時間的にも労力がかかりますから、調査を海外調査会社などに外注するという方法もあります。

価格調査

また、現地の物価を踏まえ、どれくらいの価格が相応しいのかという価格調査も行う必要があります。
実際に店頭で売られている価格はもちろんのこと、オンライン販売されているものも対象になります。
類似した商品が既に発売されている場合、競合が販売する商品の価格が参考になります。

価格は、地域によっても異なってきますので、その点も踏まえながら調査を行えるといいでしょう。

トレンド調査

国別のWebマーケティングでもお分かりのように、国ごとに利用されているサイトやSNSが異なってきます。
そういったサイトやSNSがトレンドの発信源になってきますので、よくチェックしながらどのようなものが流行っているのかというトレンド調査も合わせて行えるとより良いマーケット調査になります。

トレンドによって、お国柄を垣間見ることができるはずです。
お国柄を掴むことで、商品設計を始め進出経路や形態を考えていくのにも役立ちます。

頼りになるパートナーを見つける

例えば台湾で販売促進のためにYahooリスティング広告を出すためには、現地の広告代理店を経由しないといけないと先ほど述べました。

このように、国によって有効な施策や法制度は異なってきます。
その際に頼りになるパートナーの存在は非常に大きいです。

国内外を問わず、その国のWebマーケティングに精通した、頼りになる優秀なパートナーを見つけることができれば、自社で人的・時間的労力を割かなくても、有益な情報を手に入れることができる可能性を飛躍的に高めることができます。

あるいは、その繋がりで新たなビジネスチャンスが手に入ることもあります。
そのようなパートナーを見つけるためにも、海外Webマーケティングに精通しているプロに積極的にコンタクトを取ってみたり、海外の展示会に自社製品を出店させるのは効果的と言えます。

とっかかりとして、海外の展示会に出店し、自社の製品がその国の人の興味を引くものなのかどうか、反応を伺うのも良いでしょう。
そこで興味を持ってくれる企業や個人がいれば、勝算は高いと判断することができるなど、様々な収穫をもたらしてくれるはずです。

進出する国の言葉や文化を理解する

言葉は現地の生活や文化と根付いているもので、ライフスタイルを反映させているものに他なりません。
如実に国民性が現れる部分です。そのため、日本語をそのまま現地の言葉で訳しても、意味が通じなかったり、思うような反応を見られない、という事はよくあることです。

国によって好意的に思われている言葉やニュアンスなどは異なってきます。

同じ製品でも、国によって製品名を変えて販売している企業も存在します。

現地の人のライフスタイルに合わせ、耳馴染みや親しみやすさによって製品名が決められているのです。

製品名だけでなく、セールストークやカスタマーサービスなど、多角的な要素が考慮する範疇に含まれています。
どのようなコミュニケーションが好かれるのか探り、現地のライフスタイルに柔軟に合わせ、受け入れてもらいやすいように配慮することが大切です。

まとめ

ここまで、海外Webマーケティングについて各国の特徴から、成功するために必要なことを述べてきました。

同じWebマーケティングでも、日本とはだいぶ異なる印象を抱いた人も多いのではと思います。
現地の消費者から好意的に受け入れてもらえるよう、現地の目線に立って細やかな配慮を重ねることが大切です。

記事をお読みいただきありがとうございます。さらに深い海外Webマーケティングの知識を得たい方は、私たちの無料資料【会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点セット】をダウンロードしてください。

会社概要・事例集・対応可能な国&施策まとめの3点資料セット

【海外Webマーケティング関連記事】
海外Webマーケティングとは?海外マーケティングを成功させられるにはどうしたいいの?
海外進出Webマーケティングコンサルティング

海外マーケティングに関するブログが他にも多数
LIFE PEPPERは海外実績多数
そのノウハウの一部をブログにて紹介しています
詳細は以下のボタンよりご覧ください
海外マーケティングブログを見る
LIFE PEPPER では、海外マーケティングに役立つ基礎知識やノウハウをまとめ、50種類以上のお役立ち資料を公開しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

⇒50種類以上の海外マーケティングに役立つお役立ち資料集
Category Category

海外全般・英語圏の関連記事